読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

理屈で理解できない時はカラダで覚える。とくに感覚ゴトはね。

下澤美香の考え 雑感

こんにちは〜。
シモサワです。

日々生きていると、いろんな出来事に遭遇しますよね〜。

f:id:mika-shimosawa:20160323001431j:plain

少々ツイていないなってことでも「こんなことがあったんですよー。」って投稿すると、いろんな方から励ましの言葉をもらったり、ちょっと笑えるようなコメントをもらって元気が出たり...

こういうやり取りができるのも、SNSの良さだな〜。そんなことを実感しています。

 

SNSの投稿を躊躇する理由。

「文章が書けない。」

「表現の仕方がわからない。」

こういった話をよく聞きます。

 

以前の私もそうでした。

 

でもね、書けないって思っているままじゃ踏み出せないし、仕方がわからないとそのままにしていたって...

はじめの一歩が出せないままじゃ、何も始まらないですよね。

 

ないなら、あるようにすればいい。

でも、どうすればいいのか?

踏み出す一歩が見つからない、やり方の学び方がわからない。

 

 

やり方を覚えるのにまず思いつくのは「勉強しよう」って思うんですけど、その勉強仕方を堅苦しいもので進めようと思うと、なかなか取り組みづらくなってしまいます。

堅苦しいのって、身につきにくいっていうのもあります。

 

 そう思った時に私が思いついたのは、「きっかけとなった人の行動を真似ること」でした。

f:id:mika-shimosawa:20160323200237j:plain

感覚に触れるということで理解できることがある

私がSNS発信をするようになったきっかけは、藤村先生の発信からでした。

www.ex-ma.com

はじめはFacebookの投稿しか見ていなかったんですけど、そのうちブログの存在を知って...

「読みやすい!」「分かり易い!」「どうしたらこうやって表現できるんだろう?」

理屈じゃ理解できない私は、ひたすら藤村先生のブログを毎日書き写すことにしました。

当時はそんな方法しか思いつかなかったんですよね〜。

とにかく「触れること」で理解を深めようとしてました。

 

投稿に対して足踏み状態な人に多い傾向は「誰かの行動を参考にする」ってことをしていない。
自分だけの思い込みで行動しようとするから、上手くいかない。

 

自分以外の人がしている行動って、参考になるものなんですよね。
とくに、自分の感覚が合いそうな人を参考にするって大事。

 

書き写すまではしなくてもいいけど、読むとか、見るとか。
そういったことで感覚を合わせていくようなイメージを持つと、それなりにやっていくことができます。

 

書けないから。
分からないから。

そのままにしておいたら人の気持ちって集まってこないので、まずは「真似でもいいからやってみよう。」そう考えることが大事だなって思います。

 

f:id:mika-shimosawa:20160323144731j:plain

そして、やり始めたら改善していく。ここが大きなポイント。
やりすすめるって、そういうことなんですよね。

感覚って眼に見えないけれど、鍛えることができるもの。

感覚のトレーニングっていうのが必要な時代だなって思います。

 

今日はこの辺で...

それではまた〜。