SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

愚痴や不満は言っても解決しないもの。解決できないことは言わない。それが私の方針です。

こんにちは〜。
シモサワです。

エアコンの冷気にもっぱら弱いです(涙)
昨夜も頭とお腹がイタくなって撃沈。お風呂にゆ〜っくり入って一番寝たら復活しましたけど、暑くなるとともにエアコン対策をしっかりしておこうと身を持って知りました(;^ω^) 

f:id:mika-shimosawa:20160812102943j:image

今日のブログは私がデジタル発信で気をつけていることを書きますね。

デジタル発信に関して、FacebookTwitter、ブログ、この3つは必須でやっていった方がいいですよ、っていうお話をさせてもらっています。

でも、慣れないうちはFacebook、次にブログ。そしてTwitterという順番がいいと思うので、そう進めているんですが、本当に大切なのはその進める順番とか、使い方ではないんですよね。

一番大事なのは発信の意図を決めること。

その投稿で何を伝えたいのか、どう感じてほしいのか。
発信を続けることで、トータル的にどうしたいのか。

最初のうちは決められなくても、そういうことを意識していくことが大事。
はじめのうちに決めたことでも、やっていくうちに変えていくっていうのもアリです。

でね、発信を始めるにあたり何を投稿していいのか分からないというご相談が多いんですけど、まず日々の「楽しかったこと」「嬉しかったこと」を投稿してみてくださいってお話します。

 f:id:mika-shimosawa:20160812103051j:image

 

よく、愚痴や不満を投稿する人や、異議や抗議的なことをいう人がいますよね。
私はね、それってただ発信しただけではなんの解決にもつながらないと思うんです。

だから、言わない。

だって「不」を解決するのには行動が必要だから。

「不」を感じるなら、解決方法をまず探って行動して、それでも解決しないなら身近な人に相談すればいい。もしくは解決する方法に賛同してくれる人を探す。

なにはともあれ、行動することが先決だと思うんです。
自分が感じている不満は、自分でしか解決できないから。

 

自分でしか解決できないことを、他の人に言ったとしても、それを聞いた人はどうしてやりようもないじゃないですか。「そうなんですね~。」って声かけるぐらいしかできないし、話に乗っかれない。毎回そういった声かけはちょっとウンザリしちゃうしね。

そうなると「この人とは関わらないようにしよう」って思われちゃうわけです。

 

それに対し、楽しかったことや嬉しかった話は乗っかりやすいんです。
更に言うと、面白さがあるともっと乗っかりやすいですよね。

話に乗っかりやすいって、気持ちが近づきやすいんです。

f:id:mika-shimosawa:20160812103019j:image
(顔ハメ自撮りはなかなか難しいっす...見かけると思わずやりたくなる、顔ハメ看板(笑)))

だから、私は愚痴や不満は投稿しないようにしています。
それよりも、今日あった出来事で「楽しかったこと」「嬉しかったこと」「ほっこりしたこと」を投稿する。

それらをもとに人と楽しめる要素を見つけ出して膨らめていくことが、結局商売に繋がるってことなんです。

日々の中でそれらを感じていないとしたら、それはそれで問題がありますよね。
つまらなさそうな商売って心惹かれないし、義務感だけの商売にも心に惹かれないですもん。

そもそも、心惹かれないものにはお金を払ってもらえないんです。

 

面白い投稿をしないといけない。
そう気構えちゃう人もいますけど、SNSは気構えて使うと苦しくなります。

今日一日を振り返って、こんなことが楽しかったよ。
今度は一緒に楽しもうね。

そんな気持ちでお客さんや友達に話しかけていけばいいんじゃないかな。

まずはコミュニケーションしていくってことですから。

コミュニケーションは自分が思い描いたような形になっていかないものですけど、関わる人がいないと形にもならないし、自分の趣旨も伝わらないですよね。

関わった人たちと作っていくのが自分のコミュニケーションの形になるんだと、そう思います。

 

そのためには、いまこの瞬間を楽しむ、喜ぶってことが大切なんです。

 

夏は短いですからね、考えている間に過ぎて行っちゃいます。
楽しむ瞬間を増やすために、私は体調管理をしっかりしていきたいと思います^^

それでは、また〜。