SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

発信の練習にはTwitterがオススメ。

こんにちは。
シモサワですー。

今日のブログもお客さんとの内容から書いていきますね。

自分表現のバランス感を出すのにはTwitter投稿がオススメ

SNS発信に対して「どんなことを投稿していていいのかわからない」っていう方が多いです。
親しい方に嬉しかったことを伝えていく感覚でいいんですよ、というのですが、その嬉しかったことをいうのが恥ずかしいとか、こんなことを投稿しても呆れられちゃうんじゃないか...投稿したことにリアルの会話上で触れられたらどうしよう...

そもそも発信する=自分の気持ちを表現するということに慣れていないと、発信に戸惑うことって多いんですよねー。

f:id:mika-shimosawa:20170613110009j:image 

慣れるにはまず数をこなすこと。
数をこなすとなると、オススメしたいのがTwitterです。

Twitterは渋谷の交差点のようなもの。

 

なんでTwitterかというと...Facebookのお友達って、けっこうリアルに近い関係だったりしますよね。だから人目が気になる。そして、Facebookは連続投稿って好まれない場でもあります。

その点、Twitterは連続投稿しても全く問題ないし、むしろ投稿数を増やしていかないとTwitter上の存在感って出てきません。Twitterはオープンな場だから、つながるのも離れるのも超気分次第。目に止まらなければ気に留めてもらえない、そんな場です。

イメージ的には休日の渋谷の交差点で人が行き交う、そこで発言する、そんなイメージ。
人が大勢いるところで、見つけてもらうのってすっごく大変ですよね。
どうでもいいことなんか気にもとめてもらえない。
でも、興味関心あること、楽しげな雰囲気が出ているものは、「ん?」って気になるもの。


最初のうちは見てもらえなくて当然なので、せっかくなのでそれを逆手に取っちゃえば良いんです。見られていなければ、恥ずかしくもないでしょ?

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

量をこなしていくと、発信への反応が気になるようになります。
気になってきたら、今度は目にとめるような工夫を考えていくってことです。

ただアカウントをとって、ダラダラ発信していてもSNSの意味がありません。

かといって、いきなり最初からキレッキレの発信ができるわけでもないですから、そこはなれと練習の積み重ねです。

 

こうした方がいい、ああした方がいい、といった改善方法って、まず出さないと改善も工夫もできないんですよね〜。まず表現することに慣れていかないとですよね。

人との交流度を高めるには、とにかく表現していくことが大事だと思います。
黙ったままでは誰も気づいてくれないですから。

Twitter活用のブログも参考にしてみてくださいね。

mika-shimosawa.hatenablog.com

 

今日はTwitterがいいですよって言う内容ですけど、人によってはFacebookが相性良かったり、Instagramのほうがいいという時もあります。

一概にコレがいいよといえないのは、それだけいろんなツールがあるから。
自分の慣れやすいものから取り組んでみてくださいね。

それでは、またー。