読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

SNSを使っていくのなら、その良さを実感できるまで使ってほしい。

SNSのこと 下澤美香の考え

こんにちは〜。
シモサワです。

誰かのオススメや、大好きな人の影響でやり始めることってありますよね。
最初のうちはよくわからないながらも、その相手がその良さを実感している様子を見るから、なんとなくでも「やってみようかな」って、まずは取り掛かってみます。

でも...それを途中でやめてしまうのは「良さを実感できないから」なんですよね。

これは何にでも、どんなことでも言えること。
仕事だって、趣味だって、続かない原因はそこにあると思うんです。

あ、あとね現状で満足しているからっていうこともあります。今以上のことをしなくても困らないからいいやって。困ったときには何かしら対処できるからいいだろうって。

SNS活用は習慣レベルになるまでやらないとその良さは実感できない

私はビビりなので、何の知識もないまま困難なことに立ち向かうのはコワいから、いろんなことを知ろうとします。その中で「これはやっておいたほうがいいな」ってことを取り入れていく。取り入れるからには日常の習慣レベルになるまでやる、そんな方針です。

f:id:mika-shimosawa:20161027105224j:plain

SNSの使い方もそうです。

最初は操作の仕方もわからない、その理屈も理解できない状態でしたけど、やっている人たちが楽しそうにしているのを見て、人は楽しい場に集まるから、楽しい場を作るのに必要だなって思ったんです。知識ゼロ、いままで関心すら持ったことのないデジタルの世界でしたけど、人の気持を繋げられるんだろうなっていう目測で使い始めました。

道具的なモノを動かすのはカンタンですけど、人の気持ちに近づくって片手間仕事ではできないもの。でも、毎日やるからだんだんと理解できるようになり、理解できるから良さも悪さも実感できようになりました。

SNS活用に関心がある人には良さを実感して欲しい

私はSNS活用の依頼があるとまず「毎日発信してください」ということをお願いするようにしています。

毎日やらないと、上手くいかない理由も見つけられないし、良いところ、悪いところが見つけられないからどの辺を改善すればいいのかわからない。
日々繰り返していくから使い方が身につきやすいし、身につけばやり方の工夫もできます。

でも、良さの実感につながるのはやり方や動作じゃないんですよね。

SNSという場に入って、自分の存在感を確立していく。
ここに行かないと良さって本当に実感できないんですよね。

人が集まる場所に佇んでいるだけでは実感できない。
会話して、交流するから良さにつながる、人付き合いってそういうものでしょ?

f:id:mika-shimosawa:20161027105932j:image

私ね、SNSの使い方に慣れたときに転校した時のことを思い出しました。
小学校の頃6回ぐらい転校したんですけど、そのクラスに馴染むためにしたこととSNSの場に馴染むためにすることとすっごく似ているなって思ったんです。
転校じゃなくても、クラス替えだったり、進学して新しいクラスになったときでも同じ感覚かな。新しい場に馴染むために、そこにいる人たちと仲良くしていこうっていう気持ちやどの人となら仲良くなれそうかなって考えたときの気持ち。SNSに馴染むにはこの気持ちを思い出すといいかなって思います。

SNS活用に大事なのは、使い方を覚えることじゃなくて、気持ちを寄せるという考えを持つこと。

せっかくSNSを使っていくのなら、その良さを実感できるまで使ってほしいな。そのためのお手伝いをしっかりさせていただきますね。

それでは、また〜。