SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

歳を重ねるごとに「カッコよく」生きたいなと思うのです。

先日、友達とのやり取りでこんなことを思ったんです。

ダサいって、素直じゃないってことも含まれるんだなーって。
デリカシーのない発言をしていても、気づかないのってダサいなーって。

無理して格好つけることはしなくてもいいけど、ダサいのは一番カッコ悪い。

これは男でも、女でも同じだなって。

 f:id:mika-shimosawa:20170825143336j:image

でね、私も気づかないまま、ダサいことをしているはず。ダサいのは仕方ないけど(笑)、気づいて直せるか直せないかが分かれ道だと思うんですよね。

なので、何がカッコよくて何がカッコ悪いのか。

ちょっと書き出してみました。

 

気づかないままいるのもカッコ悪いし、
指摘を受けたまま開き直るのもカッコ悪い。

素敵な歳の重ね方をしていきたいから、カッコよく生きていきたいな。

f:id:mika-shimosawa:20170825143407j:image

そのためにはもっといろんなスタイルを知っていきたいな。

そんなことを思うのです。