SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

お気に入りの人のブログ更新を見逃さないサービス「feedly(フィードリー)」のご紹介です。

こんにちは。
シモサワです。

みなさんは気になる人のブログの更新状況をどうやって知ってますか?
FacebookTwitter投稿でブログの更新を知ることもできますけど、それは書き手さんが投稿しないと知ることができないですよね。

ブログが更新されているかどうか?というのは、基本的にそのブログサイトにいかないと更新状況を知ることができません。

読者登録で更新状況のメールを受け取ることもできますが、ブログごとの通知は意外と時間を取られちゃったりもします。

私の場合、ブログの閲覧時間をまとめて取るようにしているんですけど、そのときは「feedly(フィードリー)」というサービスを使っています。

f:id:mika-shimosawa:20170502151909p:plain

この「feedly(フィードリー)」というのは、登録したブログサイトの更新状況が一括表示されるものです。
なので、一気に更新されたブログや情報を見ることができます。

f:id:mika-shimosawa:20170502151931p:plain

feedly(フィードリー)の使い方

アカウント作成

feedly(フィードリー)のサイトにアクセスしてアカウントを作成します。

feedly.com

登録はメールアドレス、もしくはFacebookTwitterGoogleのアカウントでもできます。(SNSのアカウントのほうが入力の手間が省けるのでカンタンです。)

お気に入りのブログサイトを登録する

アカウントが作成されるとホーム画面ができます。
このホーム画面に表示されるサイトは自分でカスタマイズしていく必要があります。

気に入っているブログサイトのトップURLをコピーして、登録していきます。
登録したサイトを項目ごとに振り分けておくと閲覧もしやすくなります。

詳しい使い方はこちらを参考にしてみてください。

wakarukoto.com

スマホ版もあるので連動できます。

こういったWebサービスはパソコンしか使えないの?と思う方も多いですけど、スマホアプリもあります。アカウントで共有できるので、パソコンで設定しておいて、スマホでチェックするということができます。

Feedly - Get Smarter

Feedly - Get Smarter

  • DevHD
  • ニュース
  • 無料

さいごに

日々の情報収集って本当に手間がかかります。
なるべくなら、効率よくしていきたいところですよね。

効率を良くして、質のいい情報を集めるにはいろんなWebサービスを組み合わせて使っていくといいかと思います。

私はこの「feedly(フィードリー)」を使うのは、自分が好きな人の情報発信を見逃さないため。

「情報」は知るためのものですけど、その情報自体を自分なりに分類していくと情報に振り回されにくくなるんじゃないかな。その分類にこのサービスは使いやすいなって思います。

よかったら使ってみてくださいね。

それでは、また。