SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

Facebookのタグ付け機能とその仕組みについて。

こんにちは〜。
シモサワです。

 

今日はFacebookの基本的機能の「タグ付け」について書きますね。

普段、Facebookの投稿に何気なくタグ付けしている方も、そもそもタグ付けって何?と思っている方も参考にしていただけたら嬉しいです。

Facebookのタグ付けの意味とは

 

「タグ付けする」=その相手の方と何らかの絡みがありますよ、ってことです。

投稿写真にその人と一緒に写っていますとか、その人についての話題を投稿するときなどに使う機能です。

(ちなみにタグ付けできるのは「友達」となっている人に限ります。)

f:id:mika-shimosawa:20160215182610p:plain

そして、タグ付けされた相手の方のタイムラインにも、その投稿は表示されます。

結果、その投稿は投稿者本人のお友達と、タグ付けされた相手のお友達に表示されることとなります。

 

Facebookのヘルプセンターにも詳しく書かれています)

www.facebook.com

 

タグ付けされた名前をタップすると、その人のプロフィール画面に変わり、タグ付けされた方の投稿一覧、プロフィールなどその人の詳細を見ることができます。(公開されている情報のみ)

f:id:mika-shimosawa:20160215235150j:plain

 

 

Facebookに投稿する際のタグ付けは3つのパターンがある

タグ付けの仕組みがわかったところで、次は実際にタグ付けする方法です。Facebook投稿でタグ付けできるパターンは大きく分けて3つあります。

 

1:タグ付けマークから「タグ付け」する
2:写真に直接「タグ付け」する
3:@(アットマーク)をつけて「タグ付け」する

 

順番に説明していきますね。

まず、投稿する写真を呼び出します。
(私は「近況」をタップして、画面左下に出てくるカメラマークをタップします)

f:id:mika-shimosawa:20160215212417j:plain

 

1:タグ付けマークから「タグ付け」する。

はい。
写真が出てきましたね〜。
ここに写っている方々をタグ付けしていきたいと思います。
(投稿する前にタグ付け投稿する旨を一言、伝えておいたほうがいいです。)

 

画面下中央にタグ付けマークがありますので、ここをタップします。
すると画面が変わり、虫めがねマークが出てきますので、虫めがねマークの横にタグ付けしたい人の名前を入力します。

名前を入力していくと、タグ付け候補者のアイコンと名前が出てきます。

タグ付けする相手の方を選択して、タップします。

f:id:mika-shimosawa:20160215195227j:plain

 

タグ付けしたい人が複数人いる場合、続けてタグ付けしたい人の名前を入力し、選択します。

選択後「完了」をタップすると画面が投稿画面に変わります。その際「◯◯さんと一緒です」と表示され、タグ付けできているということになります。

 

あとは投稿文を入力して、「投稿する」をタップすれば、投稿完了です。

なお、このタグ付け方法は「投稿文にタグ付けされる」というように覚えておいてくださいね。

f:id:mika-shimosawa:20160215214012j:plain

 

2:写真に直接「タグ付け」する

先ほどのタグ付け方法は「投稿文にタグ付け」でしたが、今度は「写真に直接タグ付け」します。

 

投稿する写真を呼び出します。

ちなみにFacebookは顔認識システムがとても優れていて「人の顔」と認識すると、白枠で囲ってくれます。
これは、「あなたの友達ですよね?タグ付けした方がいいんじゃないの?」みたいな感じで教えてくれる仕組みです。

 

写真の白枠をタップします。
そうすると白枠部分が拡大され、名前を入力できる枠が出てきますので、タグ付けしたい人の名前を入力します。

名前を入力すると、相手の方のアイコンと名前が出てくるので、それをタップし、画面右上の「完了」ボタンをタップするとタグ付け完了です。

 

f:id:mika-shimosawa:20160215223851j:plain

 

白枠が出ない場合でもタグ付けできます。

タグ付けしたい写真部分をタップします。
そうすると、タグ付けしたい人の名前を入力できる画面が出てきますので、名前を入力する、選択する、完了ボタンを押す、これでタグ付けできます。

f:id:mika-shimosawa:20160215224855j:plain

 

「投稿文にタグ付け」と「写真にタグ付け」の違い

投稿文にタグ付けした場合、その投稿自体がタイムラインに流れます。
投稿文、写真全部がつながりのある人に見てもらえます。ただし、複数人写っている場合、複数枚の写真を投稿する場合、タグ付けした人の特定はしにくくなります。

 

写真にタグ付けした場合、1枚の写真投稿なら「投稿文にタグ付けした場合」と変わりはないのですが、複数枚の写真を投稿した場合、タグ付けした写真だけがタイムラインに流れます。

「◯◯さんが△△さんの写真にタグ付けされました。」と表示されるだけで、なんでタグ付けされたかという投稿内容は表示されません。

ですが、写真内に写り込んでいる人の特定ができます。

 

複数枚の写真を投稿する場合、その投稿内容をきちんと知って欲しい場合は面倒でも「投稿文にタグ付け」、「写真にタグ付け」の両方をしたほうが確実です。

 

なお、ここまで(勝手に)友情出演をさせていただいた方々。

(有)宇佐見瓦店 宇佐見隆志 様

TOSBOI STUDIO 坪井秀樹 様

缶パッケージの大阪製缶 清水雄一郎 様

 

3:@(アットマーク)をつけて「タグ付け」する

投稿分やコメント欄にも、相手の方の名前をタグ付けすることができます。

 

投稿写真に写っていないのにタグ付けしたらおかしいし、人物以外のものにタグ付けするのもおかしいですよね。

でも、投稿ネタにはその人が関わっている...

そういった場合「投稿文中にタグ付け」することができます。

f:id:mika-shimosawa:20160215184644p:plain

 

投稿文にタグ付けする方法

投稿文を入力している途中で@(アットマーク)を入力します。

@(アットマーク)を入力すると、最初にタグ付け候補者が出てきますが、(これはよくタグ付けする人が候補で出てきます)@(アットマーク)のあとに名前を入力すれば、タグ付けしたい相手のアイコンと名前が出てくるので選択してタップしてください。

複数人タグ付けしたい場合は、タグ付けした相手の名前の後ろにスペースを入れるか、改行して続けてタグ付けできます。

f:id:mika-shimosawa:20160215232319j:plain

文中にタグ付けされると、そのタグ付けした人の名前の部分だけ色が青色表示となります。

 

コメント欄にタグ付けする方法

投稿にコメントを残したあとのやり取りは「返信機能」ができたおかげで、見落とすことが少なくなりました。

コメントって自分の投稿か、コメントを残した投稿しか気にしませんよね〜。

でも、コメント欄にタグ付けすることで、コメントをタグ付けした人に見てもらうことができます。

f:id:mika-shimosawa:20160215233424p:plain

f:id:mika-shimosawa:20160215182849p:plain

といったように、コメントを送る相手を特定できます。

コメントにタグ付けするのは、文中にタグ付けする方法と要領は同じです。@(アットマーク)のあとに相手の名前を入力します。

複数人をタグ付けする場合はスペースを入れるか、改行して入力します。
コメントなので、私は改行したほうがわかりやすいかなと思って、改行にしています。

 

投稿後でもタグ付けはできます。

タグ付けしようと思ったのにタグ付けするのを忘れちゃった〜!

安心してくださいっ。
投稿後でもタグ付けできますよっ。

Facebookの写真から投稿済みの写真を呼び出します。
(この操作はFacebookにログインしている状態で行ってくださいね。カメラロールからはできませんから〜)

f:id:mika-shimosawa:20160216000726j:plain

 

タグ付けしたい写真を選択すると投稿が表示されます。

画面上にある「タグ付けマーク」をタップします。そして、タグ付けしたい人をタップします。

タグ付け画面が出てきますので、タグ付けしたい人の名前を入力して選択します。この場合、完了ボタンが出てきません。名前を選択して選択画面が消えた時点でタグ付け完了しています。

f:id:mika-shimosawa:20160216000344j:plain

 

Facebookはタグ付け提案もしてくれる。

Facebookは数あるSNSの中で顔認識システムがとても優れています。

なので、タグ付け操作する前に写真を添付した時点で、勝手にタグ付けしてくれちゃいます。

顔がハッキリ写っている場合、頻繁にタグ付けする人は優先的に表示されます。

f:id:mika-shimosawa:20160216001601j:plain

 

そして、過去投稿に対して「タグ付けしなくていいの?」って、「タグ付けの提案」というのもあります。

これは必ずしなければいけないということではなく、Facebook側から「忘れてない?大丈夫?」って心配してくれているだけですので、ご自身の判断で大丈夫です。

f:id:mika-shimosawa:20160215235602p:plain

ここまで(勝手に)友情出演をさせていただいた方々。

マーケティングコンサルタントの 藤村正宏先生

(株)山平 神谷 英嗣 様

豊田市の美容室BURN&BEAN代表 瀧澤潔 様

アメリカアリゾナ州のKarly 様

 

タグ付けできない場合もあります。

友達として繋がっていれば基本的にタグ付けできますが、タグ付けできない場合もあります。

・タグ付けしようとしている相手がタグ付けを拒否している場合。
・タグ付けしようとしている相手がタグ付けを承認性にしている場合。
 (これは、タグ付けされた相手がタグ付けを承認すれば相手のタイムラインに表示されます。)
Facebookで友達なりたての場合、タグ付けできない場合があります。

 

タグ付けというのは、自分の投稿に自分以外の人を巻き込んだ形になります。なので、タグ付けするその相手の人との気持ちの距離感も大切になってきます。

一緒にいる場合は相手の方に確認を取るとか、そうでない場合はメッセージで確認を取るとか...ちょっとした気遣いも必要です。

 

タグ付けされるのが嫌な人はプライパシー設定で変更できます。

ただ、タグ付けされる人は「いい人」という認識もされやすいので、その辺の気持ちの温度管理に気を配って見てくださいね。

 

結構タグ付け機能って奥深いんですけど、使ってみるとそう難しいことではないんです。仕組みを知っておくといろいろと工夫もできるので、参考にしてもらえたらなと思います。

 

長々とここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それでは、また〜。