読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

今度の「スマホde店舗情報発信講座」は実践編。〜嫌われない投稿の仕方〜

こんにちは!
ソーシャルメディア活用アドバイザーの下澤美香です。
店舗や企業団体のソーシャルメディアを使った集客発信のサポートをしています。

 

f:id:mika-shimosawa:20160126141703j:plain

 

昔、スナックの修行時代に、人に会ったら挨拶代わりに売り込みをするものだって教えられました。

「今度お店に来てくださいね。」って。

それが通じた時代でもあったし、そうすることしかできなかった時代だったのかもしれません。

そんな時代風習も、時が経てば変わってきます。


言う側としたらそれが当たり前で、挨拶代わりの売り込みをしなきゃいけないって思うんですけど、言われた側としたら戸惑うものなんですよね。

 

戸惑うって、行動しくいんです。

むしろ、関わりたくない。

そういったことが続くと気持ちを寄せてもらうどころか、嫌われちゃうし、無視されちゃうんです。

 

人間はもともと優しい生き物だから、リアルで顔を合わせたときに少々戸惑っても言葉を返してくれます。

 

ですが、デジタル発信や紙媒体を使った発信の場合、戸惑ったり、理解できないことは無視できてしまうんです。

 

リアルじゃない場は気持ちの距離にとてもシビアなんです。

リアルの場で通じたようなことも、発信となると通じなくなってしまう。

なので、発信していくにはちゃんと考えなくちゃいけないんです。

 

嫌われないような発信の仕方。
読んでもらえるような発信の仕方。

そして、いつでも見てもらえるような発信を目指すのがとても大切。

 

 発信は、相手のことをちゃんと考えたコト、理解しやすいコト、溢れんばかりの情熱がこもったコトは、じわじわと浸透させることができます。

 

この辺のニュアンスをお伝えできるような、インパクトの強い事例が出せないのがもどかしいんですけど...

ざっくりいいますと、デジタルを使った発信は使い方を間違えなければ人付き合いの密度が濃くなっていくってことです。

 

人付き合いの密度を濃くしていく。

これがお客さんとの関係を作っていくってことに繋がっていくんです。

 

前回の「スマホde店舗情報発信講座」では、こういった内容を重点にお話させていきましたけど、今回の講座では機能の使い方を中心とした実践編をします。

 

「チェックイン」って何?
「タグ付」ってどうすればいいの?
「コメントの入れ方」は?

デジタル発信のタイプはいろいろとあるんですけど、質問で多いのがFacebookの使い方なので、Facebookの基本的な操作から、投稿に関する仕組みをワークショップ型でしていきます。

使い方がわからない、使い方に自信がないと発信って滞ってしまいますから。

 

f:id:mika-shimosawa:20160126131446j:plain

日時:2月17日(水)15:00〜17:00
会場:cotton1598 by Watahan 飯田ショールーム
住所:長野県飯田市育良町2-7-1

参加費:3,000円

参加ご希望の方はお手数ですが、こちらの→ スマホde情報発信講座 お申し込みフォーム に必要事項を入力の上、送信ボタンを押してくださいね。

 

なお、Facebookのイベントページも作りましたので、こちらからでもお申し込みが可能です。参加ご希望の方は必ず「参加する」ボタンを「ポチッ」としてくださいね。

→ スマホde店舗情報発信講座 〜Facebook実践編〜 | Facebook

 

私ね、覚えはじめのころは、覚えたいけれど用語がちんぷんかんぷんだったり、仕組みがよくわからなかったり...わからないっていうことが行動の妨げになってしまうことがありました。

 

f:id:mika-shimosawa:20151218004034j:plain

 

ですが、わからないことを解消することで覚えやすくなって、結果的に使えるようになりました。覚えるって「わからないことを解消する」だけなので、そんなに難しいことではないですよね。

 

あなたの店舗情報発信に繋がるように「よくわからない」を解決するお手伝いを私にさせてください。

質問形式を主にしていきますので、どんどんご質問くださいね。

少人数制ですので、お茶飲み感覚で気楽に参加していただければと思います。


あなたのご参加お待ちしています!