読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

私がエクスマを知ったきっかけと写経をした経緯。

こんにちは〜。
シモサワです。

ここのところ、過去の自分に会いに行くことが多いです。

Facebookの機能でも、過去投稿が出てくることがありますよね。

 

f:id:mika-shimosawa:20160707193851p:plain

当時はあまり考えることなく行動していた事を、後々振り返ると「このためにやっていたんだな」って気づくことがあります。

 

以前の私はとにかく動くことしかできず、考えるってあまりしていませんでした。っていうか...「動けば(行動すれば)なんとかなる!」って、思っていたんですよねー。

その行動の発端は「何のため」っていうことを深く考えていなかったんです。
だからね「何のためにやっているの?」って人に聞かれても...答えられない。

人に答えられないことをやってて、意味があるの?
そんな自問自答を繰り返すんですけど、わからないならわかるまでやればいい!という考えが強かったんです。

 

以前、スナックを経営している頃は考えるより先に体を動かす、行動することが大切だって思っていたんです。グズグズ考えている時間がもったいない。考える時間があれば、1本でも多くお客さんに連絡することが優先でした。
考える時間があれば、1杯でも多くビールを飲むことが優先。

f:id:mika-shimosawa:20160621191911j:plain

 

でも、そんな考えがだんだん通用しないような気がしてきたんです。
何かが違うんだろうなって思うようになってきた。

思うものの、感じるものの...実際にどうしていいのか、さっぱり分からない。
分からないっていうことは、自分に足りてないことがあるんろうな。

学歴も無いし、資格もないから、改善策が思いつけないんだろうって、自分を責めていたんですよね。

 

でね、自分の商売のやり方が通用していかないのなら、何かしら改善していかなきゃって思って、いろいろ考えてみたんです。

値引きキャンペーンしたり、イベントやったり。

でも、なんか違うから長続きしない。

思い切ってすべての単価を下げましょうって、スタッフに提案されたけど、それだけはしたくなかったんです。薄利多売に切り替えたとして、薄利にできても、多売する相手が作れないって思ったから。
薄利に切り替えたら、仕事に対する負荷が増えるだけだって感じてたから。

 

そんな経緯があって、自分に足りていないのは商売に関する勉強だって思いついて、商売に関する勉強をするにはどうすればいいの?って、周りのお客さんに聞いて教えてもらったんです。

「そういうことなら藤村先生がいいよ。あの人は商売に関することをいろいろ言っているし、無料で読めるメルマガがあるからいいんじゃない?」って...

 

当時の私って、パソコンは持っているものの、インターネットを使うのは店の備品を買う程度でしたし、スマホを買ったものの使い方がわからず、何度も捨てようって思っているところで、そんな状態だったから、メルマガ登録なんていう言葉すら知らなかったんです。

勉強するにも、勉強できる環境じゃなかったんですよね〜。

 

メルマガを読んでも、実際に何をしていけばいいのかわからない...
っていうか、そもそも、マーケティングって何???

そのことを教えてくれたお客さんに言ったら、今度は「藤村先生はFacebookやっているから友達になればいいんじゃない?」って教えてもらって...

またしても、Facebookって何?から始まり、アカウントをとって...ワケの分からない状態で友達申請をポチっ。

そしたら「友達に申請ありがとうございます!仲良くしてくださいね。」って返事をもらえたんです。その瞬間、「すごく良い人だーーー!」って思って、そして投稿をどんどん見るようになったんです。

 

とはいえ、投稿を見てもマーケティングが何なのか分からないし、商売繁盛に関するヒントってどこにあるのーーー?

そんなことを思いながら目に入ったのが「ブログを更新しました。」の文字。
「ブログって何だ?(旨いのか?(笑))ここだけ色が違う...何だろう。」って、ポチっとしたら画面が変わって、文章が出てきた!何々???

目にしたのは当時アメブロだった藤村先生のブログ記事。

f:id:mika-shimosawa:20160707203111p:plain

この記事を読んで、自分の状況に置き換えて考えてみたんです。

私は自分の仕事が大好きだし、来てくれるお客さんに対して一人一人気持ちを入れているし、お客さんが少しでも楽しいって感じてもらえたらって思うし...でも最後の「悦びがなければ仕事なんて価値がありません。」っていうところが気持ちに引っかかったんです。

好きな仕事をしているのに「仕事の悦びって何だろうな。」っていうことが、自分でわからなかったんです。 

自分が仕事の悦びを実感していないから...上手くいかないんじゃないの?
好きなくせに悦びがないのって、おかしいんじゃないの??
でも、ちゃんとやっているよね???

 

商売に対して大切にしていかなきゃいけない視点は理解できる。
でも、実際に何をどう始めたら良いのか分からない。

理解できているのに行動する矛先が見つけられないのは、真に理解していないからなんじゃないのか?それって、私が馬鹿な証拠だ。

馬鹿なりに理解するには、体で覚えるしかない!

 

そこで始めたのが、当時の藤村先生のブログを書き写すことだったんです。

本文を全部書き写して、その後に自分の感想を入れる。
それを2013年9月1日まで続けていました。

f:id:mika-shimosawa:20160707212727j:image

 

いまノートを数えたら、全部で14冊ありましたよ。
我ながら...よく書いたもんです(笑)

 

今思い出して、一番書き写すのが大変だったのが映画の話で【『マイレージマイライフ』を見てビジネスの気づき】でした。調べてみると1960文字だったんです。それまでのブログの文字数は800文字前後だったけど、このブログは手が痛くなったんですよね〜。
さらには、1日3記事更新されていたので、1日に3記事書き写すのも大変でした。

 

当時を振り返ると、自分の浅はかさにウンザリします。
何も考えず、ただ行動しただけだった日々。でも、行動してしまっているから変な自負もあったし、それがまた考えることへの妨げになっていたんですね〜。

はーーー、やれやれ。情けない自分が嫌になります。

 

でも...こうやって振り返りを繰り返すたびに。自分を責めていたこと、情けない自分が出せなかったことに気づき、自分のことしか考えていなかったことに気づきます。

 

悦びが実感できなかったのは、それを誰かと分かち合おうという気持ちがなかったから。
独りよがりでは、価値なんて作れっこないんですよね。

 

SNSを知って猛勉強を始めたのも、いま思えば「分かち合う気持ち」が足らなかったから、それを体で覚えようとしてたんです。

 

ただがむしゃらに、頭でっかちに勉強しても身につかない。
ちゃんと勉強する意味を自覚するって、大切なことです。

自覚が出ればね、人の問いかけに答えられるようになから、ちゃんと伝えることができるってことですから。

 

今日のブログは気持ちを整理することもあって、かなり長めになってしまいました。
ここまで読んでもらえて嬉しいです。

それでは、また。