読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

【お知らせ】11月21日(月)に北海道釧路市でSNS活用講座します!

SNS活用講座 お客さんづくり

こんにちは〜。
シモサワです。

今日はお知らせブログです^^

11月21日(月)に釧路市SNS活用講座をすることになりました!

f:id:mika-shimosawa:20161026152636j:plain

北海道釧路市に行くのは今年の2月に続き、2回目。
また釧路のみなさんにお会い出来るかと思うと今から楽しみです♪

今回は、釧路市地域雇用創造協議会さんからのご依頼で『ビジネスの価値を高める!販路開拓マーケティングセミナー』の1講座を担当することとなりました。

f:id:mika-shimosawa:20161008141825j:plain

このセミナーは4講座あって、豪華な講師陣なんですよ〜。

POPの名店として知られる薬店のオーナー橋本氏、ユニークな販促で缶の価値を伝える清水氏、こまめなブログ更新で個の発信力を磨く壁下氏。

f:id:mika-shimosawa:20161026153307p:plainf:id:mika-shimosawa:20161026153402p:plain

本当にスゴーーー。めっちゃ豪華な講師陣ですよね~。

4時間という長丁場なセミナーなんですが、なんと参加費が無料!
なんて太っ腹!

お申込み、詳細を知りたい方はこちらからご覧いただけます。

946employ.jp

お客さんを一個人として認識していくこと、これが顧客化の第一歩

私はよく「お客さんづくり」をしましょうっていうことをお話させてもらうんですけど、そのお客さんというのは担当させていただく顧客さんのことです。

担当というのは、来店時に担当させていただくのはもちろん、予約、依頼などお客さんにとってお店の窓口的なことをします。ですが、お店に用があるときだけの担当では、本当の意味での担当者になれません。

お客さんの日常に変わったとこがないか、これから何を望まれるのか、何か困ったことはないか、たとえ来店しなくても、そのお客さんのことを気にかける、コンタクトを取るってことがとても大切なんです。

コンタクトの取り方も来店ありきで話をすすめると、結果的に売り込みになってしまって嫌がられます。世間話的な雑談を取り入れることが必要になってきます。

f:id:mika-shimosawa:20160227093440j:plain

私の前職はスナックのママだったんですけど、スナックとかの飲み屋さんはいかにして忘れられない存在になるかっていうことが大事だったんです。
いくら来店勧誘をしても、結果的に来店してもらわないと意味がないのが水商売なんですが、勧誘すればするほどお客さんの足は遠のきます。そのときに思ったのは忘れられない存在になっておけば勧誘しなくていいし、嫌われることもなくなる。だから、勧誘目的のコンタクトではなく、どんな日常を過ごしているかなって聞くコンタクトに変えたら自分の担当のお客さんが増えました。

今の時代、インターネットができて、お客さんへのコンタクトに使う道具が変わってきています。そしてコンタクトを受け取る気持ちも変わってきています。

身近に感じてもらうコンタクト方法に使えるのがSNSの存在だって考えているんです。SNSを使ってお客さんと雑談していく、そこから気持ちの距離を縮めて行くことがお客さんづくりに欠かせないことなんです。
そのためのSNSの機能説明や投稿事例などをご紹介していきますね。 

f:id:mika-shimosawa:20160226094016j:plain

釧路は空気が澄んでいて景色がとってもキレイなところ。
美味しい海産物もあるし♪
そして仲のいいお友だちにも会えるし。

というわけで...11月21(月)に釧路でお会いしましょうね〜!
楽しみにしています!