SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

和歌山城の写真をとっておきたくて…

こんにちは〜。
シモサワです。
 
5月19日に行った和歌山城
なにせ、初めての場所だからいろんな写真を撮ったんです。
撮ったはいいものの、使いみちがなくて...
 
でもとっておきたいので、ブログに残しておこうと思います。
 
だって、タイトルをつけるから、あとあと探しやすいでしょ?
こういうふうにブログを使うのもアリかなって思います♪

f:id:mika-shimosawa:20160604211359j:plain

f:id:mika-shimosawa:20160604211513j:plain

私がタクシーに降ろされた場所は「一の橋大手門」というところ。

和歌山城は敷地がものすごく広くて、入り口が4箇所ぐらいあります。(って、後で知ったんですけどねー。)

ちゃんと下調べしていかなかったので、天守閣までは辿りつけず...

二の丸広場をぐるっと散策した程度でした。

 

f:id:mika-shimosawa:20160604210922j:image
 
で、気になるのが塀や門に使われている「瓦」たち。
 
f:id:mika-shimosawa:20160604211000j:image
 
本葺瓦に紋瓦。
鬼瓦には徳川家の葵の御紋が入っています。
 
f:id:mika-shimosawa:20160604211019j:image
 
f:id:mika-shimosawa:20160604211040j:image
 
f:id:mika-shimosawa:20160604211051j:image
 
この写真はちょっと失敗しちゃったんだけど、紋瓦の配置が面白かった。
葵の御紋が入っているのと、違うご紋とミックスしてるの。

なんでこうなったのか...知りたいなー。
 
f:id:mika-shimosawa:20160604211104j:image
 
これは多分、井戸に蓋をしたものだと思われるけど...
蓋の仕方がちょっといい感じ♪
 
f:id:mika-shimosawa:20160604211126j:image
 
石垣の写真をいっぱい撮ったんだけどー、
消しちゃったー。残念。
でもさ、重機が無い時代に人力で、重たい石をたくさん積んで城の土台にするって、ものすごい労力かかりますよねー。
それが崩れることなく、時を超えて残っているというのも、すごい。
一つ一つ、人の手がかかっているんだな〜と思うと、人の力って凄いんだなーと改めて感じます。
f:id:mika-shimosawa:20160604211145j:image
 
これは、和歌山城の別名「虎伏山竹垣城」にちなんで作られた虎の像。
以前は銅で作られていたらしいんですけど、戦争中に回収されてしまって、石で作りなおされたようです。

f:id:mika-shimosawa:20160604211207j:plain

 
f:id:mika-shimosawa:20160604211224j:image
 
そのままもときた道、一の橋大手門に戻ろうとした時に目についたのがこの瓦屋根。
f:id:mika-shimosawa:20160604211246j:image
ここも多分井戸があったのかな?
私が気になったのは瓦屋根に付いている「巴蓋」
まん丸したものがあるでしょ?これが「巴蓋」です。
巴蓋とは本来、雨仕舞いの急所に蓋をする目的の瓦で、基本型には飾りはありません。
これに飾りをつけると、飾り巴蓋になります。
この丸さ加減がちょっとかわいい〜。
ただ載せてあるだけではなく、ちゃんとお役目があるんですよ♪
f:id:mika-shimosawa:20160604211306j:image
f:id:mika-shimosawa:20160604211332j:image
 
で、外堀通りに出て西の丸広場に向かいます。
f:id:mika-shimosawa:20160604211423j:image
そうすると、天守閣の撮影スポットがあります。
ここからの眺めしか知らないけれど、一番いい感じに撮れるんじゃないかなー。
f:id:mika-shimosawa:20160604211452j:image
f:id:mika-shimosawa:20160604211851j:image

https://www.instagram.com/p/BFkwbuumCkq/

天守閣までたどり着けなかった…残念無念っす(T . T)

 

通りにはツツジも咲いていて、その名の通り、花を添えてくれました。

 

また行ってみたいなー。

今度はしっかり下調べしてから行くぞーーー!