SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

私がコミュニケーションにこだわる理由。

こんにちは。
下澤美香です。

今の仕事は、飲食店などの店舗経営者さまや責任者の方のためにソーシャルメディアのビジネス活用のお手伝いをしています。

 

コミュニケーションすることが仕事だったスナック時代

前職はスナックを経営していて、ママと呼ばれる立場でした。
スナックを始めとした...いわゆる、水商売とか飲み屋と呼ばれる世界に25年いました。

飲み屋って、お酒を提供するだけの場じゃないんですよね〜。

お酒を呑むこと自体、リラックスする空間を求めている。
私はそう解釈していました。

リラックスしてもらうためには、まずは仲良くすること。

だから、お客さんと仲良くすることが私にとっては、仕事であり、それが私のお客さんづくりだったんです。

 

f:id:mika-shimosawa:20151014120851j:plain

 

仲良くするって一言で言ってしまうと、「な〜んだ。それだけのことか〜」ってなってしまうかもしれませんけど、その場を仲良くするだけじゃないんです。

その場でたくさんお酒を呑んでもらわないと、その日の売上につながらないから、ノリでたくさん飲んでもらえるようにしても、仲良くなったとはいえません。

例えば...その日にビールを10杯飲んでくれても、来る頻度が半年に一回よりは、ビール1杯だけど、毎日来てくれる方が私は嬉しいし、その方が売上も上がります。

 

だから、毎日とは言わないけれど、定期的に通ってくれるお客さんづくりをするっていうのは、そのお客さんの内情を理解したうえで、コミュニケーションしていくこと。

コミュニケーションっていうのは、人付き合いをしていくことで、ずっと続けていくもの。その場限りの応対だけを考えていたら、コミュニケーションってしていけないんですよね。

 

当時はあまり深く考えていませんでしたけど、よくよく振り返って考えてみたら、土地柄っていうのもあるんでしょうけど、9割は常連さん、定期的に来てくれているっていうお客さんばかりでした。

コミュニケーションを深めれば深めるほど、売り上げにつながる。
そんな仕事だったんです。

 

SNSはコミュニケーションツール。だから...

お客さんと仲良くしていくことが、商売の存続に繋がる。
それは、今も昔も変わらない考え方です。

 

でも、コミュニケーションの形って人それぞれで、確固たるやり方があるわけでもないし、理屈も人それぞれで...

時代が変われば人の受け止め方が変わったり、道具が違ってきたり、表現が違ってきたりと、勝手が違うと思うえるようなことも出てきます。

でも、人付き合いの精神って変わらないものなんですよね。

f:id:mika-shimosawa:20151014121321j:plain

SNSができたことで、本当の意味での人付き合いができるようになってきたと思っています。

売手と買手、お互いに人間として関係を作っていける。

ただのお店の人から個人名へ。
お客さんと括っていた人が◯◯さんへ。

顔が見えて、個人認識がしやすい世の中。

コミュニケーションって、まずは個人認識することから始められるものなんです。認識できていないと、コミュニケーションってできないものなんですよね。

 

コミュニケーションに大切なのは、その相手に気を向けること

SNSを使うということは、コミュニケーションをしていけばいいことなんですよ、というと、「難しい」という返事をする方が多いです。

そもそもコミュニケーション自体、そんなにカンタンにできるものではないし、自分が思い描くような形になりにくいものですよね。

そもそも自分一人で描くものじゃないですから。
相手がある上でのやり取りで、コミュニケーションだって血の通った生きた時間なのでいろんなことがあります。

f:id:mika-shimosawa:20151014015420j:plain

 

大切なのは、大切にしたい相手、大事に思う相手、仲良くしたい相手に「自分の気を向けること」

気を向けるっていうのは、思い出すとか、気に止めるとか、自分の生活の日常の中にその人を入れるって感じです。
そこから何かしら行動を起こすことが、コミュニケーションすることになります。

その回数や深さが関係性を作っていく、そういうことにつながっていくんです。

 

人付き合いは続けるもの。
そして、商売を続けていく以上、生きていく以上、終わりが無いもの。

続けていくには楽しいことばかりではないけれど、楽しくしていくには自分なりの工夫が大事。

そもそも人間という生きもの自体が複雑なものですからね〜。
一筋縄ではいかないのは当然です。

 

でもね、だからこそ人付き合いの醍醐味が味わえるし、コミュニケーションの楽しさを見いだせるんじゃないかな。

私がコミュニケーションにこだわるのは、それを実感し続けたいってこと。

それと、技術も商品もない中で25年間仕事をして、ご飯を食べてこれたのは、コミュニケーションにこだわってきたから。

だったら、技術や商品がある人達がお客さんとのコミュニケーションを高めていったら、商売として最強だよね。
そう考えています。

 

SNSの使い方を通じてコミュニケーションのことを伝え続けていきたい、いま私がしているのはそんな仕事です。

詳しい内容はこちら↓をご覧くださいね〜。

mika-shimosawa.hatenablog.com

 

ブログを引っ越したばかりなので、読者登録していただけると嬉しいです!
はてなのアカウントが無い方もブックマークとか、Feediyなどでお気に入り登録していただけると嬉しいです。

よろしくお願いします!