SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

仕事を遊びの域まで高める 〜東京エクスマセミナーより〜

セミナーって勉強する場で...無機質なイメージがあると思うんですけど、エクスマセミナーは間逆な場なんですよねー。

9月21日に開催された東京エクスマセミナーに参加してきました。

今回のブログはエクスマセミナーの備忘録です。

 f:id:mika-shimosawa:20170927184710j:image

ビジネスセミナーのタイトルに「遊び」とか「楽しさ優先」とか入っていると、面食らう人もいるかもしれないですね。

エクスマセミナーに5年も通っていると、こういう単語に慣れてしまうんですけど、まだまだこういうことを非常識だー!って思う人もいるってことを忘れちゃいけないなーってふと思いました。

その非常識だ!って思っている人たちの中に染まろうとは思わないんだけど、世の中にはいろんなタイプに人がいるし、そのタイプそれぞれの人たちがいるからこその世の中なんだし...自分の考えの枠を楽しいだけに固めるのもいけないんだろうなって。

「共」にするためにはどうすればいいのか?
そういうふうに考えていくことが大事なんだろうなー。

とはいえ、セミナーが始まればその場にもう夢中です♪

f:id:mika-shimosawa:20170927190329j:image

いつだったか、「再現性のないものは通用しない」って言われた事があったなー。
再現性がなくても良いんだー。

っていうか、みんな同じことができたら、同じことしてたら選ばれる理由は安さとか、そもそもの役立ち要素から外れちゃうんじゃないかな。

同じようだけど、それぞれの違いがある。
その違いは人柄で出す、そういうことなんだと思うんですよね。

人柄って、結構複雑なものだから、その複雑さが気持ちに響いていくんじゃないのかな。

f:id:mika-shimosawa:20170927190412j:image

f:id:mika-shimosawa:20170921135033j:plain

今回の藤村先生のスライドは新しいバージョンが多くて、今までとは違った切り口だったので、ついていくのがいっぱいいっぱい(笑)
でも、根底は変わらない。
この藤村先生のスタイルが本当に勉強になります。

 

そしてゲスト講師一人目のハッピー橋本さん。 

f:id:mika-shimosawa:20170927190432j:image

f:id:mika-shimosawa:20170921152015j:plain

無いのに無理して「あるべき」って、頑張りすぎてた自分を思い出しました。
無理な頑張りは自分も疲れるし、変なモチベーションになるから、その疲れが無自覚な上、周りにも負荷をかけてしまうんですよね。

だから空回りするし...やることなすこと裏目に出ちゃうんですよねー。

自分らしくいる=自分に素直になる。
そういうことがとっても大事。

気張る仕事スタイルの時代はもう終わりってことですよね。
SNSで自分スタイルを表現していく今の時代は、気張ってたらダメってことです。

f:id:mika-shimosawa:20170921151952j:plain

 

そして、二人目のゲスト講師の松島まっつあん。
登場からして面白かったー。 

まっつあんの話は等身大の内容で...全力を尽くす方向を間違えちゃいけないんだなって。それにやるとなったら、やりきる覚悟を持たないと誰もついてきてくれない。それはお客さんもスタッフも同じ。

気持ちをもらいたいなら、自分も本気で接しないといけないって。

本気で情熱を持つ。
自分自身に責任を持つ。

こういう姿勢が商売には必要だよって、改めて考えるきっかけになりました。

 f:id:mika-shimosawa:20170927190625j:image

 f:id:mika-shimosawa:20170927190735j:image

そもそも自分の感性って...何なんだろう...
自分の芯にある感性って、どんなものなのかな...

そこがよくわかっていないけど、とにかく自分が良いと思うものをどんどん取り入れて自分表現していこう。

小難しさではなく、小粋なことをしていきたいな。
それはどんな表現でできるのかしら?

またまた自分への課題が増えました^^

何度来ても楽しい勉強ができるエクスマセミナー。
できることなら毎日でも聞いていたい!(笑)

でも、聞くだけでは意味が無いので、もっと自分のものにできるように精進しなきゃです。

 

今回のエクスマセミナーでは110人が集まる場の受付という大役をさせていただいて、いつもとは違った裏方風景を見ることができました。
受け入れ準備からお見送りまで、訪れる方への配慮がハンパない。これもエクスマセミナーならではのことで、とても勉強になりました。

f:id:mika-shimosawa:20170921125125j:plain


お店をやっているときも思ってたことなんですが、私が気になるのがお帰りになるときのみなさんの姿。
みんな活き活きとして帰られてました。
大概、長丁場な時間を過ごしたり、勉強会という名目な場では肩を落として帰る方がいるんですけど、エクスマセミナーではそういった姿の方がいないんですよね。
こういう場、時間を作れる藤村先生、スタッフの皆さんは本当にスゴいなって思います。

こういう場を目の当たりにできて、ますます精進しなきゃ!
そう思った時間でした^^