SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

遊びゴコロを若者のノリから学ぶ。

こんにちは〜。
シモサワです。

 

今日は私の悩みから...
私ねー、遊びゴコロが足らないんですよー。

ヘンにかしこまってしまうというか、物事をナナメに読めないというか...
直球で物事を受け止めやすいんです、ハイ。

ユーモア要素が少ないのが悩ましい... 

自分の中にあるネタ要素を上手く料理できないんです。
材料はあるのに、料理法が思いつかない。

f:id:mika-shimosawa:20160628123559j:plain

まー、できないからといって自分のことなので諦めるのもイヤだし、自分をイジれない人間は他の人との絡みも単調になってしまう。(面白みがないってことね)

なので、コッソリ練習をします。

 

その練習の場はTwitter
Twitterって、自虐ネタを上手く使っている人とか多いんですよね〜。
「上手いな〜!」って感心します。

 

練習方法に「Twitterハッシュタグトレンド」に乗っかってみるのもひとつの手かなって。

Twitterハッシュタグトレンドというのは、パソコンだとプロフィールホーム画面右、スマホだと検索窓を出すと出てくる「いま話題になっているキーワード」です。

f:id:mika-shimosawa:20160628121223p:plain

話題を測定する基準は、時間内に多くツイートされていたり、ツイート件数が多いってことで、それも登録している地域によって表示は変わってきます。

 

私は地域を東京に設定してあるので、東京で話題になっているハッシュタグやキーワードが表示されるようになっています。

このトレンドは日によってどんどん変わっていくので、見ているだけもなんとな〜く何が起こってるのかってことが分かります。

f:id:mika-shimosawa:20160628120158j:image

で、このトレンドにたま〜に乗っかってみるんです。 

今回チャレンジしたのは「# リア充じゃない言い訳」
リアルで充実していない、物足りないと感じていることってなんだろうな〜という解釈でつぶやいたら...プチカミングアウトになってしまいました(笑)

こういうハッシュタグを思いつくってこと自体、私にはない視点だな〜って思うんです。
ないなら、乗っかればいい。

そのくらい、ユルユルで参加できるのもTwitterのいいところです。
Twitterユーザーは若い人が多いから、こういう発想って若い人ならではなんでしょうね。

 

若い人のことだからと敬遠するのではなく、事柄をきっかけに合わせてみるってことも必要だなって思います。

頭がガチガチに固いと、こういったことが受け入れ難くなってしまいます。
でもね、世の中にはいろ〜んな人がいて、その人から自分の足りない要素を学べるってことがあるんです。 

完全に合わせるんじゃんなくて、ちょっと参考にするって感じかな。

 

自分の楽しみ方の幅を広げるって、いろんな方法があります。
広げるためには、そこに共感してくれる人を増やさないと...ですよね。

そのために人の動向を参考にするってことをしています。

 

遊びゴコロを持つって、もっと若い時にすれば良かったんだな〜と思いつつ、今からでも遅くないよね。
そんな気持ちでたまにTwitterで遊ばせてもらってます^^

 

今日は違った視点でもTwitterを使ってるよ、という話しでした。

それでは、また〜。