読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

Twitter社さまへ。切なるお願いです。140文字制限は維持してほしいです。

こんにちは。
Twitterってお作法さえ抑えてしまえば、とても勉強になるし、そのゆるさがとても楽しいので、めっちゃTwitterライフを満喫しているシモサワです。

 

昨日あるニュースを見て、「Twitterの良さが薄れちゃうじゃん!」と思うことがあって...今日はそんな気持ちを書いてみようと思います。

Twitterの140文字制限から1万文字に変更か?!

www.gizmodo.jp

昨日、Twitter情報の一覧にはこの言葉が蔓延していました。

 

f:id:mika-shimosawa:20160107005453j:plain

 

Twitterの良さってこの140文字制限にあると思うんですよね。

この文字数の中に言葉をいかに凝縮できるか。

瞬間的に感じるコトをいかに表現できるか。

 

私としては、まだまだそんなに表現が上手くないけど、表現が上手な人の投稿は見ていて小気味がいいというか...「スッキリ度」があるんですよね。

短文だからリズム感もあるし。

 

140文字制限は頭の回転も良くなる、との見解もある。

 

言葉をつらつらっと連ねるのは、時間と根気があればなんとかなります。
ですが、言葉を凝縮させて、なおかつ表現を豊かにするにはそれなりの能力が必要となるものです。

それを鍛えることができるのも、Twitterのいいところだって思うんです。

こういう記事だってありますもん。

tabi-labo.com

「現代において、SNSは人々のアイデンティティや日常生活の大部分を占めています。Twitterはその性質上、横展開できる思考が必要。絶えず変化していく情報共有プラットフォームみたいなもので、収集した情報をつねに整理して、発信していかねばなりません。それゆえ、Twitterを好む人の認知能力は、必然的に高くなるのかもしれません」

 

“つぶやく”というTwitter特有の表現方法は、客観的な思考と注意力が必要だとCherie氏。情報を整理するだけでなく、それを140文字以下にまとめ、自分の伝えたいことを発信しなければなりません。それには、問題解決能力と明確な思考が求められる。

 

とういうわけで、Twitter社さま。切なるお願いです。

140文字制限の変更はやめてください。

 

1万文字になったら、今のスピード感を保てないからTwitterの良さが薄れてしまいます。

1万文字書きたい人はブログでいいじゃん。
1万文字書きたい人はFacebookでいいじゃん。

他に書けるSNSはいっぱいあるんだから。

 

単純明快だからこそ、使い心地がいいんです。

 

いちTwitterユーザーの独り言ですけど、そう思っている人は多いんじゃないかな。

 

仕様変更とか、機能追加とかいろいろあって、その都度文句をいっていたら使いこなしなんかできないってわかっているけど、さすがに今回の件は声を上げずにはいられなかったので、ブログにしたためてみました。

 

しつこいようですが...140文字制限は維持してほしいです。