読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

相手に喜んでもらおうと行動するとやりがいが出てくる。

下澤美香の考え 雑感

こんにちは。
シモサワです。

ゴールデンウィーク後半は甥っ子ちゃんたちのキッズシッターをしていました。
それも2日間連続だったので、ちょっとお疲れモードです。

子供って...なんであんなにパワフルなんでしょうね〜。

素直なところもあれば、おませさんだったり、おせっかいさんだったり...
大人はもう翻弄されっぱなしです(笑)

f:id:mika-shimosawa:20160504162636j:plain

 

キッズシッターは度々引き受けるんですけど、いつも気になっていたのが食事。

私が作ったご飯をあまり食べないんですよね〜。

ご飯をしっかり食べてほしいから、おやつも出さないんですけど、それでも食が進まない。

 

考えてみたら、多分大人の盛りつけ方が原因なのかな〜。

 

ほら、子供って、何でも楽しみがないとその気になってくれないでしょ?

大人の盛りつけ方には子供が惹かれる要素がないというか、私の盛りつけ方に問題があったかもしれない...

 

そう考えて、今回は流れ星を模った「オムライス on the カレー」にしてみたり、今日は今日でこどもの日だから...「鯉のぼり」を模ったおかずを作ってみました。

f:id:mika-shimosawa:20160505234835j:plain
(厚揚げのソテーにミニトマトとカニカマでデコレーションしたもの)

そうしたらね、案の定、食べる食べる♪

他のおかずもしっかり食べてくれて完食〜。

 

「わ〜♡おいしいね〜♡」

なんていわれると、こっちも嬉しくなっちゃう♪

f:id:mika-shimosawa:20160505235806j:plain

 

これって、子どもたち相手のことだけではなく、自分の大切な人、大好きな人、身近な人に該当することだと思います。

 

相手が喜んでくれると、もっと頑張れる。
また喜んでもらおうと行動できる。

 

横でぐっすり眠っている甥っ子たちを見ながら、そんなことを思います。

それでは、また。