SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

2017年4.12 麻績神社の「舞台桜」が満開になりました。

今年は春の訪れが遅かったですねー。
昨日の大雨がやんで、やっと南信州の桜が満開になってきました!

f:id:mika-shimosawa:20170412192447j:image

家の近くの小学校の桜並木、桜トンネルが完成しました。

麻績(おみ)神社の「舞台桜」

飯田市座光寺にある麻績神社。
そこには樹齢350年の一本桜があります。

f:id:mika-shimosawa:20170412192629j:image

f:id:mika-shimosawa:20170412192639j:image

この桜は「舞台桜」と呼ばれています。

神社の隣りに、旧座光寺麻績学校校舎(舞台校舎)があり、1階が歌舞伎舞台として造られています。その前にこの桜があるので「舞台桜」と呼ばれているんです。

旧座光寺麻績学校校舎は1875年(明治6年)に建てられたもので、昭和59年まで小学校として使用され、長野県内最古の木造建造物なんだそうです。

この小学校の最大の特徴は、普段は校舎として使われ、必要な時は歌舞伎舞台になる構造になっていて、こういった建築構造は全国的にも珍しいそうです。

f:id:mika-shimosawa:20170412192731j:plain

日本唯一の珍しい品種「半八重枝垂れ彼岸桜」

この舞台桜はしだれの八重桜なんですが、普通の八重桜とは品種が違うんです。
花の開き方にバラつきがあり、花によっては花びらの数が5~10枚と違ってきます。花ごとにバラつきがあることから「半八重」と呼ばれているもので、この現象は突然変異によるものだそうです。

舞台桜は「半八重」と「枝垂(しだ)れる」という二重の突然変異が起こってできた貴重な桜として、2011年3月22日、飯田市指定天然記念物になっています。

f:id:mika-shimosawa:20170412192657j:imagef:id:mika-shimosawa:20170412192712j:imagef:id:mika-shimosawa:20170412192716j:imagef:id:mika-shimosawa:20170412192719j:imagef:id:mika-shimosawa:20170412192722j:image

f:id:mika-shimosawa:20170412192708j:plain

350年という長い年月をかけて咲き続けている舞台桜。
今年もその姿を見ることができて嬉しいな。

今年も桜スポット巡りを楽しんでいきますね♪