読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

モノという形あるものを提供できる人は素適だなと思う。

こんにちは。
シモサワです。

いろんな職種の方の発信のお手伝いをさせていただきながら、ふと思うことがあります。
「モノを売れる人って素適だな」と。

そのモノを手にとることでお客さんが喜んでくれる。
モノというものがあると気持ちを介しやすいし、モノという共通部分があるから気持ちを共有しやすい、モノがあるから表現しやすい。

それが...もの凄ーく羨ましく思うときがあります。

 f:id:mika-shimosawa:20170206174659j:image

自分の思い込みでいろいろ悩むこともある。でも正解はお客さんの態度が持ってきてくれるもの。

これを思うのは、いまに始まったことではなくて、スナックをやっているときから。

スナックって、モノ自体を売ることが目的じゃないんですよね。
そこの滞在してもうためにモノをたまたま出すって感じで...実態がないものを提供するので、それはそれで悩ましいことがたくさんありました。

f:id:mika-shimosawa:20170126222708j:plain

きっと、モノを売っている人から見たら、私の商売って、めっちゃうさん臭く感じるんだろうな〜って...思うこともあります。

形があるものは、その経緯がわかりやすい、だから信用されやすい。
形のないものは、その経緯がわかりにくく、信用されにくい。

そんな風に考えることもありました。

でも、信用とか信頼っていうのはまた違った点からされるもの。

こういうことをお客さんの言葉や、態度から教えてもらえました。
商売って、お客さんが喜んでくれてナンボの世界なんですよね。

SNSはお客さんの喜んだ姿を実感しやすい場

SNSはコミュニケーションする道具ですよ〜ってことを何度も言っていますが、SNSを使えばコミュニケーション自体が上手くいくとも限りません。そもそもコミュニケーション自体、じっくり時間かけていくものだし、お互いの気持ちを交わしながら育てていくもの。いきなり投稿したから全てがうまくいく、そういうものじゃないですよね。

でも、育てていくことで気持ちを交わす場にできる、交わした気持ちをまた育てていく。そういったことができます。

f:id:mika-shimosawa:20170206174750j:image

で、最初の話に戻るんですけど、SNS投稿って、写真がつけられますよね。
モノって、写真にしやすいじゃないですか。ってことは、投稿しやすいんですよね。
そして、もちろん文章投稿もできるから、嬉しい感想も入れてもらえる。

それを見るのって、提供する側からしたらすごく嬉しいことですよね。
お客さんの声を実感しやすいのって、すごく良いことだなって思います。

 

今日は朝からいろんな情報を探すお仕事をしていたんですけど、そのなかでいろんなユーザーさんの声を見かけたり、お客さんとその先のお客さんのやり取りをみたら、ほっこり気分になれました。

嬉しい気持ち、楽しい気持ちがもっとつなぎ合ったらいいな。

今日はそんなことを思うのでした。

それでは、また〜。