SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

SNSの発信スケジュールは前日のうちに仕込むとやりやすくなります。

こんばんはー。
シモサワです。

今朝は4時に起きて、6時のバスで飯田を出発しました。
今日から土曜日まで東京です。

f:id:mika-shimosawa:20170802222948p:plain

初日の今日は習志野市で発信ミーティングのお仕事でした。

SNS発信はまず習慣化させることから

SNS発信は、まず継続する習慣をつけることからなんですけど、ここが難関だったりするんですよね。

続かないから発信内容の修正もできないし、そもそも、その人らしさすら出せなくなってしまいます。

投稿はまずは続けないと意味が無いんですよね。

SNSは参加したら、そこに毎日顔を出していかないと存在感がなくなってしまいます。存在感が出なければたまに投稿したって見てもらえないし、見てもらっても言い分までは伝わらない、そういうものなんです。

 

だから、今回は毎日投稿できるようなプランを考えてみました。

投稿する内容は自由に思いついたままするのが理想ですけど、その理想にたどり着くためには習慣化しないと自然な投稿はできないんですよね。

習慣化できるまでざっくりとした定番を作ることにしました。

 

f:id:mika-shimosawa:20170802221950j:plain

自分を知ってもらうための土台は自分で作るしかないですから。

発信スケジュールは前日のうちに仕込む

それと続かない理由の一つに、発信ネタをその日の考えようとしてしまうということがあります。

“その日に思いついたことを何か投稿しよう。”

こういった漠然とした思いでいると、気がつくと日が変わってたー!とか、投稿することがないなー。で1日が終わってしまいます。

これを繰り返すうちに発信の手が止まってしまって、続かなくなっちゃうんです。

 f:id:mika-shimosawa:20170802224118j:image

 

だから、思いつきで投稿するのではなく、前もって「明日はどんな投稿をしようかな」って目安を付けておくと発信しやすくなります。

例えば、前日には次の日のスケジュール確認をしますよね?
そのときにそのスケジュールに沿った発信ネタを一緒に考えて見るんです。

“明日は出張だから、出発前の行ってきます投稿をしよう”


“お客さんとの2ショットを投稿しよう”


“出張メシを投稿しよう”

これでもう3つ、ネタができましたよね。

 

投稿に対して「いいね!」がつかないから投稿しないでは、いつまでたっても「いいね!」って思ってもらえないし、コミュニケーションをしようにもそこにいない(投稿しない)状態では、コミュニケーションできないですよね。

まずはその場に参加し続ける、そういう意識が必要だと思います。

続くようになれば、どんな工夫もできますから、まずは習慣化から始めましょ♪

 f:id:mika-shimosawa:20170802224119j:image

今日の発信ミーティングはこんな内容でした。

 

というわけで、朝早かったので...もうおネム状態です。
おやすみなさいませー。