読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

仲間を増やしたいという想いが結果的に売上アップに繋がる。

お客さんのこと

こんにちは。
シモサワです。

毎月通っている浜松市佐久間町の床屋さん、乗本さんとのお付き合いも思い起こせばもう1年にもなるんですよ〜。

あっという間な1年ですけど、振り返ってみるととても充実した1年です。

f:id:mika-shimosawa:20160915090454j:plain

じつはリアルに会うのは1ヶ月に1回ですけど、メッセージのやり取りはかなり多いです。1年前なんて、1日に何回やり取りするんだー!っていうくらいでしたから。

最初はスマホの使い方、パソコンの使い方、SNSの仕組みがさっぱり分からなかった乗本さんですが、今ではバリバリ使いこなすようになっています。

特に目を見張るのがブログ。

最初のうちは「何を書いていいのか分からない。」「文章力がない」「書くという習慣がない」という状態だったのに、いまでは「ブログを書くのが楽しい!」っておっしゃってます。

その言葉を聞くと本当に嬉しいです。

さらにもっと嬉しいのが、そのブログを乗本さんのお客さんが見てくれていること。そして、SNSでつながった人たちがそのブログで乗本さんの人柄に共感して、わざわざ2時間も3時間もかけて乗本さんのお店に訪れてくれること。

これって、乗本さんのお客さんが増えたってことです。

ayuturi40.hatenablog.com

 

私は売上を上げるということは、お客さんを増やすことだって考えています。
もともとスナックの仕事をしてきたせいもありますが、お客さんがいなければ商売にならないと思っているので、まずは「自分のお客さんを作る」っていう考え方を持っています。自分のお客さんっていうのは、自分がそのお客さんを担当するっていうことで、担当するにあたり、お客さん自身をよく知るっていうことが必要になってきます。

だから、お客さんを増やすといっても顔見知りの人を増やすのではなくて、お互いをよく知る仲になれる人を増やすってことです。数も大事だけど、数だけではないんですよね。

その仲で通ずる内容が濃いってこと。

 f:id:mika-shimosawa:20160915090539j:image

そういう仲になるためにブログって本当に必要なものだなって思います。
深い仲になればなるほど、そのお付き合いの質が濃くなりますし、話も通じやすい。だから過剰な勧誘をしなくてもいいし...自然な気持ちでお客さんに接することができるんです。

自分の考えや、言い分が通じやすくなるって感じかな。

人が集まるっていうことは、人の想いが集まるということ。
ただ集まるのではなく、主軸のものがあるからこそ共感が生まれ、そこに集まるということですよね。

今までの目的は商売に繋げたいということでしたが、ブログを書き続けてきて、自分と同じ思いやものを共感できる仲間を作りたいといことが理由なんだなってわかりました。これからが勝負です。自分と共感できる仲間を増やして楽しいコミュニティーを作ります。

乗本さんのこの1年の歩みを見ていてそんなことを感じました。

それでは、また。