SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

雑な表現は伝わらない原因

こんにちは〜。
シモサワです。

 

今日は日曜日だけど、浜松まで出張でお仕事してきます。
と、その前にブログを更新しますね。

 

f:id:mika-shimosawa:20160229181314j:plain

 

世の中にはいろ〜んな人がいますよね〜。

アツい人、冷めている人。
アツそうに見えて、じつは冷たい人。
冷めているようで、じつはアツい人。

その見え方は様々です。

 

そして今の時代、デジタルを通じて自分の文章や、自分のフィルター越しの写真をたくさんの人に見てもらえる、たくさんの人に知ってもらえる環境になっています。

 

自分のことを露しゅつさせることがしやすくなった状況です。

表に出るとなると、その時点で「伝わるだろう」とか「知ってもらえて当然」って、つい思いがち。

でもね、ちゃんと丁寧に伝えようとする気持ちを持たないといけないと思うんです。

 

表現しやすくなっている反面、興味関心がないものは目に留めてもらえないってことを知らなくちゃいけない。

 

 

 

自分なりに表現するって、とっても大事なことだけど、
表現することだけに精を尽くしていても伝わらないんです。

 

話の流れを端折ったり、言葉足らずだったり...
自分だけが納得しているような内容では、相手に伝わらない。

 

いわゆる何が言いたいのかよくわからない表現は、理解してもらえないってこと。 

 

その場のノリに流されて表現したって、そのノリはどんな未来に繋がるのか、どんな未来に作用するのか、どんな良いことを起こせるのか。

 

そういうことを具体的に表現に含んでいかないとね、人は関心を持ってくれない。そういうものです。

 

 

 

毎回、良いことを言っていそうでも持続性がないというか、話に流れができていないと不自然に感じるしね。

 

f:id:mika-shimosawa:20160228125156j:plain

 

自分の今までの投稿を見直しながら...

物事を今より深く感じて、それを誰と分かち合うのか。
そういうことをもっとちゃんと考えなきゃな〜。

そんなことを思うのです。

 

こういうことって直ぐには直せないけど、毎日の意識下に置くことで改善できるよね。

日々に流されても忘れないようにしたいことです。

 

ではでは...いってきま〜す。