SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

発信力を高めるのと、自分の言い分を正当化するのとは違う。

こんにちは〜。
シモサワです。

 

今日からゴールデンウィークなんですね〜。
家の周りがすごく静か〜。

休日って、音が少なくなるんです。動きが無いわけではないけれど、車の通りが極端に少なくなるから時間がゆっくり流れていく感じ。

そんななかですけど、絶賛仕事モードでブログの更新です。

 

 

日頃仕事をしていたり、日常を過ごすにあたり、自分の言い分って出てきますよね。
そして置かれている立場に責任が大きいほど、その言い分に正当性があるのか?っていうことを考えちゃう、そんな気がします。

言い分さえ正しければ、人はついてくる。

以前の私はそんなふうに考えていることがありました。

 

正当性を高めること、突き詰めること。
そんなことばかり考えてたんです。

 

f:id:mika-shimosawa:20160424151154j:plain

 

でも、人って正しさばかりを必要とはしていない。

正解という物自体、何なのか分からないですよね。

 

それよりも【楽しく続くもの】の方に惹かれるんじゃないかな。

【楽しく続くもの】に良さを感じている。

 

実際自分の行動理由を振り返ってみると、楽しさと継続性のあるものに惹かれています。

 

その正しさは何を生み出すのか?
その正しさでどんな気持ちが生まれるの?

 

そう考えてみると正しいって大切なことだけど、発展性に欠けるような感じがします。

 

楽しさはエネルギーを生み出し
継続は安心感、信用、信頼を生み出します。

どれも仕事には欠かせない要素ですよね。

ということは、仕事に繋げる発信には、正しさばかり主張するのではなく、エネルギーを生む楽しい要素、それを続けるという根気が必要ってこと。

 

f:id:mika-shimosawa:20160208150510j:plain

 

どうかするとすぐ人を正そうとする癖が抜けない私。
楽しみ要素をもっと磨いていかないとね。

連休中はお客さんとのやり取りが少なくなるので、そんな時間を作っていこうかなと思います。

 

それでは、また。