SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

休みこそネタが溢れてる。

こんにちは。
シモサワです。

今年の夏はお休み期間を取り入れました。
お休みするっていう習慣がないから、なかなか休むことに慣れないのと、仕事するにも、休みでいるのも、いる場所が同じだから休みを上手く満喫できないでいます(;^ω^)

ま、それもいっか(笑)

f:id:mika-shimosawa:20170812170955j:plain

グタグタダラダラ過ごしながら、SNS投稿を見ていてふと思ったんですけど、休みの日に限って投稿数が増える人とそうでない人がいますよね。

スマホを触る時間のタイミングが普段とズレるからなんでしょうけど、投稿しない人はちょっともったいないなーと思います。

普段とは違う日常って、違う視点が転がっているし、そこで気づくことってたくさんあるはず。

仕事では見えなかったことも見えてきているはずなんですよねー。

普段はお客さん目線になれないことでも、出かけるからお客さん目線が持てたり。

普段行かないところに行って、新たな発見があったり。

そういうことを投稿すると、自分の振り返りにもなるし、こういうことで感情が動く人なんだなって見ている人も人柄に触れやすいのになって思うんですよね。

 f:id:mika-shimosawa:20170814112213j:image

SNS発信を仕事の内容だけにしなきゃいけないって決めていると、お客さんは気持ちを寄せにくくなっちゃいます。
何が楽しいのか、何が嬉しいのか。
そういうところから親近感って出てくるものなんですよねー。

仕事のときはなかなか楽しいを表現できなくても、休みの日だったら楽しいって言いやすいじゃないですか。

だから、休みの日こそ投稿するチャンスだと思うんですよね。

 f:id:mika-shimosawa:20170814112229j:image

ただし、ご家族との時間も大事にしなきゃですよね。

投稿するのに時間がかかっちゃうのであれば、とりあえず写真を撮っておく。
そして、ちょっと時間が空いたときにサクッと投稿できるようにしておく。

投稿するときは、ちゃんとその旨を家族に説明する。

そもそもなんでSNSをやっているか、っていうことを身近な人に言ってないと理解ってされません。

身近な人ほど、ちゃんと言葉で説明しておかないとね。

 

理解されないのは言葉が足らないから。
気持ちをちゃんと入れてないから。

身近な存在ほど、そういう心遣いを忘れがちになっちゃうんです。
自分の環境は自分で作るものですから、自分の行動次第で変わってきます。

 

ま、なにはともあれ、お休み期間は普段と違う日常で溢れているので、それをしっかり満喫してみてくださいねー。

私も休みを楽しみたいと思います♪
それでは、引き続きステキな夏休みをお過ごしくださいませー。