SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

お金に帰ってきてほしいから、お金は大切に扱うようにしています。

こんにちは。
シモサワです。

コンビニやスーパーでレジ精算でお釣りをもらうとき、釣り銭にお札が入ると必ずチェックしちゃいます。

f:id:mika-shimosawa:20170523135628j:image

というのも、たまに破れたお札とか、くしゃくしゃすぎるお札を渡される時があるので、そういうときは「替えてください」ってお願いしてます。

きっと「メンドクサイ奴だな」って思われていると思うけど(笑)

でもね、これは私的にはちょっとイヤなんですよねー。

お金を大切に使いたいから。大切に使ってほしいから。

以前、スナックをしているときに私がやっていたのは釣り銭のお札はなるべくキレイなものを使うこと。当時は毎日両替に行っていて、新札が出てくる両替機を使っていたので、釣り銭は新札で渡していました。

新札じゃなくてもいいけど、お客さんに渡すお金はキレイなものにしたかったんです。

というのも、お金は大事なものだから、大切に使って欲しいなって。

 f:id:mika-shimosawa:20170523135641j:image

破れていようが、くしゃくしゃだろうがお金はお金で使えるからいいじゃん、そう思うかもですけど、そういう状態のお金って有り難みが薄れるような気がするんです。

 

たかがお金と思う人もいるし、お金に対する価値観はそれぞれだけど、私はお金は大事にしないと帰ってこないと思っているんです。手元に帰ってきて欲しいから、大切に扱いたいなって。

だから渡すお金も、受け取るお金もなるべくキレイな状態ないいなって思うんです。

縁起も気にする

お金に対する縁起も担ぎます。

・赤が好きな私ですけど、お財布だけは赤を使わない。(赤字にならないように)
・新しい財布は春におろすとか。(秋は空きに通じるので、カラになる。春は張るに通じるので。)
・お札の種類ごと、向きは統一する。(お札には人物が描かれていて、バラバラに入れると居心地が悪くなってすぐ出たがるんだそうです)

と、ま、本当かどうかはわからないんですけど、自分が気持ちよく使うために気にするようにしています。

 f:id:mika-shimosawa:20170523135733j:image

むかーし...
お金を投げつけられたことがあったんですよねー。

それを拾うのがとても悔しいというか、悲しいというか。
なんともやるせない気持ちになったんです。

でね、「私はこういう人間にならないようにしよう。お金は活かすも殺すも自分次第だ。」って、そのとき思ったんです。

それからもう30年近くなります。

一向に貯めることはできないけど(笑)これからも大切に扱っていきたいなって思います。

 

この間ね、たまたま会計のときにいい対応と、そうでない対応が重なって、ふとお金にまつわることを書きたくなった、という次第です。
それでは、またー。