SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

人を羨むクセがある人はエネルギーを吸い取るチカラが強い。

いいなー。

羨ましいなー。

 

素敵な人を見ると、羨望の眼差しでその人を見ちゃいますよね。

素敵って、素の姿が晴れ晴れしく、敵わない様をいうそうです。

 

羨むって、単純にいうとソレを欲しいって思うんですよね。

何ってわけではなく、その存在にあるものを欲しいって。

 

そうするとね、その「何」がわからないままでいるから、無意識のうちにその人のエネルギーを吸い取っちゃうんですよね。

 

で、「何」ってわかってないから、その吸い取ったエネルギーを消化できないまま流してしまうんです。

 

負のオーラが強い人ほど、その傾向は強くあります。

 

あ、エネルギーを吸うのが悪いわけではないんですよ。

エネルギーを発する役目の人もいれば、吸い取る役目の人もいますから。

 

ただ、そういうことがあるよってことは知っておいた方がいいかなって。

 

というのもね、エネルギーを発する人って、吸われやすいんです。

で、吸われる量によって疲労度も変わってきます。

 f:id:mika-shimosawa:20171201114618j:image

エネルギーを吸い取る人は大概、ソレに気づいていないから、吸う量を調整することができません。

 f:id:mika-shimosawa:20171201115434p:image

エネルギーを発する人は、ソレに気づかないままだと、ダーダーに吸われちゃうんです。

となると、エネルギーを発する人は気をつけた方がいいってことなんです。

ところでエネルギーを発する人というのは、大勢の前で話すことが多い人や、人の面倒を見る役目の人とか、いわゆる経営者系の人です。これに限らず、リーダー的存在の人も該当します。(リーダーぶってる人は当てはまりません)

 

で、エネルギーを発する人は、相手の吸い取る力を受けやすいんです。それを真に受けるとダメージを受けるか、反発が起きます。それが疲れの原因になるんですけど、疲れなくするためにはかわすのがイチバンです。このかわし方が上手になると、エネルギーを吸われにくくなります。

 f:id:mika-shimosawa:20171201114638j:image

人によってかわし方は違いますけど、私が感じた中で上手にかわしているなーというカタチは、吸い取るチカラを真っ直ぐに抜けさせてました。

 f:id:mika-shimosawa:20171201114712j:image

対大勢の時はエネルギー幅を広げてるけど、対個人になるとエネルギー幅を狭くしてストライプ状にするんです。そうすると隙間ができるから抜けていく、でも、吸ってる方は気づかない。

あー、上手いやり方だなーって、思いました。

 

私ね、気(エネルギー)の流れが見えるくせに、自分のエネルギーコントロールには無頓着でした。

無防備でいるから、激しいダメージを受けることがあって…ヒドイ時は回復するのに2ヶ月近くかかったことがありました。

その時は「もう、この人とは関わらないようにしよう」って、シールドを下ろしちゃうんですけど、それを繰り返してるとエネルギー効率が悪いなって気づいて…だったら、ダメージを少なくする方法を取ればいいってことなんです。人と関わる以上、ダメージが全く無いということはありません。

でも、ダメージをコントロールすることはできる。

そういうことなんです。

 

平面で受けようとすると、エネルギーの流れがとまってしまいます。流れをとめるからダメージになってしまう。流れの方向を変えてあげればいいんです。球状にすると流れを変えやすい。

f:id:mika-shimosawa:20171201114731j:image

エネルギーを発する人は、そのカタチを意識してみて、カタチのコントロールができるようになるといいですよ。

 

 f:id:mika-shimosawa:20171201115406j:image

 ちなみに私の友達は自分を観る目を持っているらしく、それでコントロールしてるらしいです。(ホンマかいなっ)

人それぞれ合ったやり方があるみたい。

私も自分のやり方を見つけてみようと思います。

それでは、またー。