SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

自分を良く見せようとするから批判的要素が出ちゃうんだね。でも、それって逆効果。

こんにちは。
シモサワです。

Twitter投稿って内容的な要素が自由だから、いろんなことを投稿しています。
最近の文章投稿は「過去からの気づき」がテーマでした。(なんとなくテーマ決めしてます)

 

f:id:mika-shimosawa:20160330182437p:plain

 

若かりし頃の私って、とても生意気で...
人生全てを悟ってるよ!ぐらいな時がありました。
(今でもその癖がちょっと抜けてないかも...)

 

だからね、「自分が正しい!」って思い込んでいることが多くて。
自分とちょっとでも違う考えや行動する人に対して、大層な批判をしていました。

 

でも、それ自体が大きな間違いだったな〜。
批判ばかり繰り返していたら、考え方や視野がどんどん狭くなっちゃって...貧相なことしか思いつかないのは、心が貧しいからなんだっていうことに気づいたんです。

柔軟性がないから面白みにも欠けるしね。

 

そうなると、人間的魅力も欠けてしまうってこと。
それって、商売としては致命的ですよね。

 

なので自戒の念も入れながら投稿しました。

 

 でね、そこへの乗本さんからの言葉でもっと気づいたことがありました。

 

f:id:mika-shimosawa:20160306135630j:plain

批判することで自分を良く見せたいっていうこともあったかも ...

 

そうなんですよね~。
自分の人柄って良くしてみせるものじゃなくて、人柄を感じてもらって、そこから良し悪しの判断するってその相手次第なんですよね。

押しつけるものじゃない。

自分を過大評価しちゃうから、他の人を批判したくなってしまうのかもしれませんね。

 

自分のできていること。
自分に足りないこと。

そういうことをしっかり自覚して受け止めていけば、他の人の行動や思想に対してあれやこれやいうこともないんだと思います。

 

 

そうそう、いまふと思い出したんですけど、「人との絡みがあった出来事を面白がった表現で話す人」ほど業績が良いんですよね。

これは今も昔も変わらない。

愚痴や批判が多い人ほど業績も悪いですもん。
ネガティブ発想は人もお金も逃げっていってしまうんでしょうね。 

 

ヤバい、ヤバい。
気をつけようっと。

それでは、また〜。