読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

文章を書くには「念」がいる。〜文章術セミナーに参加して思うこと〜

伝え方

こんにちは〜。
シモサワです。

先週、「ブログ飯」や「世界一やさしいブログの教科書」を書かれた染谷さんの「文章術セミナー」に参加してきました。

f:id:mika-shimosawa:20170227112223j:image (金運が上がるジャケットが眩しー!(笑))

 

SNSやブログを使って発信していくには、文章化することが大切って思っています。
文章化ということを構えて考えてしまうととても難しいものだって捉えがちなんですが、普段の会話に置き換えてみればそうそう難しいことではないんですよね。

ただし、会話みたいにその場の空気で話の方向を変えられないだけで、伝えようっていう気持ちは会話でも文章でも同じだって思っています。

会話は予め話を組み立ててするものではなく、その相手のことをどこまで知っているかで変わってきます。ですが、相手を決め、文章は予め内容を絞って、内容を組み立てる必要がある。この違いがあるだけで人の気持ちに届けようという想いは同じ。

今回はその話の内容の組み立て方を学ぼうと参加してきました。

人の心に響かせる、伝える文章にはメッセージが必要 

f:id:mika-shimosawa:20170227113232j:image

文章“術”と聞くとテクニック論なのかなと思いがちですけど、いくら文章に対しテクニックを使ったとしても、そこに自分自身の「念」がこもっていないと意味がないものになってしまいます。

文体とか文脈を揃えるとか...小難しいことを考える前に必要なのは「その文章にある主張(メッセージ)はなにか」ということ。

日記的なブログでも、時系列の日報的なブログでも、そこに「主張」が入るだけでその内容は格段に変わるってことです。

主張といっても自分だけが感じているものではなく、読み手との気持ちの交流が発生するような気持ちを推し量った、読み手から言葉が返ってくるようなメッセージ性を入れること。

主張(メッセージ)は「念(想い)を込める」っていうことなんだと思います。

文章にするには念を入れるのが大事。
文章が書けても念が入らないものは意味がない。

そういうことなんですよね〜。

改めてその投稿、その文章を見てくれている人に対する気持ちの交わし方が大切だなって思いました。

念が出て、そこから文章の組み立て方を考える。
この順序が大切なんですね。

染谷さんを知ったきっかけ

3〜4年前にブログの勉強を始めた頃、渋谷でブロガーさんのイベントがあったんです。そのときに染谷さんのことを知って...そこから染谷さんのブログをずっと読んでて、その後かっちゃんと藤村先生のコラボセミナー「J活withエクスマin埼玉スタジアム〜「サポーター論」出版記念セミナー〜」でお会いすることができてお話できたんです。

こうやって実際にお会いするのは2年半ぶり〜♪

f:id:mika-shimosawa:20170227115846j:image

染谷さんのセミナー日程がスケジュールになかなか合わなかったんですけど、やっと参加できました!

ブログを読んでいるものの、やっぱり生で聞きたいしね。

someyamasatoshi.jp

とっても分かり易い内容で自分が改善していくべき点が見えてきました。

それとね、文章を書いていく楽しさも実感できた場でした。
一方的に気持ちを押し付けるために書くのではなく、気持ちを交わすために書いていく。それが今の時代の文章の書き方だって思います。

染谷さん、ありがとうございました^^

大人の修学旅行「富士山ビュースポットツアー」byスギフジツアー

こんにちは。
シモサワです。

昨日から伊豆の国市に旅行に来ています。

今回の旅行企画をして誘ってくれたのは、伊豆の国市で酒屋さんをしているスギちゃんこと杉山さん。

ameblo.jp

で、スギちゃんが撮る富士山写真はとってもステキ♪

https://www.instagram.com/sugichanz/ ←スギちゃんのInstagramはかなりヤバい♪

f:id:mika-shimosawa:20170222005705p:plain

と、富士山をこよなく愛するスギちゃんが企画した「富士山ビュースポットツアー」の趣旨はこんな感じ。

2月23日は「富士山の日」!
その記念すべき日を前に、富士山カレンダー製作者のキャメラマン杉山こと、わたくし「すぎちゃん」が、参加者の皆さんを地元の富士山ビュースポットにご招待しちゃいます♪

伊豆の知られざる名勝地を巡りながら、富士山と一緒に写真撮影したり、伊豆の美味しいモノを食べたり、また、宿泊先で温泉や料理、そして極上の静岡県の地酒を楽しんでもらったり、ワークショップ、カラオケ(笑)、などなど…、この日のために企画したイベントです。
これらの企画を通じて、伊豆の富士山を独り占めしているような気持ちになってもらえたら最高です。皆さんにとって、富士山が少しでも身近に感じてもらえるように、ギュッと凝縮した2日間を楽しんでもらいたいと思っています。

スギちゃんのアテンドで伊豆の国市近隣から望む富士山ビュースポットをたくさん回ってきました。

かつらぎ山パノラマパーク

f:id:mika-shimosawa:20170222010256j:image

煌めきの丘

f:id:mika-shimosawa:20170222010310j:image

天下一の山、富士山を被写体に写真の勉強をできるなんてめっちゃ楽しー!

オトナの修学旅行って感じ♪

f:id:mika-shimosawa:20170222010704j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010724j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010744j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010808j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010821j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010835j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010856j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010939j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222010959j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011028j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011050j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011056j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011106j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011112j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011126j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011133j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011146j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011225j:imagef:id:mika-shimosawa:20170222011220j:image

 

 

 

私が遊び下手なのは若かりし頃の習慣が原因だった!

下澤美香について

こんにちはー。
シモサワです。

先日、お客さんと若い頃の話をしてたんです。

「俺らの若い頃はさ、仕事がキツいのが当たり前で、休みの日が楽しみだった。休みの日には自分がしたいことが思っきりできるから。」というような話だったんですよね。

でね、それを聞いて...あ、私って「お休みの日が楽しみだった」っていう、感覚がなかったなーってことに気づいたんです。「お休みにの日に遊ぶ」っていう感覚がなかったんです。

遊ぶ感覚を持っていなかった、そりゃー、遊び下手なはずだわ、私(涙)
っていうか、なんで今頃気づくかなー(笑)

f:id:mika-shimosawa:20170221021232j:plain

仕事を始めた当初は16歳だったので、遊ぶ相手もいなかったんです。周りはみんな高校生だしね。飲食業だから休む日も合わない。なので、やることがないんですよね、休みの日って。

仕事場へ行けば誰かしら相手をしてくれるから、休みでポツンとしているより、休みを返上して仕事をしている方が楽しくなっちゃったんです。

そんな習慣がずーーーーっと続いたので、休みを取って遊ぶって35歳ぐらいまであまりしなかったんですよね。あ、彼氏とのデートはしましたよ(笑)

仲間と遊ぶってしたことなかったの。したことないから、遊び方を知らないんです。

 

でもね...今日は大好き仲間と思っきり遊んできます!

こんな開放感をもって遊びに行くよーっていうのは、人生で二度目。(少なー!)

というわけで、伊豆長岡に行ってきまーす。
詳細はTwitterFacebookで報告していきますね。

ではでは、いってきまーす!