SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

美味しいものを食べながらの発信ミーティング、いたって真面目です(笑)

こんにちは。
シモサワです。

私はクライアントさんと定期的に(月イチ)発信ミーティングをします。

今のデジタルの世の中は、メールやメッセンジャーFacebookメッセンジャーはホントに使いやすいー)でのやり取りでおおよその用事は足りてしまいますが、私はやっぱり顔を合わせて話すのが好きなので、このミーティングは欠かせないものとなっています。

顔を合わせるって、言葉通り以外のこともわかるもので...そこから気づくことが商売にはとっても大切だって思うんです。

雑談だったり、仕草だったり、雰囲気だったり。
人間って、そういう些細なことでいろーんなことを思ったりするものですよねー。

そういうところからの視点で物事を考えていくって、案外商売に役に立ったりするんですよ♪

今回はディナーしながらのミーティングでした。

f:id:mika-shimosawa:20170927174230j:image

今回は創作和食。
以前も来たことがあるお店は味付けも雰囲気もわかっているので、なんとなく安心感があるんですよね。

っていうことは、来店動機には安心感も必要よねー。
そんな話もしました。

f:id:mika-shimosawa:20170927174218j:image

f:id:mika-shimosawa:20170927174255j:image

写真撮りながら、食べながら、飲みながら話をするので、これが意外と忙しい(笑)

ミーティングは内容を詰めるのにとても大切な時間ですけど、その時間は窮屈なものであったら続かないですよね。気持ちを追い込めば追い込むほど、接客のパフォーマンスは落ちてしまう。

それよりも、自分たちが楽しい時間を過ごし、その楽しさには何があったのか。そこを見つけて、同じようにお客さんに接していくことがお客さんに楽しんでもらえることにつながる、そう思うんです。


楽しさって、計算式では出せないもの。
自分の感覚でしか提供できないんですよね。

自分が楽しいと思うものでお客さんは喜んでくれるのかな?
そういう疑問が出てくるかもしれません。

でも、大丈夫。
言葉を交わし、気持ちで接してくれるお客さんは喜んでくれます。

「人柄」で選んでくれているお客さんは、その人の感覚ごとが好きだから選んでくれてます。その感覚に共感するから選んでくれてるはず。

だからね、自分が楽しいと思うことをどんどんしていったほうが良いんです^^
そして、その楽しさを伝えていく、その楽しさを一緒に楽しんでもらえるようにしていくことがお客さんを大事にしていくことにもつながっていきますから。

来月は何が食べれるのかなー♪
気が早すぎですね (笑)

美味しすぎる発信ミーティング、いたって真面目ですよ♪

それでは、またー。