SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

愚痴や不満も人に伝えたいことの一つ。でも、そのまま相手に言っても伝わらない。

こんにちは〜。
シモサワです。

昨夜はひっさしぶりの焼き肉day〜〜〜♪
20年ぐらいお付き合いのあるお客さんとの恒例の食事会みたいなものでした。

f:id:mika-shimosawa:20160528111341j:plain

 

でも、今回はちょっと様子が違う〜。

というのも...そのお客さんと部下との食事会に参加するっていう形だったんですよね〜。
っていうか、顔合わせるまでその事情を知らなかったし...(汗)

 

ま、どんな場になっていても呼ばれている以上何かしら私の存在が必要ってことだし、その場にそれなりに対応できてしまうので(笑)私にとってはそこは大きな問題じゃなかったです。

美味しい焼き肉を食べることができて満足♪満足♪

f:id:mika-shimosawa:20160528111733j:plain

 

今日はこの食事会で気づいたことを書こうかなって思います。

愚痴や不満も人に伝えたいことの一つ。でも、そのまま相手に言っても伝わらない。

タイトルにつけたこの言葉。

人間誰しも自分なりに仕事を頑張っているし、そしてその頑張っている仕事の場では誰かしらと共に やっているものですよね。

そして、人間同士のことだからお互いに対して愚痴や不満というのは、多少なりとも出てくるもので、そこをいかに消化していくかっていうのも大切なことです。

 

消化させるには、何かしら表現していかなければいけない。
溜め込んじゃうと消化不良を起こしますからねー。

溜め込みすぎると、納めどころがみえなくなっちゃうんですよー。

 

じゃぁ、溜めないためにそのまま発散すればいいのか?といっても、それでは何の解決にもならないんです。

 

ぼやき上手、毒吐き上手な人は、ポジティブ表現を巧みに取り入れている

相手に理解してほしいから、愚痴ってしまう、不満が出てしまう。
もともと愚痴や不満っていうのは、ネガティブな表現になってしまうので、相手が受け取りにくいんです。
愚痴や不満が持つネガティブな空気感って曲者で、その空気がただよってくると、相手は内容を聞く前に気持ちにブロックしちゃうんですよー。

 

でもね、ぼやき上手、毒吐き上手な人っています。

笑って聞いているうちに「あ、そういうことか!!!」って、話の趣旨を気づけるようなことを言える人。

そういう人の表現って、ポジティブ表現だったりするわけです。

 

愚痴や不満の中に、笑いの要素を入れ込むって感じかな。もしくは笑える要素に愚痴や不満をアレンジして入れ込むような感じ。

それを聞いていると思わず感心します。

例えその1回で相手に気づいてもらえなくても、またネタを変えて繰り返すこともできるんです。

 

ポジティブ表現だから嫌味が無くなるし、聞きやすい。

聞きやすいってことは、気づきやすいし、受けとめやすいから、考えやすくなるってこと。

 

愚痴や不満も笑える要素を取り込むのが大事なんですよね〜。

そのためには負の感情に乗っからない姿勢も大事。
受け流す姿勢も必要ってことです。

 

f:id:mika-shimosawa:20160528115133j:plain

焼き肉のあとはお決まりのパターンでのカラオケ。

いつもはカラオケボックスなんですけど、今回はあるスナックに連れて行ってもらいました。

そしたら、このスナックが当りのお店で...

久しぶりに感じのいいお店に巡り会えて、めっちゃ楽しかった〜♪

おかげで昨夜は2時まで呑んじゃいました。(コーラだけど)

 

昨夜の余韻を楽しみながら、考えていたのはそんなことです。

それでは、また〜。