読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

ブログを書くのに時間がかかりすぎてしまう。ブログにかける時間はどのくらいがいいのか?

こんにちはー。
シモサワです。

今日はお客さんからの質問にお答えするアンサーブログです。

ブログを書くのに時間がかかりすぎてしまうんですけど(6時間ぐらい)、A子ママはブログにかける時間はどのくらいですか?

そうなんですよねー。
毎日ブログを書くとなると、そこにかかる時間管理も必要になってきます。(6時間はかかりすぎですー。)

f:id:mika-shimosawa:20170418123027j:plain

なので、ブログを書くという行為自体で考えるのではなく、ブログのネタによってかかる時間を認識することから始めると、ブログを書くスケジュールが立てやすくなります。

次にブログに書くネタはブログを書くときに考えるのではなく、前日から、むしろ日常的に考えておくことスムーズに書けるようになります。

そして、ブログに対する工夫に貪欲になる。これは一人で一生懸命考えるのではなく、自分が好んでいる人のブログのチェックを欠かさないこと。人のフリからヒントを得るのも大切です。

ということで、各ポイントを解説しますね。

1:日々のブログにかかる時間を測定してみる

まず、1週間ぐらい意識してブログにかかる時間を測定してみてください。
3時間かかるブログもあれば、30分でかけるブログもあるかと思います。

で、時間に対する内容を検証してみます。

私の場合、機能紹介やアプリ紹介のブログを書くのには3時間ぐらいかかってしまいます。キャプション取ったり、画像加工したり、言い回しを確認したり、見やすいようレイアウト確認したり...分かりやすくしようとする意識が働くのでめっちゃ時間がかかります。

かと思えば、写真だらけのレポートブログは30分ぐらい、日記的要素の強いブログはかかっても1時間ぐらいです。

f:id:mika-shimosawa:20170418123122j:plain

ブログのネタごとにかかる時間の目安をつけておくと、日々のスケジュールに組み込みやすくなります。

スケジュールが詰まっているときには、サクッとかけるタイプのブログ。
スケジュールに余裕があるときには、専門的にじっくり書くブログにする。

ネタごとに振り分けすると書く時間の管理がしやすくなります。

2:ブログネタは書くときに考えるのではなく、前もって頭に仕込んでおくこと。

ブログを書く時間になりました。さ、何を書こう...

こういう状態でブログを書こうとすると書けないものなんですよねー。


なので、ブログネタは普段から意識しておくことが必要です。今日書く内容、ネタは前日ぐらいまでに決めておくと書きやすいです。
でも、ブログはその日の気分が出るところなので、いざ書くときに「あれ?決めた内容と気分が違う...」ということもあります。
そういうときは自分の気持ちを優先させてもいいですし、読んでくださる方のために今日書かなきゃいけないとなれば、そこは頑張って書いたほうがいい。

ブログネタは、そもそも誰かに楽しんでもらうものなので、誰かのために考えることと自分の気持ちのすり合わせが大事。

普段から誰かのためのネタを考えることが必要ってことです。
ネタを思いついたらすぐブログに書くのではなく、Twitterに投稿してメモ代わりにストックするのがいいですよ。
そうすると、一定期間はその投稿が残っていくので(Webサービスを使えば検索もできます)、ネタを忘れにくい。

その投稿を使って、内容を広げたものをブログに書くと書きやすくなります。
Twitter投稿をブログに貼り付けると、Twitter流入口ができるので一石二鳥です。

mika-shimosawa.hatenablog.com

普段から自分の周りで起きていることに敏感になること。
それを流すことなくストックしていく意識を持つこと。

これがブログネタを切らさないコツです。

3:ブログに対する工夫に貪欲になる。

そもそも、自分自身がブログに対する意欲がないとブログって書けません。
ブログを書いて何か良いことあるのか?
それは...書いた人にしかわからないことなんですよね。

だったら、まず分かっている人のブログを読む、参考にするっていうことが必要ってことです。
自分が好ましいと思うブログに出会うこと。
そのブログをお手本にすること。

例えば短パン社長のブログは勉強になる要素アリ、笑いアリ、ビジュアル感アリで毎日、毎回読むのが楽しいもの。読み手さんに対しての愛情感タップリなので、読み応えがあるしいつも読みたい。
自分が感じたことを自分の発信に取り入れていくってことも大事ですよね。

tanpan.jp

同じようにみえるブログでも、人それぞれに使うブログサイトが違います。
サイトが違えば見た目、機能も変わります。
できることとできないことがあったとしても「いいなー」と思ったことをどんどん真似ていけばいいんです。

工夫する、試行錯誤してみる。
この工程を省いてしまったらブログって書けません。これを繰り返すことで時間も測れるようになるし、スケジュールに馴染んでいくようになります。

さいごに

気持ちがまとまっていないネタは時間がかかります。時間がかかるし、挙げ句の果てには書き上げられない、そういう時もあります。
そういうときは内容が途中でもいいや!で投稿したり、書き上げずに下書き放置にしたりと、その日の気分、スケジュールで判断しちゃいます。

f:id:mika-shimosawa:20170407153346j:plain

藤村先生に以前言われた「ブログは60点でいいよ。」
100点を目指そうと、完璧なものに仕上げようとブログに取り組むとそれだけ時間が取られてしまいます。時間がかかるものは続かないんです。

なので、60点ぐらいの出来栄えを目指してみて、かける時間を1時間を目処にしてみると続けやすいですよ。

そもそもブログは読んでくれる人がいてこそのもの。
読んでくれる人に対して、どう言葉をかけていくか。

そこを意識しだすとブログにかかる時間って、案外かからなくなるものですよ。
自分の気持ちを優先しちゃうと時間がかかり過ぎちゃう。

そういうことも意識しながらブログを書いてみてくださいね。

 

ちなみに今回のこのブログはここまで70分かかりました。
投稿を今日にしたいけど、今日は東京に移動で、移動中はここまで内容を考えられない。なので、前日に書いて下書きしておきました。
時間は有効に使っていきたいですね^^

それでは、またー。

SNS発信は方式で覚えるのではなく、感覚で覚えていくもの。

こんにちはー。
シモサワです。

昨日の暴風雨から一転して青空が出てきた南信州です。

さてさて、今日はちょっと独りごと的なこと。
ワタクシ、人生初の自分のサインを書きました♪

f:id:mika-shimosawa:20170418101530p:plain

それも師匠の藤村先生のサインの下に...ひゃー!恐れ多いー(汗)

f:id:mika-shimosawa:20170418163201j:image

いきなりのことで…ココロの準備も構図も全くなかった状態だったんですが、人間やるときはやれるものなんですねー(笑)
いい記念になりました!

というのも、半年かけて店舗のスタッフさんに向けた発信ミーティングが一段落して、その修了証みたいなもの的な感じかな。

f:id:mika-shimosawa:20170418104147p:plain

名古屋の栄にあるメガネ店「グラスヒュッテ」に行くとこのサインを見ることができます^^

メガネ・度付きスポーツサングラス専門店ならグラスヒュッテ 名古屋 栄

f:id:mika-shimosawa:20161002111613j:plain

 

店舗スタッフ全員でSNSの勉強するというのは、大変なことだったと思います。
というのも、そもそもシフト制のところに全員が集まるという時間のやりくりがまず大変だし、最初の頃は営業後からの勉強会だったからもちろん疲れているし、そのあと家に帰って...というのも労力がかかりますよね。

営業前に切り替えたとしても、朝の早くから準備してだから何かと負荷がかかってたと思います。

この半年間をずっと見させていただいて、思ったのは皆さんの顔つきが変わったということ。
いまだから言っちゃうけど...最初の頃は眉間にシワが寄っていましたもんねー(笑
ま、私も慣れない場所でのことだったからキンチョーしていたし、そこはお互いさまですよね^^

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

f:id:mika-shimosawa:20170418103441j:plain

f:id:mika-shimosawa:20170417103819j:plain

SNSやブログも同じで、慣れないから戸惑うし、正解がないから悩めてしまうんです。
でもね、怖がっていたら何もできないし、何も進みません。

とにかく素直に感じていること、思っていることを表現していければいいなって思うんです。

こんなことをしても...っていうことにOKを出すだけで、取り組む気持ちって変わってくるんですよねー。気持ちが変わると発信も変わってきます。変わると見ている人の反応も変わる。反応が変わると発信が楽しくなる。

SNS発信は方式で覚えるのではなく、感覚で覚えていくものなんです。
だからとにかくやり続けないと身につかない。

最初の一歩を踏み出したは良いけど、歩き続けるためのモチベーション先がはじめのうちは見つかりにくいんですよね。その矛先が見つかるよう、一緒に伴走させてもらう。
私の役割にはそういうこともあると思ってます。

発信の矛先が見つかると、今度は考える内容が変わってくるんですけど、それは段階を踏まえておいおいでいいと思います。

発信していく、伝えていくのに終わりはないものですから。
段階ごとを大切にしていくのがコツ。

 

発信ミーティングの1クール終えて振り返ってみると、いろんなことがこみ上げてきます。
今日はその気持ちを書き留めておきたかったんです。
今後の発信を楽しみにしていますね。

 

あ。
ここまで読んでくださったあなたにもこのメンバーを応援してもらえたらなって思います。フォローしたり、投稿に「いいね」してもらえたら嬉しいです♪

twitter.com

スタッフブログ一覧|愛知県の眼鏡専門店グラスヒュッテ

グラスヒュッテ Facebookページ

 

よろしくお願いします^^

楽しいところに人は集まる。だから楽しいことを発信していくのが大事なんです。

こんにちは。
シモサワです。

自分の仕事が好きで愛していて、仕事で携われるものが好き。
だから淘汰されたくない。
自分が感じている良さをもっと多くの人にも感じてもらいたい。
そのために自分の声で発信していきたい。

そういった方のために発信の全体像を考えていく、発信ミーティングというのをしています。SNSやブログ発信の効果的な方法や基本設定、進め方といったことをお話しさせてもらい、内容を一緒に詰めていくといった感じです。

f:id:mika-shimosawa:20170414163010j:plain

お客さんに接する習慣がない人ほど、どんな些細なことでも発信していくのが大事

お客さんの業種は様々で、接客業の方もいればそうでない方もいます。
接客業というと、お客さんに直接、接する機会があるのでお客さんの気持ちに敏感になるという感覚が理解してもらいやすいのですが、そうでない方々はそこが案外難しいみたい。

発信者として自分の気持ちをオープンにする習慣がないから、戸惑うことが多いらしいんです。

たしかに人の反応は推し量りきれないところがあります。
でも、そこでわからないからといって、行動を起こさなければそこで終わってしまうんです。

人の気持ちに対する考え方を持っていなければ、いまから持つことが大事。

大丈夫です。
商売としてその習慣を持っていなくても、日常の生活、友達付き合いとか、身近な人たちと気持ちを交わしているはずですもん。それも意識することなく、自然に振る舞っていること。だから気づきにくいのかもしれないですね。

 f:id:mika-shimosawa:20170417205117j:image

なので、お客さんに接する習慣がない人ほど、どんな些細なことでもいいから発信していくのが大事です。それも少しでも楽しいなと思ったことを投稿すること。(ここが大事!)

くだらないことだろうな、無駄だろうな。
そう判断するのは発信者の自分ではなく、受け手である受信者なので、投稿をためらっていたらいかんのです。

ちょっとでも良いこと言おう。
投稿するのにそう意気込んでしまうことがあります。(思い出すと胸がイタイです...)

でも、良いことなんて誰も望んでないんです。
それよりも、何かで楽しんでいるとか、どんなことをしたら楽しくなったのか。
人はそういうことに関心があるんです。

楽しいところには自然と人が集まります。
楽しそうにしている人を見ているだけで元気になれるし、自分もなんだか楽しくなっちゃう。そういう人が好かれる世の中で、好かれる人がやっている商売は繁盛します。

売り込みは嫌われる時代。嫌われることをしていたら関心を持ってもらえない。

必死感や、押し付けられるのってみんな嫌なんですよ。
嫌がられることをすると嫌われる。嫌われたら関心を持ってもらえない。
そういうことなんです。 

売っていかなきゃいけない。
業態をアピールしなきゃいけない。
そう思えば思うほど敬遠されるし、〜しなきゃいけないと気持ちを追い込むから、何をしていいのかわからなくなるんです。しなきゃいけないと伝えるとは違います。

f:id:mika-shimosawa:20170417205301j:plain

伝えるって、気持ちを巻き込んでいくことなんだと思うんです。
なので、巻き込みやすい環境を自分で作っていくこと。
その考えを表現していくこと。

これらがビジネス発信に必要なことだと思います。

発信ミーティングが連日続き、それぞれの業種が違う中、発信していく根本的な考え方は一緒、そう思った時間でした。

あ、そうそう。
デジタルを使った発信は少々間違えても大丈夫。
編集ができるし(Twitterはだめですけど)、削除もできちゃいますから。

言及とか、炎上は正しさを追求したり、モラル的なことに反したりするから起こることで、自分が楽しんでいる様にはそうそう起こるものではないので、そこも安心して発信していってくださいね。

それでは、また。