読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

Twitter投稿に便利な機能が満載。Buffer(バッファ)の登録方法。

こんにちは〜。
下澤美香です。

昨日のブログでBuffer(バッファ)の拡張機能を使ったブログリンクシェア(投稿)について書きました。

mika-shimosawa.hatenablog.com

 

ところが・・・

そもそも、Buffer(バッファ)に登録していないと使えないじゃん!

ということに気づいてしまいました。

Buffer(バッファ)を使ったことがない方にとっては、「何のことやらサッパリ分からない」内容となってしまい、本当にすみません。

 

というわけで・・・

気を取り直してBuffer(バッファ)のアカウント設定及び基本的な操作をご紹介しますね。

 Buffer(バッファ)でできること

まずはBuffer(バッファ)に登録すると何ができるのか、ということからです。

 

TwitterFacebookGoogle+(ローカルページのみ対応)、Pinterest、Linkedinとの連携ができ、予約投稿及び、投稿ができます。

f:id:mika-shimosawa:20151110000328p:plain

Buffer(バッファ)を使った投稿に対しての解析ができます。

f:id:mika-shimosawa:20151110000757p:plain

この解析からは、リツイートや「いいね♡」がなくても、ブログリンクをクリックした(ブログを見た)回数を知ることができます。

f:id:mika-shimosawa:20151110001235p:plain

解析には「投稿」「解析」「インサイト」とありますが、「投稿」以外の解析を見るにはビジネスアップグレード(有料版)が必要となります。

 

・曜日単位、分単位の細かい予約時間設定ができます。

あらかじめツイートしたい投稿内容がある場合、日付、時間を指定して予約投稿することができます。

例えば、1日5回、毎日投稿しようとした時、その曜日、その時間(分単位)を細かく設定できます。

f:id:mika-shimosawa:20151110002017p:plain

 

・ブログリンクを短縮表示できます

Twitter投稿では140文字という文字制限があります。その文字制限の中で少しでも文字数を増やしたいですよね。そういう時にはブログリンクのURLを短縮して入力できる文字数を増やします。

短縮表示するタイプを選ぶことができます。

f:id:mika-shimosawa:20151110005259p:plain

Buffer(バッファ)の登録方法

Buffer(バッファ)のリンクにアクセスします。

bufferapp.com ←クリックするとサイトに移動します。

 

Buffer(バッファ)は、Eメールアドレス・Twitterアカウント・Facebookアカウントのいずれかで登録可能です。

f:id:mika-shimosawa:20151110002824p:plain

 

Twitterのアカウントで登録すると下記のような画面が出てきて、Buffer(バッファ)との連携認証がきます。

画面下の「ログイン」をクリックしてくださいね。

f:id:mika-shimosawa:20151110003156p:plain

 

登録完了になると、Buffer(バッファ)から各ソーシャルメディアのアカウント取得の時に使ったメールアドレスにお知らせが送られてきます。
(英文で届くので驚くかもしれませんが、問題ありませんのでご安心くださいね~。)

Buffer(バッファ)を使う際にGoogleChromeをおすすめする理由

Buffer(バッファ)は海外のサービスで基本的な表示が英語になっています。
英語表示のままですととても使いにくいんですよね。(英語が読める方はそのままでいいです)

そこで、ブラウザ(インターネットの立ち上げ機能)をGoogleChromeにしておくと、自動翻訳がついているので、日本語表示に切り替わります。
(確実な翻訳とは言い切れませんが、使うのに不便がない程度に翻訳してくれます)

 

Buffer(バッファ)はモバイルアプリもあるので、スマホタブレットでも使用できます。

アプリを入れておけば、パソコンでの設定をスマホタブレットでも使用できます。

iPhoneの方はコチラから→ Buffer for Twitter & Social Media Schedulingを App Store で

Androidの方はコチラから→ Buffer (Twitter, Facebook) - Google Play の Android アプリ

クリックするとアプリストアに移動します。

f:id:mika-shimosawa:20151110010443j:plain

 

Buffer(バッファ)はいろんなSNSに対応しています。
ですが、わたし的にはTwitterとの連携に絞ったほうがいいかなって思います。

便利ツールって、便利すぎて、便利に慣れてしまってそもそもの目的が疎かになってしまったら意味がありませんもの。

あくまでも、届けたい相手に届きやすくするために使うものですから。

 

今回は使える機能満載のBuffer(バッファ)の機能の紹介と、登録方法のご紹介でした。

 

このブログを気に入っていただけたら、FacebookTwitterはてブでシェアしていただけると嬉しいです^^

読者登録もよろしくお願いします♪