読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

ながい人生、生きていりゃいろんなことがある。良いことも悪いこともね。

下澤美香について

こんにちは〜。
シモサワです。

今週は出張が入っていなかったのでずっと地元にいました。
地元にいるとデスクワーク中心となるのですが、今週は1日の半分を仕事、半分を身の回りのことに使っていました。

というのもですね、来月から同居人が来ることになって一部屋空けなければいけなくなったので、家中の片付けをしてました。

f:id:mika-shimosawa:20161030120523j:image

私が住んでいるアパートは2LDK。独り暮らしにはちょっと広い間取りです。ですが、前職のときと今の仕事と並行して一部屋を事務所にしてあるんです。なので生活空間は1LDK扱いなんですよね。

先日、このアパートの契約更新をしてきました。契約更新は2年に1度のことで、今回で5回目。トータルで10年住んでいるんですが、私にとって10年同じところに住み続けるのって人生の中で最高記録です。

今回、家具の移動とか、クローゼットの奥深くにしまいこんであるものを引っ張り出したりと、引っ越しするのか?!というぐらいの大規模な模様替えだったんですけどね、まー、思っていた以上にいろんなものが出てくる出てくる(笑)

常日頃から整理整頓していないと気がすまない性分なんですが、整理しきれないものって案外あるものなんですねー。

「いつか使うだろう」的な考えが結局ものを残す原因になるんですが、こうやって引っ張る出してみると結果的には使わなくなるものなんですよねー。

 以前の店で使っていた小物飾りたち。f:id:mika-shimosawa:20161030112018j:image

20年前にお客さんにもらった小物たち。

f:id:mika-shimosawa:20161030112037j:image

使わなくなったバッグとか、毎年のスケジュール帳とか。
こういう自分の足跡的なものがなかなか捨てられないんですよねー。挙句の果てにはその中には当時持ち歩いていた写真が入ってたりするもので...

これはライブ後の打ち上げでの1枚。
クリスタルキングの田中さんと、元たのきんトリオの野村のよっちゃんたちのバンドが飯田に来たときに撮ってもらったもの。芸能人と親しくさせてもらうのって初めてのことで、ミーハー気分満載でした♪

と思えば、浜田省吾のライブに行って買ったステッカー、使うのがもったいなくてしまいこんでいたり(笑)

 こんな調子で、当時の思い出の品がワンサカ出てきました。

 

そして私の人生が大きく変わるきっかけとなった、お医者さんとの思い出の品も 。

職業柄、胃痛持ちだった私。
35歳のときにたまたま行ったお医者さんが内視鏡のウデが良い人で、普通のお医者さんだったら見つけられないレベルの初期ガンを見つけてもらえました。

このお医者さんは写真が趣味の方で、いま思うとレンズ越しに見るということが得意だったんでしょうね。レンズ越しから見える景色を見逃さない、そういうタイプの方に出会えたことで私は一命をとりとめたと言っても過言ではないと思っています。

私が発症したガンはちょっと厄介なタイプだったんで、発見が遅れていたらと考えると今でもゾッとします。結果的に胃切除で事なきを得ましたが、こうやって思えるようになったのはつい最近です。以前のように体が動かないことを悩んだ時期があって...手術したことを後悔したこともありました。

でも、この写真を見たら...改めてこの先生との出会いに感謝で、この先生とはもう会えないのがちょっと悲しくて...

なんだかいろんな思いがこみあげてきちゃいました。

ながい人生、生きてりゃいろんなことが起きます。私の場合はちょっと起きすぎですけど(笑)良いことばかりだけではなく、悪いこともあるし、傷つけられたこともあれば、傷つけたこともあります。中には無かったことにしたいことも。

 

でも、この歩んできたことは全て私の身になっていることです。無かったことにはできない。だったら、その中から自分なりに教訓を見出し、良かったことは繰り返して良いことにして、悪かったことは二度としなければいいだけです。

楽しい、良い連鎖は続け、悲しくツラい悪い連鎖は止める。

それを他の人に強制はできないけれど、私だけでもそう思って行動していけばいいじゃんね。タイムカプセル的なクローゼットを開けて、整理しながらそんなことを感じた日でした。

おかげさまで整理が終わって、あとはキレイに掃除するだけ。
ゴミ袋10袋分の思い出に浸りながら、完成させようと思います♪

それでは、また〜。