読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

私が毎日SNS投稿をする理由。

SNSのこと 下澤美香の考え 使い方

こんにちは〜。
シモサワです〜。

 

日々の積み重ねって、その成果をスグに感じることってできないものですよね。

お客さんとの出会いとかもそうなんですけど、思い返す出来事が積み重なっているから、「いまのこの関係(状態)になっているんだよね〜。」って...

何をするにしてもその過程があるからこそ、成果って感じられるものだと思います。

 

毎日挨拶を交わして顔見知りになり、そこからの動作で雑談が始まり、連絡を取り合う仲になり、気がついたらすごく仲のいい存在になっていた。

 

f:id:mika-shimosawa:20151102234522j:plain

 

 

お店づくりだってそうです。

毎日お店を開けて、看板を出し、業務内容を伝えたり、友達に教えたり、 いろんな方面でアピールしたり、そこに関わってくれる人を大事にしていく。

その毎日の繰り返しがあるから、3年、5年、10年...と続けていけるものですよね。

 

その繰り返しの中にSNSを使った投稿も取り入れていくってこと。

 

 

SNS投稿は宣伝ツールとは違います。

多分、ここの思い込みが毎日の投稿に繋がらない原因なんだろうな。

 

上手い売り込み言葉が思いつかないから投稿できない。

そう思っている人が多い。

 

大体からして、自分が考えていることなんて、他の人に1回でなんか理解してもらえるはずがないんです。

何度も出会って、その姿勢を見てもらうから、その姿勢から感じ取ってもらえて、何かのきっかけで気持ちの距離がちょっとずつ縮まっていく。

 

それを繰り返すことで、存在が確立されていく。

 

ちょっと話は逸れますけど...

以前、スナックを経営していた時、そのお店を管理しているおばちゃんがよく言ってくれたのが「ママは、本当にちゃんとしているね。」っていうことだったんですが、私はそのおばちゃんにお客さんのこととか、お店の内容とか一切言ってなかったんです。

でも、お客さんをお見送りしている姿や、仕入れで昼間店に入っているとき、掃除している時、そんな姿をずっと見かけているからそう感じたそうです。

 

で、おばちゃんだからお茶飲み話にいろんな人に伝えてくれていて、伝え聞いた人がまた訪れてくれたっていうことがありました。

 

でもこれって、1回や2回見かけたから、人の口に上がったわけではないんですよね。

見かける回数が多かったから。

見かけるたびに同じ姿勢だったから。だと思います。

 

f:id:mika-shimosawa:20151102234350j:plain

 

話を戻しますけど、SNSの投稿も同じことなんです。
SNSの投稿って、自分が取り組んでいる姿を見せていく場なんです。

 

何気ない日常だったとしても、そこには自分の気持ちっていうものが必ず入っています。

そこを表現していけばいいだけ。

無理に取り繕わなくてもいいんです。

無理していい人ぶっても、結局はバレますから。

 

そもそも商売って、人柄が良くないと繁盛しません。

商売となると人柄って、切っても切れないものです。

 

自分の人柄を表現していくには自分の日常を見せること。

これに尽きるなって思います。

 

あ、SNS投稿するにあたり気をつけたほうがいいなと思うのは、自分勝手な振る舞い方。 

 

私はその投稿から「合いの手」が入るような投稿にしたいなと思って、続けています。

うまくいかない日もあるけど、これも積み重ねのうちだって...だからどんな投稿でも毎日続けていきます。

今後もお付き合いくださいませね。

 

それでは、また。