SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

実行力が低いと心が腐りやすくなるし、気持ちも淀みやすい。

物事がうまくいかなくなると、「何をやってもうまくいかないから」と、ヤル気がなくなって、思いついてもそれを実行しなくなってしまいますよね。

 

うまくいかない理由は様々ですけど、「うまくいかなかった」と結果しか受け止められないから、その理由を分析しようとできないんですよね。

頭のいい人は、その理由をチャチャっと分析できるから、立ち直りも早い。

私はつまづくと、立ち直りが遅い方です。

いつまでもイジイジするし、イジイジするから次への糸口もなかなか思いつかなかったり。「どうせ」って、気持ちを塞ぐ口癖が出るようにもなっちゃいます。

 

f:id:mika-shimosawa:20171120142743j:plain

 

じつはここのところ、うまくいかないことや、嫌なことが立て続けに起きてます。
「おいおい、なんでこんなに次から次へと起こるの?」って。

凹むわー。
気持ちが萎えるわー。

 

なんでこんなことが起きるのか?
経緯を検証することも大切ですけど、検証したって、反省したって、その時間には戻れないですよね。

そして、その過ぎ去った時間の事ばかり考えてしまうと、今日の時間が止まってしまいます。

時間を止めてしまうっていうのが一番の問題。
止めたって、何も起こらないから。

時間を止めないようにするには、割り切ることがいいんですけど、その割り切る材料っていうのがなかなか見つからないんですよね。

 

f:id:mika-shimosawa:20171126154018j:plain

 

私は「運気の目安」を使います。

例えばね「なぜ今なのか?」って考えるんです。
11月半ばからこの流れが始まっているんですけど、そうすると「誕生日の1ヶ月前だわ」って気づくんです。

誕生日の1ヶ月前というのは、その歳の膿みたいなモノが出やすいんですって。(友達からの受けウリです)

膿っていうのは、自分の悪い癖のツケみたいなもの。
体調に出ることもあるし、こうやって気持ちが萎えるもとが出ることがあります。

普段から気をつけなきゃとか、治さないといけないと思っていることをおざなりにした結果が出ちゃうって感じです。

 

起きた出来事を中心にして考えたら、意外と改善点って見えないんですけど、自分の行動自体に視野を広げて考えてみると、その出来事を受け入れやすくなるんです。そうすると、傾向を認識できる、そんな感じ。

 

気持ちが凹んだり、萎えたりすると、実行力が落ちます。
行動する気力が落ちちゃうんです。
コレ、不思議なもので、動かないと今度は余計に気持ちが落ちちゃうんですよね〜。

だから、行動は止めちゃいけない。
ただ動くのではなく、自分が決めたことを実行するといった気持ちを持っていかないと、物事は動きません。

f:id:mika-shimosawa:20171202162921j:plain

動きを止めないための、自分なりの気持ちの落とし所を何か持っているといいのかもしれませんね。
私は、そのために運気の目安を使ってます。

 

今日はそんなことが言いたかった次第です。

さ、次、いってみよーーー!