読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSコンサルタント「街の家庭教師」下澤美香のブログ

飲食店をはじめとした小売店向けのお客さんづくりに繋がるブログの書き方、FacebookやTwitterの発信に役立つ情報、活用法をお届けします。

大量に撮りすぎた写真を一つの投稿にするには、写真動画にするのがオススメ。

こんにちは。
シモサワです。

エクスマセミナーにいくといろんな人に会えるから、たくさん写真を撮ります。でも、あまりにも枚数が多くて投稿しきれないー!ってこともあるんですよね。投稿するタイミングを逃しちゃうこともあるし...(私はこのパターンが多いです...)

あの楽しかった時間を投稿しないまま、整理しちゃうのはもったいないなーと思って、先日こんなツイートをしたんですよね。

そしたら、「やり方を教えてください!」とのリクエストがあったので、今回はその解説をしていきますね。

「ImgPlay - GIFメーカー&ビデオto GIF」というアプリを使いました

写真を動画風に仕上げるにはアプリを使います。
いろんなアプリがあるけれど、今回使ったのは「ImgPlay - GIFメーカー&ビデオto GIF」というアプリです。

ImgPlay - GIFアニメ画像動画が作成できるアプリ

ImgPlay - GIFアニメ画像動画が作成できるアプリ

  • Minkyoung Kim
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 使い方はめっちゃカンタンです。

立ち上げるとカメラロールの写真が表示されますので、動画にしたい写真を選択していきます。
枚数に制限がないですが、選択順に表示されていくので、順番選びは慎重にしていってくださいね。

f:id:mika-shimosawa:20170525192319j:image

選択し終わったら画面右上にある「作る」をタップします。

 

画面が変わります。

ここでは表示速度の調整をします。

今回はシーン別の写真ばかりを選択しているので、0.75秒ぐらいにしています。
この表示速度は「見る人にとって見やすいかどうか」で判断します。自分が見たときにみやすいか、まずはその判断が大事かなと。

f:id:mika-shimosawa:20170525200502j:image

速度を決めたら、画面右上の「次へ」をタップします。

 

画面が変わり、保存するか、SNSにシェアするかの選択画面になります。

私は一度カメラロールに保存する派です。そのほうが何かとやりやすいので。

f:id:mika-shimosawa:20170525192332j:image

保存するときに気をつけたいのが保存形態。
私ね、ココをよく間違えるんですよー。間違えるとまた一からやり直しなので、結構凹みます(笑)

動画になっているので「ビデオ高画質」を選択します。

f:id:mika-shimosawa:20170525192336j:image

次に再生回数の選択画面になります。
SNSによって再生回数が異なるので、保存する再生回数は「1回」でいいです。

f:id:mika-shimosawa:20170525192339j:image

で、完成したのがコチラ。

はてなブログは動画が貼れないので、一度Twitterに投稿してからそのツイートのリンクを貼るという手間がかかります。
ま、この方が見てもらえる入り口が増えるので、それはそれでいいかなって思ってます。

 

このアプリはパラパラ動画も作れちゃうスグレモノ。というか、パラパラ動画を作りたくってこのアプリを探したんですよねー。


パラパラ動画にするには再生速度を早くするだけです。

連写した写真もこんな感じに仕上がります^^

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mika-shimosawa/20151213/20151213145839.gif

写真動画を作るアプリ「ImgPlay」のご紹介でした。

写真に動きを出したい方はぜひやってみてくださいねー♪

お金に帰ってきてほしいから、お金は大切に扱うようにしています。

こんにちは。
シモサワです。

コンビニやスーパーでレジ精算でお釣りをもらうとき、釣り銭にお札が入ると必ずチェックしちゃいます。

f:id:mika-shimosawa:20170523135628j:image

というのも、たまに破れたお札とか、くしゃくしゃすぎるお札を渡される時があるので、そういうときは「替えてください」ってお願いしてます。

きっと「メンドクサイ奴だな」って思われていると思うけど(笑)

でもね、これは私的にはちょっとイヤなんですよねー。

お金を大切に使いたいから。大切に使ってほしいから。

以前、スナックをしているときに私がやっていたのは釣り銭のお札はなるべくキレイなものを使うこと。当時は毎日両替に行っていて、新札が出てくる両替機を使っていたので、釣り銭は新札で渡していました。

新札じゃなくてもいいけど、お客さんに渡すお金はキレイなものにしたかったんです。

というのも、お金は大事なものだから、大切に使って欲しいなって。

 f:id:mika-shimosawa:20170523135641j:image

破れていようが、くしゃくしゃだろうがお金はお金で使えるからいいじゃん、そう思うかもですけど、そういう状態のお金って有り難みが薄れるような気がするんです。

 

たかがお金と思う人もいるし、お金に対する価値観はそれぞれだけど、私はお金は大事にしないと帰ってこないと思っているんです。手元に帰ってきて欲しいから、大切に扱いたいなって。

だから渡すお金も、受け取るお金もなるべくキレイな状態ないいなって思うんです。

縁起も気にする

お金に対する縁起も担ぎます。

・赤が好きな私ですけど、お財布だけは赤を使わない。(赤字にならないように)
・新しい財布は春におろすとか。(秋は空きに通じるので、カラになる。春は張るに通じるので。)
・お札の種類ごと、向きは統一する。(お札には人物が描かれていて、バラバラに入れると居心地が悪くなってすぐ出たがるんだそうです)

と、ま、本当かどうかはわからないんですけど、自分が気持ちよく使うために気にするようにしています。

 f:id:mika-shimosawa:20170523135733j:image

むかーし...
お金を投げつけられたことがあったんですよねー。

それを拾うのがとても悔しいというか、悲しいというか。
なんともやるせない気持ちになったんです。

でね、「私はこういう人間にならないようにしよう。お金は活かすも殺すも自分次第だ。」って、そのとき思ったんです。

それからもう30年近くなります。

一向に貯めることはできないけど(笑)これからも大切に扱っていきたいなって思います。

 

この間ね、たまたま会計のときにいい対応と、そうでない対応が重なって、ふとお金にまつわることを書きたくなった、という次第です。
それでは、またー。

SNSラウンジ「Le・ITAN」をやろうと思ったワケ。

こんにちはー。
シモサワです。

ちょっとご無沙汰になってしまってごめんなさい。
先日「ブログを毎日チェックしてます」と言われて...楽しみにしてくれている人もいてくれて、それなのに私ったら...です。
今後もよろしくお付き合いくださいませね。

 

さてさて...いよいよ【SNSラウンジ「Le・ITAN」】が明日オープンします。

f:id:mika-shimosawa:20170423115546j:plain

www.facebook.com

 

ワクワク感満載のドキドキ感でソワソワしています(笑)
準備することはあまりないんですけど、それでも準備に漏れがないか、資料のストックはできているか、持ち物の準備はできているか...落ち着いているようで落ち着きがない状態です(;^ω^)

この感覚、チョーひさしぶりー!

お店にデビューするとき、お店をオープンさせたとき、いつもこんな気分でした。

その時と違うのは仕入れや仕込みがないこと、店舗の什器の準備がいらないこと。かな。
でも、心構えや迎える気持ちの準備は同じ。

どんな人が来てくれるかな。
フタを開けてみないことにはわからないことばかり。

それがたまらなく待ち遠しいです♪

f:id:mika-shimosawa:20170522171531j:image

SNSラウンジ「Le・ITAN」をやろうと思ったワケ。

4年前にお店を閉めてから、2年ほどSNSを始めとするデジタル系を猛勉強してました。その勉強をしようと思ったきっかけも商売に活かしたいからだし、お客さんとの意思疎通を目指したいからのことからでした。
その勉強も少しづつ身について気持ちに余裕ができたとき、「将来的にはやっぱりスナックみたいなお店をやりたいなー」と漠然と思っていたんです。

でも、お店をやるって結構大変で...
店舗を借りるとしてもどこでやるのか、とか、資金繰りや什器類の手配、営業時間はどうするかとか...いままでのお店を作ってきた過程を考えるとムリがあるなーって思っていたんです。

場所を作りたいけど、ハコづくりの土台ができない。そう思っていたんです。
だから、あと何年かしたらにしようとか、やるのかやらないのか、はっきりしないような感じでした。

 

f:id:mika-shimosawa:20170310175302j:plain

3月のエクスマセミナーに参加したとき、藤村先生が人工知能の発達でいろんな職業がなくなっていくというお話の中で、なくならない業種のこともお話されてたんです。そのときに「人は愚痴を聞いてもらいたいもの。愚痴を言えるスナックのママはなくならないよね。A子ママはやめなきゃよかったね。」って。

その言葉で、今までのお客さんたち、今のお客さんたちの顔がわぁーーーっと出てきて...そうだよね、愚痴と言うか、モヤッとした気持ちを整理したり、考えていることを言葉にできる場所を求めているじゃんね。
それぞれに考えていること、思っていること、それを言うことで自分の意志を固めていく人もいるし、気持ちを整理している人もいる。とにかく自分の行動を進めたいからこその話をしたい。そういう場が気兼ねなく立ち寄れるスナックだったなー、と。

お酒を飲まして、のました分だけお金をいただくっていう考えではなく、みんなの気持ちの拠り所的な場所としてスナックをやっていたし、今後やっていきたいのもそういう場所だったなって。

その気持ちを言語化できていなかったからモヤモヤしていてたんですけど、自分なりの解釈ができたんです。

でね、その解釈ができたら...今まで場所づくりにはハコづくりが必要だと思っていたことがスパーッと抜けたんです。

「ハコなんていらないじゃん!」って。

私がいて、私がでんと構えていられる場所さえあれば良いんじゃないかって思ったんです。それは店舗を作らなくてもいいし、借りればいいじゃんって。

借りるところがあれば、今度は地域を限定しなくてすむじゃん。
各地でできるじゃん!
そうすれば気軽に立ち寄りやすいかもー。

ちょっとしたことを軽く解決する場所って、そうそうないですもんね。ないけど、私がやっていきたい形でもあります。

誰かに話すと言語化しやすい。

じつはこのことを思いついた時点では、具体的なことってあまり決まっていなかったんです。決まっていたのはタイトルだけ。
でも、釧路のお友達と話しているうちに思いつきがどんどん広がって、イメージができてきたんです。そして、前にやっていたお店の名前を使おうってことで「Le・ITAN(ル・イタン)」にしました。ちなみに日本語の「異端」をフランス語風にもじったものです(笑)

思っていること、考えているだけではなかなか行動に移しにくいんですよね。でも、誰かに話すという行為は、それを整理できて、整理するから行動しやすくなるってこともあります。

SNSの投稿ボタンを押せずにいたのが、押せるようになるとか、ね。
話している事自体が投稿ネタになるとか、じつは自分だけが知っていることで、それが発信の内容につながる、とか。
話すことで、難しいと感じていたことが、じつはそんなに難しいことではなかったとか。

そういったきっかけづくりの場になったらいいなと思っています♪

今後の開催予定

6月10日(土)に東京会場をオープンします。

f:id:mika-shimosawa:20170522171118j:plain

そして、6月28日(水)は釧路でオープンします。

また随時Facebookイベントページを作ってお知らせしていきますので、よろしくお願いします^^