SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

自分の「好きなコト」を考えてみる。

こんにちは。
シモサワです。

1つのことに夢中になりだすと寝食を忘れて没頭するタイプです。
それが良いとするときもあれば、悪いとするときもあります。

例えば...仕事の締め切りは必ず守る。そのために没頭する。
かたや、たまたま見つけたドラマや漫画が気になってしまって、全部終わるまで見てしまう。

こうやって自分の行動を振り返ってみると、めちゃくちゃバランス悪いな〜って考えてしまうんですよね〜。

f:id:mika-shimosawa:20160410195118j:plain

 

さてさて、今日はふと思いついたことを書きますね。

昨日、エクスマセミナーの募集が告知されました。
今回のテーマは「好き」

www.ex-ma.com

好きなことを仕事にしたら仕事の質は高まる
好きなお客さまだけとビジネスをするとよろこばれる
好きなスタッフを仕事をしたら楽しくなる

好きってことは最強なことなんです。

 

じつは私、自分に好きなコトが無いなって思っていたんです。
というのも、明確になった好きな対象事、対象物がないから。

だから自信をもって「これが好きなんです!」っていうことがないんですよね〜。

でね、無いって無力だな〜って考えちゃう。

ま、そこが自信を無くしてしまう原因にもなってしまうんです。

 

で、そうやって考えていくと「好きなコト」あるって最強だなと思うんです。

 

そもそも行動する原動力は「自分が良いと感じるから」であって、その根源には少なからず「好き」が隠れているはず。

隠れているから、自分が気づいていないだけなのかもしれない...

 

私みたいに好きと感じる対象が漠然としていればいているほど、気づきにくいんじゃないかな。

そんなふうに思います。

 

私は雰囲気とか感覚とか、感性とか...それが乗っかった時間や空間が好きなんです。
(めっちゃわかりにくいでしょ?(笑))

そこで楽しそうに過ごしている人たちを見るのが好き。

で、それを創りだす人達がすごく気になる。

「どうやったらそんなことを考えつくの?」
「何を見たらそういう感覚が持てるの?」

楽しみゴトを創りだせる人に物凄〜く惹かれるんですよね。

エクスマは藤村先生をはじめ、楽しむ達人ばかり。

 

好きという感覚があるから、物事を楽しめる。
好きという感覚が、物事を楽しみにできる。

 

f:id:mika-shimosawa:20160419151326j:plain

そうやって考えてみると、好きなコトがなくても、好きという感覚を磨けばいいだけなんですよね。
感覚を磨くっていうのは、深く感じていけばいいだけ。
ちょっとだけその場に立ち止まって、感覚を実感する時間の余裕を持てばいいんじゃないかな。

 

私みたいに、「好きなことが無いんですよね〜」って言う人も少なくない。
でも、無いんじゃなくて気づいていないだけ。

 

自分の好きなことは何なのか。
それを見つけるのも仕事をしていくうえで必要なこと。

自分の好きなことに気づいていない人にエクスマセミナーはオススメです♪

 

今ならまだ募集に間に合うんじゃないかな。(15:00時点でですけど)

 

「好き」の感覚をもっと自分の力にしていこう。
そんなことを思う、昼下がりです。

それでは、また。