読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

SNS投稿につけたハッシュタグ、そのままにしていたらもったいないよ〜!

SNSのこと 使い方 活用法

こんにちは。
シモサワです。

 TwitterInstagramに投稿するとき、ハッシュタグをつける方が多いですよね。以前に比べるとハッシュタグの言葉のバリエーションも増えてきて、私なんか「なるほどな〜。」なんて感心しまくり状態です(笑)

あ、ハッシュタグって何??? という方のために軽くおさらいしておきますね。

ハッシュタグとは。
大量の投稿の中で「その投稿を見つけやすいようにタグ(目印)をつける」というのがハッシュタグの役目。その投稿から連想できる関連する言葉(キーワード)を半角シャープのあとにつける、これがハッシュタグです。

 主にコトつながり中心のInstagramTwitterで使われています。

で、InstagramTwitterって、自分から他の人に絡んでいかないと自分の投稿っていうのはなかなか見てもらえないところ。
そうはいっても、何を基準に他に人に絡んでいいのか分からないってこともありますよね。そんなときも使えるのがハッシュタグなんです。

投稿につけたハッシュタグ、そのままにしていたらもったいない!

どういうことかといいますと...
投稿文の後や、文中にハッシュタグをつける、投稿する。この一連の動作で終了してしまう方が結構多いんですよね。
ハッシュタグというのは、同じハッシュタグをつけた人の投稿をまとめるという機能があります。

f:id:mika-shimosawa:20170124194343p:plain

ということは、自分と同じハッシュタグをつけた投稿をカンタンに見れるってことなんです。

自分がつけたハッシュタグをポチッとすると、そのハッシュタグがついた投稿が一覧表示されます。

f:id:mika-shimosawa:20170124195333p:plain

この機能はInstagramTwitterFacebookにあります。(ただし、Facebookはあまりハッシュタグ文化が発達していないのと検索機能が良くないので、使われることが少ないです。)

自分がつけたハッシュタグで仲間を増やせる

一日の終りには晩酌が欠かせない乗本さん。
晩酌って、一人でチビチビやるより仲間がいたほうが気分が盛り上がりますよね〜。

そして、乗本さんはサッポロビールの「黒ラベル」しか飲まないんですって(笑)
となると、黒ラベル好きな人と気が合うかもしれないってこと。
晩酌のつまみも目で楽しみたいですよね〜。

そんな趣旨でつけているハッシュタグが「#サッポロビール #黒ラベル #晩酌 」です。

f:id:mika-shimosawa:20170124194453p:plain

で、自分の晩酌を投稿して、そのあと自分がつけたハッシュタグ投稿の一覧を見ます。

f:id:mika-shimosawa:20170124195005p:plain

f:id:mika-shimosawa:20170124194635p:plain

f:id:mika-shimosawa:20170124195211p:plain

f:id:mika-shimosawa:20170124195241p:plain

この中から「いいな」と思った投稿にアクションしていくってことです。

たったこれだけのことですけど、やるとやらないとでは投稿の反応が全く違ってきます。

せっかく考えてつけたハッシュタグですから、交流のもとにしないともったいないってことです。

つけっぱなし、やりっぱなしの「ぱなしさん」だと、投稿を見てもらえませんから〜。

SNSの投稿にハッシュタグをつけたら、ぜひやってほしいなって思います。
あ、これも投稿したらやる、ぐらいの継続が必要ですので、続けてやっていってくださいね〜。

それでは、また。