読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

Facebookページの投稿も「個人」を出したほうがいい。

Facebook コミュニケーション 店舗 活用法

こんにちは。
シモサワです〜。

私がするSNS講座っていうのは、メインの時間も大事だけど、その後の懇親会での質問とか、ボヤキとか(笑)そういうところも大切にしています。

f:id:mika-shimosawa:20161006133314j:image

かしこまった場では、自分の意見や疑問点っていうのを言いづらいですもんね。とくにSNSに関することっていうのは、自分以外の人はみんなちゃんと知っているんじゃないかっていう思い込みもあって、なかなか言い出せないようです。

というわけで、今日も質問があったことをブログに書きますね。

「えーーー?またー?」
と思われるかもですけど...私もこうやってブログに書いておかないと忘れちゃいますもん(汗)

Facebookページ(企業ページ)はどうやって使えばいいですか?

という、なかなかハードルの高い(笑)質問がありました。
コレといった正解例、定形型はありませんけど、私が考えることをお話していきますね。

Facebookページは企業ページともいわれるせいか、会社の紹介や店舗紹介、商品紹介ばかりをしがちですよね。でも...会社や店舗、商品とは見た人との意思の疎通ってはかれないものなんです。

というか、SNS発信は基本的にアピールする場ではないんです。その発信で分かち合う場所。
気持ちや体験を分かち合うというのは、人間同士じゃないとできないですよね。だから人の気持ちを通じた言葉がとっても大切になってくるんです。説明的な文章は気持ちに届かないし、気にかけるきっかけにもなりません。

人の気持ちって不思議なもので、「こんにちは。今日はちょっと冷え込んできましたね。」みたいに話しかけられると、つい反応したり、その話の続きを聞こうとする体制に入ります。そして、その発信をする人が名前を名乗ってもらうことで安心感も出ます。

私がある食品会社の営業マンだったら...という想定で投稿を考えてみました。

こんにちは!◯◯商事のシモサワ美香です。今日の朝は寝坊して危うく遅刻しそうでしたけど、なんとか間に合いました。お酒もホドホドが良い加減が必要なんだとちょっと反省中です。

さてさて、今日の商談で気になったのは味噌。二日酔いには味噌汁がいいってよく聞きますよね。味噌にはアルコールの排出に役立つ成分が含まれているからなんだそうです。それだけではなくこの味噌には手作りならではの風味があって、そのまま食べてもすごく美味しいなって思いました。

この美味しさを味噌汁が好きな方にぜひ味わってほしいので、取り扱うことを決めようかと思います。詳細はまた後日ご報告しますね。

あ、そうそう。味噌汁の具材にこだわりはありますか?僕のイチオシ具材は「あおさのり」めちゃウマで最近ハマっています!
他にもこんな具材がいいよってありましたら、教えてくださいね!

f:id:mika-shimosawa:20161006132453j:plain

勧めるのなら、勧める理由だけではなく勧める人個人的な意見も織り込むのが大切。

商品を勧めるというのは、その相手の趣味嗜好を知っているからこそできることなんだって思うんです。その知っていることが相手へのアプローチの理由付けにつながっていきます。
単なる自分の思い込みで説明しても相手の気持ちには届きませんから。

f:id:mika-shimosawa:20161006133418j:image

顔を出し、名を名乗るといった個人を出すことで、相手の方も気づいてくれます。発信を見てもらうきっかけは、先ず「誰が」っていうことが大事だと思います。

見てもらうきっかけ、気にしてくれる理由というのはこういった些細なことにあると思いますよ。
だから、人への関心を高めないとこういった些細なことに気づけない...そういうことです。

今回の投稿例は私が勝手に妄想して仕立てたものです。皆さんのご商売には、皆さんならではの理由があると思いますので、それを見つけてみてくださいね。

参考になれば嬉しいです。

それではまた~。