SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

SNSの発信スケジュールは前日のうちに仕込むとやりやすくなります。

こんばんはー。
シモサワです。

今朝は4時に起きて、6時のバスで飯田を出発しました。
今日から土曜日まで東京です。

f:id:mika-shimosawa:20170802222948p:plain

初日の今日は習志野市で発信ミーティングのお仕事でした。

SNS発信はまず習慣化させることから

SNS発信は、まず継続する習慣をつけることからなんですけど、ここが難関だったりするんですよね。

続かないから発信内容の修正もできないし、そもそも、その人らしさすら出せなくなってしまいます。

投稿はまずは続けないと意味が無いんですよね。

SNSは参加したら、そこに毎日顔を出していかないと存在感がなくなってしまいます。存在感が出なければたまに投稿したって見てもらえないし、見てもらっても言い分までは伝わらない、そういうものなんです。

 

だから、今回は毎日投稿できるようなプランを考えてみました。

投稿する内容は自由に思いついたままするのが理想ですけど、その理想にたどり着くためには習慣化しないと自然な投稿はできないんですよね。

習慣化できるまでざっくりとした定番を作ることにしました。

 

f:id:mika-shimosawa:20170802221950j:plain

自分を知ってもらうための土台は自分で作るしかないですから。

発信スケジュールは前日のうちに仕込む

それと続かない理由の一つに、発信ネタをその日の考えようとしてしまうということがあります。

“その日に思いついたことを何か投稿しよう。”

こういった漠然とした思いでいると、気がつくと日が変わってたー!とか、投稿することがないなー。で1日が終わってしまいます。

これを繰り返すうちに発信の手が止まってしまって、続かなくなっちゃうんです。

 f:id:mika-shimosawa:20170802224118j:image

 

だから、思いつきで投稿するのではなく、前もって「明日はどんな投稿をしようかな」って目安を付けておくと発信しやすくなります。

例えば、前日には次の日のスケジュール確認をしますよね?
そのときにそのスケジュールに沿った発信ネタを一緒に考えて見るんです。

“明日は出張だから、出発前の行ってきます投稿をしよう”


“お客さんとの2ショットを投稿しよう”


“出張メシを投稿しよう”

これでもう3つ、ネタができましたよね。

 

投稿に対して「いいね!」がつかないから投稿しないでは、いつまでたっても「いいね!」って思ってもらえないし、コミュニケーションをしようにもそこにいない(投稿しない)状態では、コミュニケーションできないですよね。

まずはその場に参加し続ける、そういう意識が必要だと思います。

続くようになれば、どんな工夫もできますから、まずは習慣化から始めましょ♪

 f:id:mika-shimosawa:20170802224119j:image

今日の発信ミーティングはこんな内容でした。

 

というわけで、朝早かったので...もうおネム状態です。
おやすみなさいませー。

鹿児島県垂水市で、SNS活用基本セミナーをしてきました。

今日から8月。
夏、真っ盛りー!

と言いたいところなんですけど...今日も南信州 は曇り空が広がっています。
そろそろ青空が恋しいなー。

そんなことを思いながらブログの更新です。

鹿児島県垂水市で「SNS活用基本セミナー」をしてきました。 

鹿児島県垂水市鹿児島相互信用金庫さんによる「垂水ブレーン“21”」という若手経営者の会でSNS活用セミナーをさせていただきました。

f:id:mika-shimosawa:20170714183508j:plain

SNSの良さや可能性を少しでも知ってもらえたらいいなと思って、
SNSを使っていくことでどんないいことが起こるのか。
そもそもSNSは商売につながるのか?

それらのことを中心にお話させてもらいました。

というのも、参加された方の殆どがSNSをやっていない、もしくはアカウントを持っただけという状態だったんですよね。
でも、知らないままではなんともならないし、商売を盛り上げるためには勉強したほうがいいと思っているから、という趣旨でのご依頼だったんです。

 

そこで、私がエクスマで学んだことから、それをSNS発信に置き換えて私のお客さんと取り組んでいることを中心にお話させてもらいました。

f:id:mika-shimosawa:20170801101958j:plain

超基本的なことなんですが、プロフィール写真が本人写真じゃない方もいたんですよね。

でも、顔が見えていない状態ではどんなに良いこと言っても、どんなに役立ちだと思っても、宣伝しても聞いてもらえない(見てもらえない)んですよね。

だって、リアルで話すとき、顔を隠して話さないですよね?
それと同じことなんです。

f:id:mika-shimosawa:20170801103842j:plain

じつはSNS発信をリアルな場、実用性につなげるのは使うご本人の意思次第なんですよね。活かすも殺すも使う人次第。
それがSNSなんですよねー。

まずは自分が日常的なものにしていかないと、受け取る相手も日常的なものになっていかないんです。

お客さんとの接触を日常的なものにしていくことで、お互いを知ったり、理解していくことができるんですけど、それにはまず自分からやっていかないと始まらないんです。

f:id:mika-shimosawa:20170715085434j:plain

垂水市でご商売されている方々はとても明るくて気さくないい方たちばかりで、おかげで私も話しやすくて楽しい時間となりました。
(じつは久しぶりなのでちょっとキンチョーしてたんですけどねー。)

そのご商売は自分のためだけにやっているものじゃなく、お客さんに喜んでもらいたい、良さを実感してもらいたいという想いを皆さん持ってらっしゃいました。

だから絶対にSNSをやって方がいいし、やらないのは本当にもったいないなって思います。

f:id:mika-shimosawa:20170714203637j:plain

あれから2週間。
プロフィール写真を変えた方や、発信をし始めた方がいます。

嬉しいな♪

今後もどんどん続けていってくださいねー!

「お客さん」という相手は顔が見えている存在のこと。

こんにちは。
シモサワです。

昨日、小学校の同級生からSNS活用セミナーの依頼がありました。
Facebookの投稿で私の活動を知ってくれての依頼だったんですけど、こういうふうに声かけてもらえるってやっぱり嬉しいです♪

SNSやっててよかったー!
エクスマでの学びを続けててよかったー!

そんなことを思う月曜日です。

 f:id:mika-shimosawa:20170731123838j:image

 

さてさて、話は変わって、お客さんから私の口癖について質問があったので、今日はその話にまつわることを書いていきますね。

「なんでA子ママは“お客さま”と言わず、“お客さん”って言うの?」

私は常日ごろ、「お客さん」って言っています。
その方は、お客さんに対する呼び方に対して違和感を感じたらしいんですよね。

「普通は“お客さま”じゃないの?」って。

確かに、自分に対してお金を払ってくれる方なので敬称で呼ばないと失礼にあたるのかもしれません。昔は“お客さま”って呼びなさい、と注意されたこともありました。

でも、「お客さま」という呼び方は、私的にはすごくよそよそしい感じになってしまって、その存在が遠くなってしまうんです。

お客さんに対する定義

私は「お客さん」という存在に対して、「自分が提供することを喜んでくれた結果、お金を払ってくれる人」っていうことを根底においています。

「お金を払ってくれる方」ではないんです。

ある程度の意思の疎通ができてる間柄の存在な人が「お客さん」なんです。

だから、相手の顔も名前も知っているし、趣味嗜好も知っている。
どんなことに関心があるのかもわかるし、興味がないことの傾向もわかる。

だから、身近な存在であって、親しみを込めた「お客さん」っていう言い方なんです。

f:id:mika-shimosawa:20170714142920j:plain

逆に「お客さま」って呼ぶときもありますよ。

顔が見えなくて、まだ出会えていない存在の方。傾向を想像している段階で、言葉を交わすことも、そのきっかけも見つけられていない状態の方たちのことを「お客さま」って括って話すこともあります。

 

こういう考えた方なのは、ずっと直接お客さんと接してきたからなんだと思います。
直にお客さんに触れていたからなんだと。

お客さま=お金を払ってくれる方、と捉えているといつまで経っても身近な存在になれない。

いろんな業種からのお仕事依頼をさせてもらっている中で、お客さま、お客さんに対する捉え方が違うものなんだなってことに気づきました。

業界内で取引状態にある関係も「お客さま」ですもんね。

でも、業界内のやり取りばかりではなく、最終的に買ってくださるユーザーさんのことも考えないと...売るってことはできないんじゃないかなって思うんです。

「お金を払ってくれる方」っていう目先のことだけではなく、その素となる存在の方のことも考えていかないといけないと思います。

そのためには取引先とも意思の疎通を交わしていくことが必要なんじゃないかな。
一緒になってユーザーさんを「お客さん」にしていくほうがいいんじゃないかな。

f:id:mika-shimosawa:20170714142808j:plain

自分にとって「お客さま」「お客さん」というのはどういう存在なのか。
いま一度、考えてみて欲しいなって思います。

身近な存在にならないと、SNS発信って活きてこないですから。

 

SNSラウンジではこういった質疑応答もしています。

8月26日(土)A子ママのSNSラウンジ「Le・ITAN」新宿会場


よかったら気軽に参加してくださいね。

それでは、またー。

A子ママのSNSラウンジ「Le・ITAN」新宿会場のお知らせ

こんにちは。
SNS活用コンサルタントの下澤美香(A子ママ)です。

今日はSNSラウンジ「Le・ITAN」新宿会場のお知らせをしますね。

 

f:id:mika-shimosawa:20170730144803j:plain


日 時 : 8月26日(土) 14:00〜18:00
      (受付時間 14:00〜17:00) 
  この時間滞のお好きな時間にお越しくださいね。

場 所 :珈琲西武3F 個室C 
 (東京都新宿区新宿3丁目34−9 新宿駅東南口より徒歩3分)

 

参加費 :2時間コース ¥5,000
     1時間コース ¥3,000
    (なお、延長される方は30毎に ¥1,000追加となります)

持ち物 : スマホ、パソコン、タブレット等、発信でお使いの機器

 

参加ご希望の方はこのイベントページの参加ボタンを押していただくか、直接メッセージを送ってくださいませ。

→ A子ママのSNSラウンジ「Le・ITAN」新宿会場Facebookイベントページ


なお、メールでも受け付け可能です。→ お問い合わせフォーム

継続的な発信をするためのSNSラウンジです。 

私が初めてSNSを使いだしたときは、何がなんだか全くわからない状態でした。
SNSは操作的には単純で、何も考えずに投稿ボタンさえ押せば投稿される、そういう仕組みなんですけど、何を言っていいのかわからないから操作をためらってしまうんですよね。
だからいつも不安だらけでした。

いまのように操作ができるようになって、お客さんの相談に乗れるようになったのは、調べて勉強しただけではなく、情報発信していって「どうしたいか」「どうなりたいか」ってことを、いろんな人に聞いたり、セミナーの懇親会で教えてもらったり、そしてどんなことが起こるのかっていうことを聞いたり、教えてもらったりしたからなんです。

私がしてもらって嬉しかったことを、今度は私が返していく番です。

f:id:mika-shimosawa:20170610152429j:plain

SNS発信は続けるからこそ、その効果を実感できるものなんですが、わからないことだらけの状態は続かない原因になってしまいます。
継続的に発信できるよう、雑談形式でSNS活用相談所を開催します。

 

お気軽に立ち寄っていただけたら嬉しいです♪
みなさんのご参加を楽しみにしています!

人のご縁は自分の意志でつなぐもの。

こんにちは。
シモサワです。

SNSができたおかげで、人とのご縁に恵まれる機会が多くなりました。
一昔前までは考えられなかった地域の人や、考えられなかった世代、業界と、その幅も広がりがあります。

f:id:mika-shimosawa:20170714100438j:plain

SNS時代は人との付き合い方を選べる時代

一昔前は交流の幅が狭かったから、少々気が合わなくても、方針が違っても、長いものに巻かれろ的にお付き合いしてきた部分もあったと思うんです。よっぽどのことがない限り、縁を切るってことをしなかったですよね。

でも、今の時代って気が合わない、方針が違う人と無理に付き合わなくてもいいようになってます。

必要だと思える相手とちゃんと出会える、お互いの必要性をちゃんと認識できる交流の仕方になっていて、無理しなくてもいい時代になっているなと感じます。

選べる時代だからこそ、ご縁を自分自身で意識しなきゃいけない

カンタンにご縁がつながるからこそ、そのご縁を大切にしていく必要ってあると思うんですよね。

交わした言葉で何が起こるのか。
その言葉の真意は?とか。

単なるノリで続くほど人のご縁って甘くない、そういうものですもん。
カンタンだからこそ脆くもあるってことなんです。

f:id:mika-shimosawa:20170126222708j:plain

例えば、親族とか血の繋がりがあったとしても、その縁をつなぐか繋がないかは本人の意志次第なんです。
一昔前は、「血の繋がりがあるから」ってことで、その縁を切るとかって考えられないっていうことがあったんですけど、それも自分の意志で育てたりするからであって意志がなければご縁なんてつなぐことができない、そういうものなんです。

 

今日はなんでこんな内容になったかというと...

好き勝手やって、身勝手に振る舞って、挙句に問題を起こせば他人任せで、責任をとらず、知らん顔を決め込んでいる肉親がいて。
戸籍上、縁があるからその責任がついてくることに対して少々憤れることがあったからなんです。

血縁があるからなんとかなるだろう、なんとかしてくれるだろう、という姿勢が私には理解できない。昔は理解しようと頑張ったんですけどね。

理解できなければ離れていくのは当たり前。

これが他人同士ならなおさらですよね。

f:id:mika-shimosawa:20170706110517j:plain

人とのご縁は勝手に出来上がるものではなく、自分の意志があってこそつなぐことができるもので、そのためにはちゃんとお互いを尊重する意志をもっていくもの。
尊重する気持ちがあってこその、ご縁ですもんね。

 

私は身内に反面教師がいるからご縁の大切さを実感できるのかも。
それはそれで、この環境に感謝しなきゃな。

そんなことを思う土曜日です。

旅するのって面白い♪

こんにちは。
シモサワです。

6,7月とたまたま出張仕事が重なって、北は北海道から南は九州鹿児島県までと、かなりの距離を移動しました。

移動手段も様々で、飛行機、電車、車、フェリーと、あらゆる乗り物に乗りました。
でね、「旅するっていいなー」って思ったんです。

f:id:mika-shimosawa:20170729120755p:plain

私にとって出張移動も旅すること同じのような気がします。
目的の地があって、そこに行くまでの移動を楽しんでる。あ、これも旅なんだなって。

目的地に行くのはもちろん楽しみですけど、移動中の時間も楽しいんですよね。

いろんな人や物、景色を見ると「生きてる」ってことを感じるんです(ちょっと見方がヘンかもですが(笑))

f:id:mika-shimosawa:20170729120928p:plain

移り変わる景色を見ながらそこに住み暮らす人たちの習慣を想像したり、山の景色の違いを見て気候の違いに感動したり。
気候が違うから食べ物も違うのね、なんていう違いを知るのが楽しかったりします。

 

と思えば、乗り物の中での些細な出来事にいちいち感動したりもします。

赤ちゃんを抱えたお母さん。
赤ちゃんが泣き止まなくて、その泣き声で「あー、眠いけど寝るタイミングを逃しちゃってグズってるんだなー。モヤモヤするよねー」って内心思ってたんですけど、お母さんは周りにしきりに「すみません。」って言ってるんですよね。そしたら、ある年配の方が「大丈夫よ、赤ちゃんは泣くのが仕事だから」って。
こういうやり取りがなんだかいいなーって。

f:id:mika-shimosawa:20170729120845p:plain

電車の中で若い外国人女性に話しかけられました。
どうやら空港行きの電車があっているのか不安だったのと、時間がどのくらいかかるのかわからなかったみたい。私にはよく電車を乗り間違えるので、この不安はわかるんですよね。
なんとか合ってるよを伝えた買ったんですけど、日本語オンリーな私で身振り手振りでやってみてもうまく伝わらない...持っていたメモを見ると漢字だらけなので、「Are you  Chinese? 」って聞いたら「Yes」って。

中国語なんて更にわかんないー。
そうだ!翻訳アプリでいけるかも♪

そう思いついて、翻訳アプリでやりとりしたら通じました。
そしてめっちゃ安心したようで、ニコニコしてくれて、あー、よかったな~って。

降りるときにも「Thank you!」ってめっちゃ手を振ってくれました。
こんなちょっとしたことですけど、こういうことがあると単純に嬉しいなって。

嬉しいや楽しいが積み重なっていくと、気持ちが豊かになっていきます。
ぽわって温かいものが増えていく感じ。

f:id:mika-shimosawa:20170715111455j:plain

旅をすると、こういうことに出会う機会が多いものなんですね。
いままで自分になかったことですが、旅するって楽しい!

うん、旅することにハマりそうです♪

オトナの勉強は「お客さんに喜んでもらうため」のもの。

こんにちは。
シモサワです。

大人になって今さら勉強したくない!
そう思う方もいますよねー。

私はオトナになってからの勉強や学びのほうが断然面白いです。

ですが、その勉強や学びは「何のためにするのか?」ってことも考えていかないといけないなって思うんです。

f:id:mika-shimosawa:20170714174112j:plain

 

オトナはいろんな形で仕事をしていきます。

そして、その仕事の先には相手(お客さん)がいます。

その仕事でその相手に喜んでもらう、役立ててもらう。
それにつなげるために「オトナの勉強」があるのだと思います。

ただ、作業や業務を続けることだけが仕事じゃない、そう思ってます。

f:id:mika-shimosawa:20170727133626j:plain

先日のある発信ミーティングでその話題になりました。

勉強や学びは誰のためにするのか?
いっぱい勉強して 『こんなに覚えましたよ!』とか『こんな事が出来るようになりました!』って、勉強を教えてくれた人に褒めてもらうことを期待していては意味が無いんですよねー。

そのことをこうやってブログに書いてくださいました。

www.peuapeu.jp

 

私もつい、勉強したことができるようになると嬉しくなって、教えてくれた方から褒められたくなります。褒められると嬉しいからまた勉強しよう!ってなっちゃうんですが、それってちょっと違うなって思い直すんです。

勉強したことで喜んでくれる相手を間違えちゃいけないですよね。
自分の日常に一番寄り添って欲しい人は誰なのか。
そういうことも見据えていかなきゃですよね。

 

勉強や、学びって知ることができて、それがまた面白いんです♪
でも、面白いですませるのではなく、自分で感じた面白さをどうつなげていくか...

喜んでもらうためにはそういうことが必要ですよね。

f:id:mika-shimosawa:20170727133640j:plain

ただ考えるだけじゃなく、
ただ行動するだけじゃなく、

ちょっと先を想像して動いていきたいな。

そんなことを思う午後です。

SNSラウンジin名古屋 〜7月のお客さま〜

こんにちは。
昨日の釧路編に続き、今日は名古屋会場での出来事を書いていきますね。

 

7月13日に開催したSNSラウンジin名古屋、じつは参加応募が全く無い状態だったんです。内心焦りつつも、気持ちの何処かでは開き直っていて「誰も来なくても今までのスライドを見直したりしていればいいかなー」なんて思っていたんです。

 f:id:mika-shimosawa:20170725200920j:image

でも...ちょっとだけ凹みましたけどねー。

 f:id:mika-shimosawa:20170725200939j:image

ところが...開けてみればご来店してもらえましたよ〜♪

f:id:mika-shimosawa:20170725201009j:image

アクティブ感たっぷりな清田さんとは初対面♪
トライアスリート屋根屋の竹内さんからのご紹介からでした。

いろいろあるSNSはその空気感と特性を知っておくと使いやすくなる

一言でSNSといっても種類があります。
SNSだから、手当たり次第アカウントをとって、同じネタを同時発信しても意味が無いものになってしまいます。

そもそもSNSというのは、受け取る相手がいて、その相手とのコミュニケーションを目的とするものです。

なので、見えない相手に向かった状態でなにか言おうとしても、自分もどうしていいかわからないし、受け取る相手もどうしていいかわからない、わからないままでは伝えたい内容が届かないってことです。

伝わらないと何も起きませんから。

清田さんはアカウントをもっているけど、何からどう手をつけていいかわからないということでしたので、まずは基本的なSNSの空気感と特性のお話をさせてもらいました。

f:id:mika-shimosawa:20170725201932j:plain

あとは発信ネタに取り入れる基本的な考え方です。

f:id:mika-shimosawa:20170725202219j:plain

あとは写真撮って、文章を書けばOK!

単純に考えれば案外、カンタンなものです。

自分ができることを精一杯やることでそこに共感してくれる人が出てきます。そしたら、その人達とどんどん交流していくこと。

これを続けていくだけなんです。

でも、分からない状態は意外と高望みしちゃうこともあるんですよね。
「こうなったらいいな」だけが広がってしまう。

まずは身近な人、共通の話題がある人と交流していってみてくださいね。

 

竹内さんはブログを中心とした発信を続けてらっしゃるんです。
今回は竹内さんのお話にお応えできなくって、すみません。

でも、こうやって感想を書いてくださって嬉しいです♪

yoshikixxtri.hatenablog.com

次回はガッツリやりましょうねー!

 

名古屋開催は9月の第1週あたりを予定しています。
また、日程が決まり次第お知らせしますね。

SNSラウンジin釧路

こんにちは。
シモサワです。

5月から始めた「SNSラウンジ Le・ITAN
名古屋、東京、釧路と開催しました。

4回やってみて、やっぱり「やってよかったな」と思うんです。

 釧路会場の様子

釧路開催がこんなに早く実現するとは思っていなかったんですけど、釧路はわたしにとっては特別な地。

お友達の紫乃さんの会社の2階にあるコミュニティスペースをおかりすることができて、そして至れり尽くせりしてもらっちゃって...

おかげでめっちゃ集中できました。

f:id:mika-shimosawa:20170709175740p:plain

「Le・ITAN」って作ってくれてめっちゃ嬉しかったーーー♡

 

f:id:mika-shimosawa:20170709175803p:plain

ジェラード(長谷川さん)は知りたいことメモをビッチリ書いてきてて、意気込みが半端なかった〜。

 

f:id:mika-shimosawa:20170709175811p:plain

フリフリ(諸我さん)からはお店も見てほしい、というリクエストがあったのでダッシュでしたけどお店の雰囲気を見せてもらいました。

慣れないうちは不安要素が出るもの。

私が初めてSNSを使いだしたときは何がなんだか全くわからない状態でした。
操作的には単純だし、何も考えずに投稿ボタンさえ押せば投稿される、そういう仕組みなんですけど、何を言っていいのかわからないから操作をためらってしまうんですよね。
だからいつも不安だらけでした。

 

いまのように操作ができるようになって、お客さんの相談に乗れるようになったのは、調べて勉強しただけではなく、情報発信していって「どうしたいか」「どうなりたいか」ってことを、いろんな人に聞いたり、セミナーの懇親会で教えてもらったり、そしてどんなことが起こるのかっていうことを藤村先生の言葉から感じたり、聞いたり、教えてもらったりしたからなんです。

でね、慣れないうちは不安があるから小難しく考えてしまったり、ちょっとわからない事が出てしまうと面倒になってしまったり...いろんな弊害が出てきます。

でもね、そこは乗り切らなくちゃ。

乗り切らないと良さって実感できないし、実感できないままだと遠ざかってしまうでしょ?
出会いのチャンスを自分から放棄してしまうってことにもなっちゃうかも、ね。

f:id:mika-shimosawa:20170628171018j:plain

こういったことをセミナー方式で皆さんにお伝えするのも良いんですけど、実践につなげていくにはじっくりと話す時間って必要だと思うんです。
だから、こういう時間を大事にしていきたい、そう考えています。

 

次回は8月26日(土曜日)、東京開催を考え中です。
会場が抑えられるかどうかまだ不明だけど、決まり次第お知らせしますねー。

それでは、また^^

SNS発信には説明ではなく「紹介する」という意識を持つこと。

こんにちはー。
シモサワです。

最近、自分の肩書きに対していろいろ思うことがあります。
職業的には「SNSコンサルタント」、キャッチコピー的なものは「街の社長の家庭教師」
どっちにしても、どんな内容をしているのかちょっとわかりづらいですよねー。

ま、とにかくSNSの発信を通して、自分のお客さんたちと気持ちを育てていきましょう!ってことをクライアントさんと一緒に考えています。

f:id:mika-shimosawa:20170724203941j:image

 

商売していれば、お客さんと仲良くなっていくのは、ごくごく自然なことなんじゃないの?
そもそも、お客さんと仲良くならないと、その商売を知ってもらえないし、来てもらえないじゃん!

私ね、そう思っていたんです。

でも、いろんな業種の発信内容を考えるようになって、「お客さん」という相手に対する概念が違う人が案外多いことを知って、ちょっとビックリでした。

お客さんに対して気持ちで接する人もいれば、お金で接する人もいるし、モノで接する人もいます。

 

でね、思ったんですけど、モノやお金で接する習慣が身についてしまっている人って、発信が説明になってしまってる傾向が見られます。

そもそもSNSって、気持ちを交わしていくところなので、説明で発信していては伝わらないんです。

 f:id:mika-shimosawa:20170724204011j:image

でも、気持ちで接する習慣がない人にいきなり「気持ちで接していきましょう!」といっても通じないんです。

だからまず、個人的な要素をネタに発信していくのが良いんですけど、それも説明になってしまう...

なので、自分の好きなこと、良いなと思ったこと、心が動いたことを「紹介していく」っていうのはどうかなって思うんです。

 

説明だと「言ったからお終い」にしがちだけど、自分の興味があることをとことん紹介していく。

自分の心の動きをちゃんと見て、それを伝えて、見た人も興味が出るように。

紹介するってそういうことなんだって思うんです。
自分の好きなことに、身近な人が加わってくれたら、その楽しさは倍になるでしょ?

そうなるように想像して発信を続けていく、そういうことなんです。

 

お客さんを増やすって、そういう意識から始まるものだって思っています。

 

以前、スナックを経営しているとき、こういうことを真剣に相談できる相手がいなかったんですよね。
何をどう宣伝して良いのかわからなったし、自分の店の強みもよくわからずじまいで...そしてお客さんに楽しんでもらうという方向性も、いま思えばズレてたこともたくさんありました。

あのときは一人で考えるのが本当にシンドかったんです。

あんなシンドい思いをしたくないし、させたくない。

これが私の今の仕事の原動力の一つです。