SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

人に惜しまれる人になるには、人のために生きること。

今年のお正月休みは時間に余裕があるので、ついドラマのイッキ見をしてしまいます。
HuluやNetflixなどの配信サービスって、本当に便利ですね〜。

 

さて、昨日観たドラマにテロップにこんな言葉がありました。

あなたが生まれた時
あなたは泣いて 周りの人は笑っていたでしょう
だから あなたが死ぬ時
あなたは笑って 周りの人が
泣いている そんな生き方をなさい

 これは、ネイティブアメリカンの教えの言葉です。

ネイティブ・アメリカン(Native American ネイティヴ・アメリカン)とは、アメリカ合衆国先住民族の総称である。1492年にヨーロッパ系白人が現在の北米地域に到達する以前に、現地に居住していた民族を総称していう。この集団のアイデンティティ形成には、地域文脈、居住地域における同胞民族の存在、ネイティブアメリカン特別保留地との距離等の要素が関連する。
ウィキペディアより>

自然と共に暮していた先住民族の教えには、生活に欠かせない先人の知恵があります。

tabi-labo.com

生活に欠かせない知恵。
それは人と人が関わりを持つ上での知恵ごとも含まれます。

 

あなたが生まれた時
あなたは泣いて 周りの人は笑っていたでしょう
だから あなたが死ぬ時
あなたは笑って 周りの人が
泣いている そんな生き方をなさい

この言葉には、人の一生が凝縮されてるなと思います。
生まれたときは、その誕生を喜んでくれる。
死ぬときは、その人を惜しんで泣く人がいる。

生まれるときは、その場を選ぶことはできませんが、死ぬときはその状況を作ることができます。自分の人生は自分で切り拓き、作り上げていくもの。その時、周りの人がどれだけ心を寄せてくれるのか。
それは、人のためにどれだけ心を寄せ、行動したかということに比例するのではないかと思います。

 

まだまだ自分が死ぬときのとこを具体的には考えられませんが、いい人生だったなと悔いの残らない生き方をしたいなと思います。 
そのためには、人を楽しませたり、人に優しくしたり。
人になるためになる、良い行いを重ねていきたいですね。