読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

ブログを書くのは「朝」と「夜」どちらがいいのか。

SNSのこと ブログ 下澤美香の考え

こんにちは〜。
シモサワです。

今週は引きこもり仕事ばかりになってしまうので、時間の感覚が無くなりがち...

今日も気がつけば、こんな時間になってしまいました。

引きこもり仕事って、ちょっぴり時間を無駄にしているんじゃないかっていう錯覚になってしまうのが難点ですね〜。

 

f:id:mika-shimosawa:20160202212946j:plain

 

さてさて、私はこうやって毎日ブログを書いていますが、ブログを書く時間というのを特に決めていません。

「日付が変わるまでに書けばいっか〜。」ぐらいの気持ちでいたんですけどね、最近になって、それだとちょっといろいろ問題だよな〜、なんてことを考えたりするようになりました。

 

というのも、こうやって仕事が一段落した後にブログを書くと、書くネタがないときにすっごく困ります。

書くネタがあっても、話の進め方が思いつかなかったりするんですよね。

そうすると、ブログを書くことがどんどんおっくうになってしまう。

 

仕事の内容にもよるんですけどね...

面談仕事のあとはちょっぴり興奮気味なので書くネタが溢れてきちゃうんですけど、引きこもり仕事のあとは「やっと出来た〜」っていう終わった感が先に出てしまって、ちょっと燃え尽き気味。

 

仕事を終えたあとの気分でブログへのテンションが変わってしまうんですよね〜。

 

ブログを書くのって、ある程度集中できる時間がほしいもの。

なので、朝、昼、夜、のうち、いつが一番集中できるか自分で実験してみました。
(ちなみに私は夜型人間です。)

f:id:mika-shimosawa:20151229155455j:plain

朝(いわゆる寝起き)

起きてから1時間ぐらい経ってから書くと気分が乗りやすい。
しかし、気分が乗りやすいため気持ちが入りすぎてしまい、ブログに時間が掛かり過ぎる場合がある。

昼(仕事の合間)

書く気分も乗りやすいが、お客さんからの連絡が入ったりするので集中力に欠ける。
いろんなことが目につくので、ネタが分散しやすくなってしまう。

 

夜(仕事が終わったあと)

気分が乗りにくい。
書かないと一日が終わらない気持ちになるので、惰性で書いてしまうことも起きる。
頭の回転が鈍いので、まとまりがない傾向になる。

 

なんか...こうやってまとめると、結局いつ書けばいいの〜〜〜〜?!
って感じですよね〜(汗)

私はこの結果を踏まえて...

ちゃんとしたブログ(資料とかに使うタイプ)は朝書く。
もしくは昼間書きながら、中断しても次の日に回せるような時間の余裕を持つ。

夜に書く場合は、次回のブログで書き直せるぐらいの気持ちで書く。
もしくは、下書きにしておいて次の日に仕上げる。

 

そして、時々ゆるゆるなブログを書いてみる。(時間をかけないブログを書く)

毎日書くとなるといろいろ時間のやりくりが大変ですから。

 

でも、やりくりするためには工夫が大事。
工夫していくのって、自分自身のリズムも知っておくとしやすいなって思います。

 

ブログだけではなく、Facebookの投稿もTwitterの投稿も同じ。

自分のリズムに取り入れていくっていう視点で考えていくと、続けやすいですよ。

 

リズムを見つけるのはご自身でしかできないものですけど、ちょっと気にしてみてくださいね〜。

 

〜参加者まだまだ募集中です♪〜

mika-shimosawa.hatenablog.com