SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

事前準備の心構えに必要なこと。

こんにちは~。
シモサワです。

今週末のセミナーに向けての準備がやっと整いました^^
は〜。ひと安心。

f:id:mika-shimosawa:20160901204957j:image

思うんですけどね、準備不足って焦る原因になります。
準備万端で満足してしまってもダメだし...

個人相談でも、大勢の人の前で話すにも、準備がないとその場から楽しみが見つけられないものなんですよね。

準備って、資料を集めるもの準備だし、その場に行く心構えも準備のうち。
そして使う機材を揃えるのも準備ですよね。

 

私ね、以前はこの準備をするのは場を治めるためのものって、捉えていたような気がします。
いま思うと、お店をやっている時もそういう傾向が出ていたかもしれないです。

場を治めるって適切な言葉じゃないかもだけど、お客さんを納得させようっていう気持ちが強かったんじゃないかって...

納得させるってよくよく考えると、めっちゃおこがましい行為だし、説き伏せられたって人の気持ちって動かないものですよね。

 

それより何より、嬉しいとか、楽しいとか...そういう気持ちが動く要素のほうが大切なんじゃないかと思うわけです。

で、そういう場にできるように事前準備ってするものじゃないかと...

 

そう考えるようになってから、当日を迎えるってことが楽しみに思えるようになったし、「〜したらどうしよう。」的な不安が出なくなりました。

気負いがなくなってきたって感じです。

 f:id:mika-shimosawa:20160901205016j:image

お店やっている時、スタッフに総スカンを食らったことがありました。(突然全員辞めちゃうってことね。)これには陰謀があったんですけど、この話をすると長くなるので、リアルに会った時、興味がある方にだけお話しますね〜。

スタッフがいない中で40人近くの2次会の予約が入っていたんです。

たった1人で40人分って...結構ハードです(汗)

一応お客さんにその旨を伝えて、こちらの手落ちだからキャンセルでも仕方がないな〜って思っていたんですけど、お客さんは気にしないからってことでその日の予約は続行となったんです。

1人でできる準備をできるだけするんですけど、不安だらけ。手落ちがないかとか、料理は足りるかとか、グラスは大丈夫かとか...

でも、直前になって「この場所に何を求めてお客さんがやってくるのか。」ってふと考えたら、その瞬間、その不安感がスーッと消えちゃったんですよね。

酒や料理を楽しみに来るわけじゃないし、(多少はあるけど)みんなで気楽にワイワイしたいからなんじゃん、って。

私が気負っていたら、お客さんは気楽にできないじゃん。
その場で何かあったら対応できるはずじゃん、私の店だし。

とある意味ハラをくくったら、大成功な場になりました。

 

上手く言えないけど、準備に自分の理想を入れ過ぎたらいけないんだなって思います。理想を持つことも大事だけどね。

それよりも、今の時点での自分の精を尽くせることを考えたほうがいい。
それで、少しでも楽しんでもらえるようなことを考えたほうがいい。

 

準備を終えて一段落して、思ったのはそんなことでした。

それでは、また〜。