SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

お客さんに選んでもらうためには、選ばれるようなことをしていかないとね。

おはようございます。
今日は名古屋で目覚めたシモサワです。

f:id:mika-shimosawa:20170808093746j:image

これから香川県高松市SNSのレクチャーのお仕事に行ってきます。

SNS発信は売り込みしていたら効果が出ない。 

f:id:mika-shimosawa:20170808090726j:plain

発信を続けていても、思ったような反応がこない。

こういったご相談のパターンは発信内容に問題がある場合が多いんですよね。

自分の気持ちの入っていない商品を、自分の気持ちが入ってない言葉で、他人にお勧めしている状態。
もしくは関連のないストーリーを作って、インパクトだけを表現している状態。

「発信内容を作らなきゃ」って不自然さが見えちゃうんですよね。

不自然なものは気持ちが動かないし、やっている方も続かない。
作ったものを誰に見せていいのかわからない。

だから詰まっちゃうんです。

 毎日が自己紹介

商品ばかり紹介しても、関心を寄せてもらえないのが今の時代です。

今は、「人が持っているストーリーに共感する時代」

だから
「あなたから買いたい!」
「あなただからお願いしたい!」
という、購買動機が起きているんです。


そうやって、お客さんから望まれるためには先ず「あなた」と分かることをしなくちゃいけないですよね。だって、分からない相手には、お願いなんてできないから。

SNS発信は商品紹介より、自分紹介を優先することが大切。
日々の出来事を通して自分を知ってもらうってことです。

人は見ていないようでも、その人の姿勢は日々感じてくれているもの。それが積み重なるとちゃんと見てくれるようになるから。

f:id:mika-shimosawa:20170808093808j:image

昔ね、友達の旦那さんに言われました。

「美香さん、人は見てないようで、ちゃんとその人の姿勢を感じているものなんだよ。だから、見えていないところもちゃんとやっていれば必ず認められるし、認めてくれる人が出てくるから。そもそも仕事は人の目を気にしてするものじゃない。自分が良いと思うからやっていることだからね。」

って。

人の目を伺って、それに対して応えていては仕事にならないですよね。
人が喜んでくれることを想定して、自分が良いと思うことをやっているはず。

だったら、それを包み隠さず表現していけば良いんじゃないかな。

多少違ってもいいじゃないですか。
そもそも人は違って当たり前の生き物だし。

発信してそれを言及されたって、自分の中の正義があればいいと思う。
っていうか、言及されたって、してくる人はそもそもヒマな人、羨ましいと思っている人で、かまってほしいと思っているだけだから。そのうち発信している人の体力にはついてこれなくなるから大丈夫。

ま、そういうことでやったもん勝ちってことです。

でも、やり方を間違えちゃいけないなって思います。

とりとめのない話ですけど、こういう些細なことを気にしないように今日も発信をしてほしいなって思います。

ではでは〜。