読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

ワカモノのSNS投稿に学ぶ「ぼかし加工」ができるアプリ3選(おまけ付)

明日は成人の日。
一番上の姪っ子ちゃんが今年は成人式を迎えます。

コスプレ好きな姪っ子ちゃん。
イマドキのSNS活用をいろいろと教えてくれるのでとても助かります♪

 

若い子たちのSNSの使い方は秀逸だと思う

オトナみたいに屁理屈を並べず、友達と楽しむため、盛り上がりをかき立てるため...そういった純粋な意図で使っているんだな〜というのが私の見解。

かつての自分もそうでしたけど、「人との交流を楽しむため」っていうことにこの世代は敏感なんですよね。

頭で考えず、気持ちで動く。

その行動がちょっとうらやましい〜〜〜。

うらやましがっていても仕方がないので、オバチャンも勉強させてもらいます♪

 

そんなワケで、こういった記事も気になるんですよ〜。

kakeru.me

 

ふむふむ・・・
なるほど。

この記事の中で気になったのが「ぼかし加工」

ワタシ的には写真は「そのままのものを写すもの」的な考え方があって...でもInstagramを使うようになってからは、「映しだされるものを(ちょっとでも)素敵に表現したい」と考えるようになってきたんです。

そもそもの写真テクが上手ではないけれど、「自分が見ているものを共有したい」という気持ちがあります。

共有したいけれど、「ただ写しました」では共感されないよな〜。
そう思うんです。

 

共感・共有って、交流を生むもので、交流を深めるもの。

そのための「ちょいテク」って必要だって思います。

ワカモノの交流の仕方には「ちょいテク」が織り込まれているので、本当に勉強になります。

 

ワカモノのSNS投稿に学ぶ「ぼかし加工」ができるアプリ3選

アプリ紹介の前に...
写真加工アプリってたくさん出ています。

フィルター加工、組み合わせのコラージュ、美肌効果などなど。
そして、一つのアプリでたくさんの加工ができます。

それがちょっと混乱する元になったりします。
あえてできる加工効果を「ぼかし加工」に絞ってご紹介していきますね。

(以下のアプリは全て無料です)

 

写真全体をぼかす「Soft Focus 」

ダウンロードはこちらから → iPhone  のみ対応

f:id:mika-shimosawa:20160110143134p:plain

ぼかし加工って、背景をぼかすことしか考えていなかった私。

あえて写真全体をぼかすというもの「ちょいテク」の一つのようです。
ちょっと幻想的なイメージになりますね〜。

iPhone5Sに対応って書いてあったんですけど、私の5Sではダウンロード出来ませんでした〜(泣))

 

ぼかしだけではなく遠近法も編集できる「PicsArt」

ダウンロードはこちらから →  iPhone : Android

f:id:mika-shimosawa:20160110144045j:plain

ワタシ的には、この加工アプリがイチオシです!

ぼかし機能は「丸」「ライン」タイプがあるのはもちろんのこと、ぼかし具合が綺麗♪
更には縦、横の遠近法も加工出来てしまうという、スグレモノ!

ここまで加工できると、少々写真を撮るのを失敗しても大丈夫って安心できます。

ボツ写真が少なくなりそう♪

 

自撮りの王道「B612」

ダウンロードはこちらから →  iPhone : Android

f:id:mika-shimosawa:20160110145645p:plain

このアプリをなかなか使いこなせないワタシ。
(使いこない時点でちょっと寂しさを覚えます... ...)

このアプリはすでに撮り終えた写真を加工するというよりは、写真を撮る瞬間に加工してくれるというタイプ。

写真を撮る前にフィルター選択、ぼかし選択をしてから写真を撮るので、慣れれば速攻で投稿できるというスピード感があるアプリです。

スマホユーザーのワカモノはほとんど使っているんじゃないかな。

 

シモサワがオススメする「ぼかし加工」アプリ

ワカモノは無料アプリにとっても敏感です。
オトナは性能が良ければ有料でも使います。

なので、あえて有料アプリのご紹介です。

Tadaa SLR

ダウンロードはこちらから → iPhone のみ対応

f:id:mika-shimosawa:20160110150617p:plain

このアプリのすごいところは、ぼかす対象を自分の思い通りにできるところ。
対象をなぞると、その部分以外をぼかすことができます。
その逆もできます。

f:id:mika-shimosawa:20160110151432j:plain

もちろん、「丸」「ライン」ぼかしもできますし、ぼかし加減も調整できます。

f:id:mika-shimosawa:20160110151503j:plain

 

Instagram

皆さんご存知のInstagram
Instagramにだってぼかし加工があるんですよ〜。

f:id:mika-shimosawa:20160110152539j:plain

f:id:mika-shimosawa:20160110152607j:plain

 「チルトシフト」「ビネット」を使うと背景をぼかすことができます。
あとはお好みのフィルターをかけるだけ。

今回は「ぼかし加工」に使えるアプリのご紹介でした。

 

「ぼかし加工」写真の雰囲気が良くなるように感じます。
今までは「ぼかし加工する」=「見せてはいけないもの」という考え方があって...でもその考え方はオシャレじゃないし、そういった概念が素敵ごとに見せられない原因にもなるんだなって猛反省してます(汗)

「雰囲気を高める」ために使う。
写真投稿にはそういう視点も大事ですね。

 

このブログを見て...「参考になったよ〜!」という方がいたらFacebookTwitterはてブでシェアしてもらえると嬉しいです♪