読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

自分の気づきは、誰かの気づきにつながるのかもね。

こんにちは。
シモサワです。 

 

自分の気づきは、誰かの気づきにつながるのかも...

そんな気持ちでTwitter投稿の内容は過去からの自分を振り返り、「あれはこうたっだな〜。」とか「こうだったからダメだったんだな〜」と思い返しながらつぶやいています。

自分が気づいたことをカミングアウトするのって、ちょっと恥ずかしい。

遠い過去のことなら、過ぎたこととして案外スンナリ言えるんですけど、つい最近まで気づかなかったこととか、気づいて直したことをオープンにするっていうのは、ちょっぴり勇気が入ります。

 

f:id:mika-shimosawa:20160318155639j:plain

 

でもねー、そういう内容って反応が多いんです。

 

 

Twitterの「いいね♡」って、Facebookの「いいね!」よりちょっと重みが違うなって感じてます。

 

そしてこうやって投稿していると感じるのが「決まりきった定形型」を知りたいのではなく、いろんな見解を知りたいっていう人が多いような気がします。

私はこう思うんだけどどうなのかな。
その答え合わせ的な場を探している。

行動自体の答え合わせじゃなくて、方向性の見出し方みたいな感じかな。

そして、そこに取り入れていけるモノじゃなくて、取り入れていける「コト」を探しているって感じ。

 

f:id:mika-shimosawa:20160319154451j:plain

 

だからSNSの投稿内容って、気持ちに敏感になるんじゃないかな。
素の気持ちで取り組んでいくのがSNSの世界だって思うんです。 

 私は講座を通じてSNSの使い方や機能の説明をしていますけど、本当に知ってほしいのは人との気持ちの接し方。

 

人の気持ちって一番悩めることだけど...

仕事の一番の喜び、一番の楽しみを感じられるのは、やっぱり「人の気持ち」があってからこそなんです。

そして生きている間、ずっと付き合っていくことだから。

 

前職のスナック時代、アドバイザーとしての今の活動と、立つ舞台は変わるけど、自分の考えてる根底は変わらないんですよね〜。

 

人付き合いの参考になればいいな。

そう思ってTwitter投稿を続けていくので、よかったらフォローしてくださいね♪

twitter.com

それでは、また〜。