SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

飯田市立動物園の入り口にある紅梅。樹齢260年モノです。

こんにちは。
シモサワです。

今年の春はなかなか暖かくならないですねー。
春だからと油断して薄着したらクシャミが止まらないです(;^ω^)
あ。クシャミというと花粉症じゃないか?って言われますけど、春の花粉症には強い体質です。(秋は2週間ほどヤラれますけど...)

今日は密かに続けているダイエット作戦のため、市内のボディエステ店に行ってきました。

f:id:mika-shimosawa:20170326105557j:image

この辺の地域は車社会なので、お店に行くにもドアtoドアで、店舗は駐車場完備のところが多いです。特に郊外店は駐車場がないとキビシイ。

でも、市内は駐車場がないお店が多いんです。
その代わり市営駐車場が増えているので、一昔前に比べると楽になったなぁって感じます。

いつもはお店に近い駐車場を選んでしまうんですけど、今日はちょっとだけ遠回りしてみようかと違う駐車場に車を停めてぶらぶら散歩しました。

飯田市立動物園が意外と人気

今回停めたのは扇町駐車場。Google マップ

ここは桜シーズンの絶好のお花見スポット。
今年の桜の様子を見ようかなとも思って停めたんですけど、桜にはまだまだ早いようでした。

この駐車場の隣には飯田市立動物園があります。

iidazoo.jp

古くからある動物園なんですけど、私が若い頃はイメージが悪くて...行ったことがないんですよね。いつも通りかかると「ホントにやっているのか?」って思うほど静かだったし。

でも、ローカルテレビで紹介されていたり、甥っ子ちゃんたちが行っているのをきいて、雰囲気が変わったらしいことはなんとなく知っていたので、柵から覗いてみたら、園内は若いカップルや親子連れで賑わっていました。

f:id:mika-shimosawa:20170326105733j:image

入園料は無料なので誰でも気軽に入れます。
そうはいっても...入る勇気がない私(笑)

その代わり、入り口にある立派な紅梅を見てきましたよ。

f:id:mika-shimosawa:20170326105625j:image

樹齢260年の紅梅

飯田市立動物園の入り口にある紅梅は樹齢260年だそうです。

その昔、飯田藩に仕えていた藩士のお庭にあったのを移植したもの。江戸時代後期からの樹です。

f:id:mika-shimosawa:20170326105645j:image

f:id:mika-shimosawa:20170326105701j:plain

f:id:mika-shimosawa:20170326105903j:image

幹の部分から小枝が出てきているのを見ると、樹の生命力を感じます。

花はなんでキレイなのか。
なぜ繰り返し花を咲かせるのか。

ちょっと小難しいことを考えたくもなりますけど、綺麗だな、素敵だなと思う瞬間にはそんな理屈はいらないですよね。

ただそこにある姿を愉しむ。
それだけでなんだか穏やかな気持ちになれました^^

そして動物園の向かいにあるりんご並木にも梅の花が。
この梅はよく梅柄に出てくる花のつき方をしてました。

f:id:mika-shimosawa:20170326105815j:image

 説明書きがないから種類がわからないけど、梅の花にもいろいろ種類があってそれぞれの咲き方が楽しめましたよ。

 f:id:mika-shimosawa:20170326105912j:image

f:id:mika-shimosawa:20170326105809j:plain

これも梅かなぁ?

お花見といえば桜がメインですけど、梅も見応えあっていいなと思った土曜日でした。

それでは、また^^