読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

使う道具は大切な相棒。使いっぱなしにしないために、知るべきことはちゃんと知っておくべきですね。

下澤美香について 雑感

こんにちは。
シモサワです〜。

土曜日から移動の日々続いていましたが、ひと段落ついて昨夜飯田に帰ってきました。

 f:id:mika-shimosawa:20160825114815j:image

ただ...月曜日以降にお会いした方たちにちょっと申し訳ない気持ちが...

この数日間、声が出ないんですよ〜(涙)
ハスキーボイスなんてもんじゃなくて、オカマ声になってしまっていて...話をしてもかなり聞き取りづらかったと思います。
ホント、ごめんなさい!

 

さてさて、気を取り直して今日のブログを更新です。

日曜日から声が出なくなったとともに、Macちゃんの調子も悪くなってしまいました。

f:id:mika-shimosawa:20160825115544j:plain

トラックパッド(指で動かすところね)とキーボードが全く反応しない状態。

この現象は突然なったわけではなく、症状的なことは以前にも出ていたんですよね。

なのに私ったら...その時はしばらく放置したら動くようになったので、問題視しないままにしちゃってたんです。
で、全く反応しなくなってから慌てるという...お粗末な事態を招いてしまいました。

 

今回の事件で学んだことは「おかしいなと思ったら、その時点で対処すること」「情報収集を怠らないこと」

特に私が住んでいる地域にはアップルストアがないため、何かあった時にすぐに対応できる環境ではないんですよね。
前回おかしいと思った時ツイートしたら、こうやって店舗情報をくれた方がいました。

とってもありがたい情報です。

この時は症状が直っていたから油断しちゃったんですよねー。

再び動かせなくなって...カスタマーサービスに電話して説明すると「トラックパッドとキーボードを認識できなくなっている状態なので、修理依頼が必要になるかと思われます。」とのことで、修理出したとしてもその日に返ってくるわけではないし、その間の仕事はどうすればいいんだろうとか...もう頭のなかはパニック状態。

電話での対応ではできることがないので、店頭で相談ということになりました。
ちょうど東京出張だったことがあって、渋谷のアップルストアの予約をそこでお願いしたものの、それまでの間はどうしよう。

どうしても使いたい場合は、外付けのマウスとキーボードで対処してくださいとのとこで、買ってつけてみたんです。

でもねー、めっちゃ使いにくい!

もうフラストレーションたまりまくりで、こんな状態なら使わないほうがマシー!!!

f:id:mika-shimosawa:20160825215358j:image

 

兎にも角にも、修理依頼をしないことには始まらない。

でも、聞く話によると修理にはどのくらいの期間がかかるか分からないとのこと。その間の仕事もあるし、セミナー用のスライドも途中までしかできていないし...となると、覚悟を決めてもう1台購入しないと対処できないかも。

あぁーーーーーー。
お札に羽が生えていくーーーー。

もう1台買うとなると、機種はどうする?とか、パワポの入れ直しはどうする?とか...もう、何から決めて何を考えればいいのかすらわからなくなってたんです。

そんな不安だらけで訪れた渋谷のアップルストア

f:id:mika-shimosawa:20160825212157j:plain

対応してくれたお兄さんが懇切丁寧に対応してくれました。

ですが、そこでまた新たな問題が発生!
持ち込みの修理依頼だと、店舗受取りしかできないんだそうです。自宅までの発送は受け付けていなくて、発送の修理依頼はカスタマーサービスでしか受け付けないっていうシステムなんですって!

ということは、ここで修理依頼しても引き取りに来なきゃいけない。引き取りに来れるタイムリミットは翌朝の10時半まで。(それもギリギリ)

そんな状況のなか、いろいろと調べてくれた結果、考えられる故障を直す部品の在庫があって、たまたま修理担当のお兄さんが通りかかり、その方の作業状態に入れてもらえそうで、そこでもしかしたら当日中に直せるかもしれない。

ただし、機械だから開けてみて違う症状で部品が違うようなら、修理依頼のやり直しになるけど、それでもよければ預かりできるとのこと。

もうね、少しでも可能性があるのなら開けてみてください!
切実な気持ちでお願いしました。

その時の修理担当の方の言葉が嬉しかった〜。
「お任せくださいね。僕がちゃんと責任をもって直しますから!」

もし、違った症状で修理できないかもしれない。
絶対に治る保証はない状態なんですけど、その言葉がすごく心強く思えました。

思わず涙ぐみながら「お願いしますっ!!!」って言ってました。

 

結果的には約2時間ぐらいの修理で直って、予定の時間より早く手元に戻って来ました。

f:id:mika-shimosawa:20160825213457j:plain

引き取りに行ったときには、受け付けてくれらお兄さんの姿はなく、修理担当の方とも話すことがなかったんですけど、直って本当によかった!!!

できたら直接お礼が言いたかったな。

今回のこの症状が出た原因はよくわからないですけど、機械だもの、不具合は何かしら出ます。

(ちなみに一緒にいたモモは「Macって壊れるんだね〜」って感心していましたけど(笑))

 

デジタル慣れしていない=機械に慣れていないってこともあります。
使えるときはいいんですけど、突然使えなくなった時が本当に困るんですよね。

アップル製品ならカスタマーサービスに電話する、店舗に持ち込むにしても予約をとる必要があるなど、不具合が出た時の対処法は覚えておくべきですね〜。

 

テレビが映らない、洗濯機の調子が悪いときなど、つい叩いてしまう昭和的な発想の私。そろそろ、そういった考えも卒業しなきゃなと思った一連の出来事でした。

それでは、また。