SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

私がいままで黒髪だった理由

こんにちはー。
シモサワです。

今日は美容院で髪を染めてきました。

 f:id:mika-shimosawa:20170507214437j:image

いままでずっと黒髪だったんですけど、髪の色味を変えたくて、前回からブリーチを入れるようにしました。ずっと黒髪だったせいで、色を入れようにも入らないからまずはブリーチで抜いたほうがいいとのことです。

2回めのブリーチで見た目にわかるほど色味が出るようになりました。
ブリーチって、一昔前のヤンキーのイメージがあったから下品になりすぎないか不安だったんですけど、心配したほどの色味ではなく、顔馴染みもいい感じでひと安心です♪

さて、今日は私が黒髪を続けていた理由を書いてみようかなと思います。

私が黒髪だったワケ

黒髪の印象が強い私ですが、特に黒髪が好きだというワケではないんです。
私がずっと黒髪だったのは「髪を染めるたびに良いことがなかったから」なんですー。

じつは過去に2度ほど色を入れたことがあります。

1度目は高校生の時(卒業していないけどね)
その時は周りがブリーチしていたし、黒髪がダサいなと思ってたので、オキシドールかなんかで色を抜いたんです。
まぁまぁいい感じに色が抜けたんですけど、その髪の色は2日しか持ちませんでした。

というのも、母親に騙されて黒髪に戻されちゃったんですよー。

f:id:mika-shimosawa:20160622144019j:plain

めったに自分から話しかけてこない母親が「ブリーチしたの?髪傷んでるんじゃないの?お金出してあげるからトリートメントしておいで」なんて、優しいことを言うのでまんまとノセられて予約された美容院に行ったんです。
でね、その美容院は母親とツーカーの仲。

「はい、できたよー。」って鏡を見たら...真っ黒な髪に戻ってました(涙)

「えっ??? なんでっ?」

「高校生は黒髪にしときなさい」だって。

その後もう一度ブリーチする元気もなく、もーいいやーって感じで、そのまま黒髪に甘んじてました。

 

2度目は29歳のとき。

黒髪が野暮ったいから、少し明るい色にしてみたら?と、当時のボスに言われて少し明るい色にしてみたんです。

それがちょうど夏の頃で。
お祭りシーズンで浴衣を着てたんです。

それで通りに立っていたら韓国人に間違われて...めっちゃ絡まれて、ちょっとブルーな気持ちになっちゃんたんです。そして、なんか衣装も似合わないような気がして...結局気がついたら黒髪に戻ってました(笑)

 f:id:mika-shimosawa:20170507215412j:image

まー、あまりマメに美容院に行く方ではなかったので、色の手入れもできないし、毎回染めるのも面倒だし。
いわゆるズボラだったから黒髪だったんですー(笑)

髪の色を変えようと思ったワケ

じつは10年ぐらい前から白髪が多くなってきて、年々増え続けているんです。
前髪から横にかけては真っ白なんじゃないかっていうくらい。

でね、これを隠すために今では頻繁に白髪染めに通っています。

で、黒髪の状態だと白髪とのツートンが目立つ目立つ。
まばらになってくれないので、くっきりツートンになっちゃうんですよ。

なんか、このツートンもかっこ悪いなーって思ってて...なんとかできないものかなー、と思ったときに、色を入れたらくっきりがボケてくるんじゃないかしら?って思いついたんです。

まー、自分が気にするほど他人は気にしないでしょうけど、鏡を見るたびに気分がブルーになるので、自分のために色を入れてみようかなと思ったワケです。

一気に全体の色を抜くと不自然だからと、メッシュにしてくれたんですけど、このメッシュがいい感じ♪

 f:id:mika-shimosawa:20170507214500j:image

いままでは黒髪がトレードマークだとか、黒髪しか似合わない顔つきだとか、自分のいいように解釈してましたけど、こうやって変えてみるとこれはこれで良いかもね。
見慣れない色にとまどったのは最初のうちですし、これが馴染んでくればこれがまた普通になっていくんでしょうね^^

 

しっかりリフレッシュしたからまた明日から頑張るぞー!
ではでは、またー!